06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆睡(_ _)zzZ

9月29日(月)~9月30日(火)

9/29夕方、イスタンブルのオトガル着
一度のトイレ休憩の時にバスから離れただけで・・
ず~っとウトウト眠り続けていた私たち

バスに乗る前にファティババがサービス係りに声をかけてくれていたので
(きっと、ムシュ行きのバスの中での出来事が有ったからでしょう)
サービス係りの人がVIPサービス?ってくらい、気を使ってくれました
(何があっても、無視してくれたんです(-_-;))
本当にありがとうございます (_ _)

イスタンブルのオトガルに着いて
ファティアンネとオカンアンネに「イスタンブルに着いたよ~!」
と連絡して・・真っ直ぐにホテルへ

2人とも風邪をひいたのかな?
体調が悪い (´Д`;)
とにかく疲れた

シャワーを浴びたい!
ベッドでゆっくり眠りたい!

荷物整理もしないで・・
風邪薬を飲んで、爆睡 (_ _)zzZ

9/30、次の日も・・(_ _)zzZ

夕方?
熱が有ったのかな?
冷たい物が食べたくて・・アイスクリームを買いに出かけました

アイスクリームと水・・風邪薬、それ以外は口にせず
爆睡 (_ _)zzZ

よく眠れました(^ ^;)
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

車中27時間

9月29日(月)

オカンのマンション前からバスに乗り込み一路イスタンブルへ
お客さんが少なかったので、2席を1人で使う事に!

オカンアンネ・ファティアンネから果物やヨーグルト、パン、オリーブetc
色々な物を「バスの中で食べなさい。」といただいたけれど
食欲より睡眠を優先しちゃいました(^ ^;)

乗ってすぐに眠ってしまい (_ _)zzZ
何度かバスが止まったけれど、お客さんが乗車してこないことを良いことに・・
ひたすら、ウトウト・・ウトウト・・していました
何度目かの真夜中の停車で「トイレに行かない?」「う~ん?行こう」
と降りてみた・・
はて?ここは何処なんだろう?

IMG_2650_convert_20091119171232カッパ1

カッパドキアを意識してのオブジェ?
でも・・小さくて、かわいい(^-^)
少し離れた所に・・ちょっと大きなこんな感じのオブジェも・・

IMG_2653_convert_20091119171334カッパ2

トルコで私がお気に入りの場所がカッパドキア
たくさんのマッシュルームが果てしなく続く光景は見ものです(^0^)v
気球に乗って、眼下のマッシュルームを見るのも最高です(^0^)v
皆様・・是非!

このトイレ休憩以降、バスから降りる事なく・・
後はひたすら寝ていました(_ _)zzZ

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

さよならムシュ!

9月28日(日)

私たちは、夕方の便でイスタンブルに帰ります(^-^)
今日も朝から羊たち・牛たちが外を散歩してます

朝食を済ませ、自分達の部屋から2人で窓から外を眺めていると・・
オカンババとオカンアンネが並んで歩いて来ました
今度は何?

しばらくするとオカンババとオカンアンネが部屋に入ってきて
「昨日はどうして家に来てくれなかったの?
2人に会いたかったのに・・ 寂しくて眠れなかった。
私は、あなた達が好きなのに・・」とアンネが泣き出して大変☆(>ω<)

色々とお話しをして、とにかくオカンアンネに落ち着いてもらい
機嫌を直してもらって・・?
笑顔が出るまでに・・よかった(^-^)

オトガルに行かず
オカンのマンションの前で私達をピックアップしてもらえるように
バス会社に連絡してあるので、今から移動しましょう!
って事で荷物を持って移動

ファティババのおじさんのおじいさん?が98歳で亡くなったそうで、
ファティアンネは挨拶に行かなければいけないらしく、
見送りにはいけないと言う
アバヤをキレイに着こなして、お出かけの準備で忙しい
それでも、私たちとの別れを惜しみ色々話をしてくれて・・
涙を流すから、悲しくなっちゃう (´Д`;)

車2台でオカンのマンション前まで移動
オカンとアブラがいました
残念なことに、フルカンはサッカーチームに入っていて只今、練習中!
会うことが出来ませんでした

バスが来るまでみんなとお喋りして過ごし・・
お別れの挨拶をしてバスに乗りました
 
色々と経験出来たムシュの旅
イライラしたことは、1度や2度ではなかったけれど・・
たくさんの人と出会い、楽しい時間を過ごすことが出来ました
ありがとうヾ(^▽^)ノ

バイバイ・・ムシュ!
明日の夕方には、イスタンブルヾ(^▽^)ノ

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

問題多発!

9月27日(土)

オカンアンネの妹夫婦の家でお茶会を楽しんだ私達
タクシーに乗り、ファティの家に帰ってきた
明日の夕方にはバスに乗ってイスタンブルへ・・
(またまた27時間のバスの旅)

ファティアンネとお喋りしていたら、オカンと友人1人がやって来て
「ムシュの町を散歩しよう!」ってお誘い
スカーフを巻き、散歩するには時間が遅いし寒い(-_-;)
お散歩はお断りしました
「じゃ~また明日ねヾ(^▽^)ノ」ってすんなり帰っちゃいました

彼らが帰った後、ファティから話を聞くと
オカンは、両親とケンカしたので今日は家に帰らないで
一晩中散歩して夜を明かすつもりらしい・・との事

なみもかずみも今日が最後のムシュの夜だから
一緒に散歩したら・・と考えてくれたらしい
ん~(^ ^;) なんだか考えてくれている方向が違うような気がする
イスタンブルのオトガルでの野宿で充分!

しかし・・
寒いのに(-_-;) 一晩中散歩するつもりなの?
さっきの親子喧嘩が理由?
も~トルコ人の行動や考え方がわからない
ここは地元なんだし、友達と一緒だから友達の家にでも行くでしょう
私たちが付き合うことはない!
振り回されるのに辟易していた私たち
もうこの部屋でゆっくりしたい

いつもなぜか当たり前のようにファティの家に泊まっていたオカン
(オカンの家に泊まる時はファティも当たり前にオカンの家に泊まってたけど)
今日はファティの家には泊まらないのね?
ファティもオカンを泊めてあげないのね?
どういった関係なのかよくわからない・・でも、も~気にしないことにした

しばらくすると、「部屋から出てこないように!」とアンネ言われた
何があったのか・・?女の人の泣き声と叫び声に近い声?
アンネが部屋に入ってきて、スレーマンの両親が来てババとアービィに
スレーマンが家に帰って来ていないので探して欲しいとお願いに来たらしい
(数日、家に帰っていないらしい)
スレーマンアンネが心配で泣き始め興奮している・・との事

昼間はファティの家やオカンの家で会っていたけど・・
夜になると、いつの間にかいなくなっていたなぁ~
スレーマン以外に、彼らの友達はいつも昼間は会うけど
いつの間にかいなくなってるから、気に留めてなかった

「今日、スレーマンと会った?」とファティアンネ
どうだっただろう?今日は会ってないかな?
昨日は会ったよね?会ったっけ?
って・・私たちに確認するよりファティに確認してよ~(>_<)!!!

1時間程したら静かになった
血圧が上がって、倒れちゃったようで・・病院に運んだらしい
さっき車が出て行ったので・・さっきのがそうだったのかな?
お母さんがこんなに心配しているのに・・
スレーマンはいったい何処を散歩してるんだろう?

そのドタバタしていた最中に、再びオカン達が来たらしい
らしい・・というのは、私たちの気持ちをファティ一家が代弁して
「今日、2人はもう外に出ない!」と庭で断った・・との事
あ・ありがとう(^ ^;)

オカンもスレーマンも本当に何処を散歩してるんだろうね?
スレーマンの好きな海は、ここムシュにはないから・・
いつもの散歩コースがあるんだろうか?

しばらくすると・・
「2人とも、今日はここで寝るわね。
何処にも行かないわね。」

とファティアンネが訊きに来た
今更、どうして確認するんだろう?
・・・と思ったけど、理由がすぐにわかった

「2人を連れて帰る!とオカンババとイェンゲが来た」と言う
※イェンゲ=兄の妻(私たちはアブラ=お姉さんと呼んでいました)

私達の部屋に突然乱入してきて・・
「なみ!かずみ!一緒に帰ろう!」
「アンネ(オカンアンネ)が2人がいないと寂しくて、倒れてしまった」
「アンネが会いたがっている!」
と色々と話をしてくれる。
でも、私たちはこの家からもう移動する気持ちは無かったので
お断りして、帰ってもらいました
最後に、フルカンが部屋の扉の向こうで、「かずみ帰ろう~」と
今にも泣き出しそうな顔をして言うので、少し辛かったけど・・(´Д`;)

正直、いったい何がどうなっているのか?
さっぱりわからなくなっていた(-_-;)
次から次へと・・

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

雨のち曇り

9月27日(土)

朝起きたら・・雨(-_-;)
今日は日本円をトルコリラに両替しに行き、バスのチケットを購入予定
(バス会社がトルコリラで無いと困ると言ったので・・)

カードで購入出来れば一番便利なのですが・・
場所によってカードが使えない所があると聞いていたから
仕方が無いと諦めて、両替所に行くことに。

もちろん移動は車
タクシーが来たらすぐ両替所へ!

両替所に行くと、1YTL=140円
高っ!
イスタンブルの両替所で一番レートが悪くても88円だったのに・・
140円ってありえないヽ(*`。´)
係りの人に間違いないか確認してもらったけれど140円って言う
うっそ~ヽ(;´Д`)ノ

別の場所の両替所か銀行に行きたい!とファティに言うと
銀行は開いていない!
ここ以外に両替所はない!
と言うので、も~諦めて両替するしかない(-_-;)

田舎の両替所で両替するとレートはよくないという事を勉強しました

バスのチケットを購入して、ファティの家に帰るつもりが
雨が降っているので、オカンアンネの病院により彼女をピックアップし
オカンアンネとオカンを家に送り届けることになった
(オカンアンネから迎に来て!と連絡が有ったそうです)

オカンのマンションに着くと・・
もちろんのこと「寄っていきなさい!」と言う事になり
(もちろん、こうなりますよね~(^ ^;))

オカンの家で夕食をする事に・・
しばらくすると雨が上がり、フルカンたちがマンションの敷地内で遊び始めた
敷地内なら散歩してもいい!と了承を得たので外に出ました
(スカーフはしなくていいと言われました)
敷地内から見た景色はこんな感じ

IMG_2588_convert_20091117231701ムシュ空1

マンションの敷地内・・結構広く見えませんか?
実際、とても広いです
フルカンがサッカーボールを持ってきたので、2チームに分かれて
みんなでサッカーをして遊びました
(もちろんゲームじゃなくて、ボールの取合いです(^ ^;))

IMG_2589_convert_20091117231756ムシュ空2

雨上がりの空なんですが・・
時間は17:10です

しばらくすると、オカンババが仕事先から戻ってこられて
夕食をするから戻ってきなさい!
とアンネに呼ばれ夕食をする事になりました

IMG_2594_convert_20091117233240食事

食事が終わってしばらくすると、「スカーフを巻きなさい!」っと言われ
バタバタお出かけの準備が始まった
オカンアンネの妹夫婦の家にお茶会に行く。という
も~いいのに・・と思いながらも、断る事も出来ずお出かけ

歩いて15分くらいのところに大きなマンションが・・
その一画の1階が目指す家
中に入ると広いリビングにたくさんの人たちが寛いでいました
簡単に自己紹介して、お茶会に参加

オカンアンネの一番下の妹さんの××さん
オカンアンネの妹の旦那様のお姉さんの△△さんetc
も~覚えられない(>_<) 次々に人がやって来て・・??(゜Q。)??

しばらくすると、子供達がたくさんやってきて
「かずみ!サッカーゲームをしよう!」と誘われ子供部屋に行きました
(なみちゃんはゲームが苦手なので、お茶会に参加のまま)

子供たちとサッカーゲームをして遊んでいると
オカンとババとアンネが言い争ってるような大きな声が聞こえてきました
フルカンに何を言い争っているの?と訊いても答えがわからず(-_-;)
どうしていいのか分からないまま、子供部屋にいたんですが
ファティが「家を出よう」と言い出したので
子供達と家にいる人々に挨拶して家を出ました

何がどうなっているのか分からない
なみちゃんに訊くと、突然オカンとババが言い合ってアンネがキレたらしい
ただの親子喧嘩でしょう。って感じ(^ ^;)

確かに・・ファティをはじめ、彼らの友人たちも普段と変わりない態度
オカン本人も何も無かったように変わらない態度
詳しい事情を知らなくてもいいでしょう

「もう遅いし、ファティの家に戻ろう」と決まり
タクシーを呼んでファティの家に戻りました

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

匂いに誘われて

9月26日(金) 夜

ファティババが帰宅後・・
リビングでファティアンネ・ファティ・オカンとお喋りしてたら
アンネとババが庭で炭焼きの準備をはじめ
炭が熾るとババが焼き始めてくれました

IMG_2529_convert_20091117015047炭焼き2

お肉の焼けるいい匂いがします
美味しそうヾ(^▽^)ノ

IMG_2524_convert_20091117014808炭焼き

この焦げ目がいいでしょう?

IMG_2534_convert_20091117015126炭焼き3

サラダとパン・アイランと一緒に食べました
途中、アービィも帰宅
ババも全てのお肉を焼き終えて食事に参加
食事が終わればお決まりのコース。
デザートとチャイ・・そして歌にダンス・・お喋り(^-^)

突然、部屋が真っ暗に!
トルコでは停電は当たり前で・・
部屋の電気が消えてビックリするってことはありません
「しまった!懐中電灯を持ってこなかった」
「ホテルに置いてきたね」
「せっかく使える状況なのに・・残念!」

アンネが素早くろうそくを何本か用意してくれて
すぐ部屋は明るく?なりました
窓から外を見ると、各家々もろうそくを灯しているようで
窓からぼんやりと灯がともっていました

よくアメリカやヨーロッパのX’masの時にろうそくを
部屋の中にオシャレにろうそくを置き灯しますよね~
そんなイメージはやめて下さいね
どちらかというと・・
日本の夏みんなで、ま~るくなって怪談話をする雰囲気の部屋
だから、ちょっと不気味(^ ^;)

そんな部屋で30分ほどお喋りてると
急に電気が回復して部屋が明るくなりました
真っ暗な部屋の中・・
辞書もジャスチャーも使えなかったので、会話の難しさを知りました
真っ暗な部屋の中でも会話を楽しむ為に努力しなきゃ?

★゜.:,。゜.:,。☆゜.:,。゜.:,。★゜.:,。゜.:,。☆ ゜.:,。゜.:,。★゜

ファティーファミリーです

IMG_2548_convert_20091117015241ファティf

女の子が1人もいないので、ファティアンネは私たち2人を
「私の娘よ!」といって大変可愛がってくれます
とても可愛いくて陽気なアンネです

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

今日も部屋の中

9月26日(金) 朝~夕方

朝、フルカンが学校に行くので玄関までお見送り
「行ってらっしゃ~い」
昨日、一緒に遊んでいた女の子2人とマンションを出て行きました
部屋の窓から 「気をつけてね!頑張って~!」と手を振ると
3人が笑顔で手を振り返してくれました

「コンタクトを外してるから、全く見えない。ファティの家にすぐ戻ろう」
ε=ε=ε= ヾ(*^▽^)ノ

今日は、ファティババが鶏肉を炭焼してくれるって!
だから楽しみにしてね♪
と、ファティアンネ・・ありがとう(^0^)v

今日もまた・・外に出れない(^ ^;)
外に出るのに車は絶対必要だし・・
ファティアンネはとても心配するし・・
天気も曇り空で、寒そうだから・・大人しく部屋にいました

部屋の窓からこんな風に外を見ると・・

IMG_2621_convert_20091116223716窓1

羊たちがみんなで散歩してます
牛も散歩しています
ニワトリも・・

IMG_2616_convert_20091116223906窓2

だから・・
羊が散歩をしています~
 牛が散歩をしています~
 でも、なみとかずみは散歩が出来ません(-_-;)

と、簡単なリズミをつけて・・トルコ語で歌っていると
アンネが気に入ってくれ、もう一回歌って!歌って!とリクエスト
なぜか3人で窓に並び外を見ながら何度も歌っていました

外に遊びに行っていたファティとオカンが帰ってきて
リビングで5人お喋りをしていると・・
パチーン!と音がなった

何?
「ファティがデジタルカメラの画像を勝手に消去したヽ(*`Д´)ノ 」
「え~!なんでそんな勝手な事するかな~ヽ(*`。´) 」

私たちのデジタルカメラのデータを1人静かに見ていたファティ
(いつの間に・・?)
気に入らない人物の画像を消去していたらしく
それに気が付いたなみちゃんがカメラを取り上げ
ファティの右頬にパチーン!とキレイにヒット(>_<)!!!

データを調べてみると、かなり消去されている(´Д`;)
も~どうして勝手にデータを消去するのよ?

先日なみちゃんの携帯の写真のデータをファティに消去され
大ゲンカをしていた2人
勝手にデータを消去するな!とあれだけ言ったのに~!
と、なみちゃんは大怒りヽ(*`Д´)ノ

トルコ人のやきもち焼きは凄い!
今まで本当にうんざりするほど・・
「2人にとってこの男性はよくない!必要ない!」
という理由で、ファティの気に入らない写真を消去したらしい

そんな理由で消去されちゃ~困る!
私たちに必要か、どうかなんてあなたが決めないで!

ファティの意見に賛成のオカンとファティアンネ
消去した事は正しい事だと説得してくる
納得のいかない私たち
だいたいどうして私たちの物を勝手に触るかな?

トルコ語の辞書を出してきて
結局・・ここでも押し問答は続く・・(-_-;)

自由に行動出来ない日々
ファティやオカンに振り回されている・・と感じている日々
常識だと思っていることが、常識として通じない日々
非常識だと思っていることが、通じてしまう日々
この頃の私たち・・イライラが募り、爆発寸前だったのは確かです

消去されたものは仕方が無い(-_-;)
どれだけ頑張っても元に戻す事は出来ないんだから・・
諦めるしかない

でもお願い!
も~私たちの物を勝手に触らないで・・
ただ、それだけお願いします (_ _)

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

今日のお泊りは?

9月25日(木) 夕方~夜

オカンの家でシャワーを浴びて、
すっかりご機嫌で子供達3人とお喋りしていた私たち
アンネとアブラに今から夕食を作ると聞いて
夕食作りをお手伝いに(見に?)キッチンに行きました

料理の途中でババが帰ってきて・・挨拶を!
オカンババは、貿易関係の会社にお勤めだそうです
オカンアンネは、看護婦さんで病院にお勤めです

そうそう、オカンは風邪をひいて体調不良ということで・・
アンネが点滴をオカンにしてました
(しかも、キッチンで!
キッチンの壁に点滴の袋をガムテープで貼り付けて・・
オカンが点滴中に動くから何度も怒られていました)
家の中で点滴をするなんてビックリ!
体調不良だとよくアンネが点滴を家でしてくれるそうです

「かずみもする?」って訊かれたけど・・お断りしました(^ ^;)
トルコの薬や医療制度、アンネの腕を信じる信じないの問題じゃなく
点滴をしている間は動けないのが嫌で・・時間が勿体無い!
動くとアンネに怒らるので怖い。
アンネが怒るとかなり怖いし・・

一羽の鶏肉ホールの中に野菜などを詰め物して
ポテト丸ごと、にんじん丸ごとをいくつかホールの周りに敷きつめ
オーブンレンジで丸焼きにた豪快な料理とナスとひき肉・トマトの焼き物
お豆のピラフ、お米とハーブのヨーグルトのスープ、サラダ
オリーブオイルだけ絡めただけのパスタ、パンでした(>_<)!!!!!!☆
パスタはお店で食べた物より美味しかったですが・・
全く具が無くて、オリーブオイルで和えただけのものでした

IMG_2505_convert_20091114102521オカン宅夕食

私はナスとひき肉・トマトの焼き物が気に入って、「美味しい(*^-^)b 」
と言ったらお皿に3つも4つも入れてくれるので困ってしまいました
そんなに食べれないって(>_<)!!!
(2ついただきました)
ヨーグルトがやっぱり美味しいのかなぁ~
お米とハーブのヨーグルトのスープが美味しかったです♪

食事が終われば、やっぱりデザート&チャイ
たくさんのフルーツをた食べながら、チャイを飲みながら
お喋りをして過ごしました

オカンの家にはサズが無いけれど・・
やっぱり歌やダンスが自然と始まって、輪になって騒ぎ始めた(^0^)v♪
小さなカラフルなハンカチ?を持たされて
ステップを覚えさせられ、みんなで手をつなぎ歌を歌いながら
(歌詞も覚えさせられました(-_-;))
ハンカチをクルクルまわして賑やかな時間を過ごしました
(汗かいた~(^ ^;))

もう22:00なので、ファティの家に帰りましょう
と話し始め、ババとアンネに挨拶を始めると
「今日はここに泊まっていきなさい」とアンネ
「ありがとう。でも泊まる用意をしていないので」

ここから永遠に「泊まる・泊まらない」と押し問答が続く(-_-;)

私達は使い捨てコンタクト利用者です
コンタクトを使用した事の無い方はご存知無いかもしれませんが
私が使用している2weekコンタクトは、2week使い続ける事ができますが
夜は洗浄し、容器に保存液を入れて保存してます
なので、常に容器と保存液を持っていないとお泊りが出来ません

なみちゃんは1dayコンタクトなので、1日1回の使い捨てです
なので、常にもう一組持っていないとお泊りが出来ません
特になみちゃんは視力が悪く、裸眼で1m先の顔が判断できません

眼鏡も持っていないので、泊まることは出来ないと説明するのですが
(もちろんそれだけの理由じゃないですが)
納得してもらえず、アンネが泣き出しちゃった・・(-_-;)
も~仕方が無い・・。
今日はこの家にお泊りさせていただきましょう

☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~

オカンファミリーです

IMG_2508_convert_20091114102654オカンf

オカンのお兄さんの仕事の帰りが遅くて写真が撮れませんでした
フルカン(10歳)がとても可愛くって・・
写真では分かり辛いですが、真っ直ぐでサラサラの黄色い髪の毛が
可愛くて、格好よくて・・そしてとても頭のいい子です(*^-^)b

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

1人がいいんだけど・・

9月25日(木) 昼~夕方

ファティの家を車で出て、少し観光を楽しんだ後オカンの家へ

大きな長いコンクリートの壁に囲まれた中にマンションが並び
警備員のいる門を通り抜け、オカンの家(マンションの棟)に到着。
オカンの家は、マンションの1Fでした

このマンション・・
真ん中に階段があって、両サイドにお部屋があります
ワンフロアーに2部屋、3階建てのマンションでした

車が門を抜けた辺りから、オカンアンネや子どもたちがベランダから
手を振って大歓迎してくれていました(^-^)
玄関に着くと、挨拶&紹介もそこそこに中へ中へと押し込まれ?
ソファに座らされた私たち

もちろん 「チャイしましょう!」 とお茶会が始まりました
家の中にはオカンアンネ、イエンゲ、弟と弟のお友達2人(女の子でした)
※yenge:イエンゲ=兄の妻(オカンのお兄さんの奥さん)
 私達は通常にabla:アブラ=お姉さんと呼んでいました
※オカンの弟の名前はフルカン

アンネとアブラ(イエンゲの事ですよ)は、オルチュ中なので
私たちだけでお茶しました。
(私たちもオルチュしていたのに・・
本当に、遠い昔の話になってしまいました(-_-;))

色々な話をしながら楽しく時間を過ごしました
同じマンションの1Fに、オカンアンネのアンネが住んでいるというので
挨拶をしに行くことに・・。
アンネアンネはとても可愛い人でした
日本人の私達と会うのは恥ずかしいと言ってました
「よく来たね。よく来たね」と頭をなでてくれました

※anne:アンネ=お母さん
 anneanne:アンネアンネ=母方の祖母 
 お母さんのお母さんだからアンネアンネ

※baba:ババ=お父さん 
 babaanne:ババアンネ=父方の祖母
 お父さんのお母さんだからババアンネ

「お風呂に入ってないでしょう。お風呂に入りなさい」と言われ、
お言葉に甘えてお風呂に入ることにしました

ムシュに行くとホテルを出た日の午前中にシャワーを浴びたのが11/22
その日はオトガルで野宿
次がバスの中
次がファティの家で入らなかったので・・3日振り?
シャワーを浴びれるなら浴びたい

ファティの家の地域は、お水が出る時間帯が決まっていて
それを外すとシャワーは浴びれません
しかも、水の量も決まっているようで・・日本人の私達2人が入れるほど
水の量は多くなさそうでした

私が先に入ることになり、浴室へ
もちろん着替えなど持って着ていないので、手ぶらのまま
アブラが「こっちよ」と教えてくれたので付いて行くことに・・

浴室の中に入り、
「これがシャンプー、これがリンス、これが石鹸
ここをまわすとシャワーが出て、こっちがお湯、こっちがお水
タオルはここにあるから使って」と説明をしてくれる
「ありがとう」
「それじゃ~入って!」
「ありがとう」
  ・・・
「かずみ?入らないの?」

え?入るけど・・いや、入りたいんだけどあなたがいると・・(^ ^;)
「アブラ!入るから、出て行ってくれない」
「え?どうして(笑)早く入りなさい。手伝ってあげるから
「いや・・手伝ってもらわなくていい!」
「なぜ?手伝うわよ!」
「いらない」
「なぜ?」
「1人で出来る!シャワーの使い方は解かったから!」
「じゃ~早く入りなさい。手伝ってあげるから」

だ~か~ら~ 手伝ってくれなくていいんだってば~!
もう、向こうに行ってくれ~!

押し問答がしばらく続き、も~諦めた(-_-;)

お喋りしながら、身体・髪の毛と順番に洗っていき
身体を拭いて服を着て、タオルで髪の毛を束ねて出てきました

「かずみちゃんどうだった?」
「アブラが浴室から出てくれない。側から離れない」
「え~嫌だ!シャワーくらい1人で入りたい!」
「浴室には中から鍵がかけられるから・・」
「何とか追い出して1人で入る!」
「頑張って!」
となみちゃんとバトンタッチ
ダッシュで浴室に駆け込んだ

しばらくすると「なみ!なみ!」とアブラの声
髪を乾かしている私の側に来て
「なみがあっちに行って!と言って中から鍵をかけた」と言いに来た
「心配ない!彼女は1人で大丈夫」
「なぜ?」
「いつも1人で入ってるから・・(^ ^;)心配ない!」
「本当?でも、見てくる」
「見に行くと怒られるよ~大丈夫!心配ない!」
ソワソワと落ち着かないアブラ

「かずみ!髪の毛をとかしてあげる」
「いらない!自分で出来るから!」
「大丈夫!私、上手よ」
「出来るからいい!」

ここでまた押し問答(-_-;)

「黒くて長い髪。キレイね」
「ありがとう」
(元々長かった髪の毛・・3ヶ月も放置してたら腰まで伸びた)
「触っていい?」って勝手にもう触ってるじゃん(^ ^;)
「髪の毛はもうこれでいい!タオルありがとう」
「なみはまだかしら?」
「心配ない!」
「見てこよう!」
「見に行かなくていい~!」

アブラは心配性なのか?世話焼きなのか?
日本人がただただ珍しくて離れたくないのか?
少々うっと~しいくらいニコニコしながら、ピタッといつも側にいる(^ ^;)

シャワーをかりて、2人共さっぱりしてご機嫌 (^▽^)ノ☆ヾ(^▽^)
オカンの弟(フルカン)とその友達(女の子)2人と学校の勉強の事
友達の事、好きな歌手の事、サッカーの事などお喋りして
部屋の中で過ごしました

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

車に乗って・・

9月25日(水) 昼

2人にもらった部屋は、一番奥の部屋で・・
トイレに行くのに、リビングを抜けキッチン横を通り玄関横を通ってトイレ着
リビングには男性達が寝てるので、抜け辛い(-_-;)

「トイレに行き辛い」
「私も・・」
9:00頃には目が覚めていたんだけど、布団から出れない状態
寒いって事もあるけど、隣のリビングで寝てるから静かにしないと・・
と思うと動けない

「ババやアンネは起きてるのかな?」
「この時間だから、ババとアービィは仕事に行ってると思うけど・・」
「家の人が起きてる感じがしないね」
「何時ごろに起きよう?」
「ん~どうしよう?」

なかなか布団から出るタイミングが分からず
2人でお喋りしていたけど・・トイレにも行きたいし、いつまも寝ていられない
お腹も空いたしね・・だってもうすぐ12:00になるよ~

まず、トイレに行って歯を磨いて男性達を起こそう!
布団からごそごそと起き出して、朝の身支度を済ませ行動開始
12:00過ぎに食事をして、今日は何処に行こうか?

「昼間アバヤを着なきゃ出ちゃダメ!」なんて言わないでね
アバヤを買いに行く予定は無いし、買う余裕も無いです(-_-;)
スカーフだけで良いから、しっかり頭からかぶって行きなさい!
とアンネに言われ、車に乗って出発ヾ(^▽^)ノ

車の運転手が1人、ファティ・オカン・スレーマンと私たち
合計6人でドライブ
どこに連れて行ってくれるのだろう(^-^)
楽しみにしていたのに・・たどり着いた所がこんなとこ・・

IMG_2423_convert_20091114101353ムシュ1

誰もいない・・静かな場所・・。
「ここは何か有名な場所?」 「ここに何が有るの?」
「誰もいないから・・静かでいいよ!」 「木がたくさん有って広くていい!」

確かにね・・(^ ^;)
とにかく、あの建物まで歩いて行きましょう!
木がたくさん有るから、リスとかいてるかも?
リスじゃなくても・・ネコ!ネコがいるかもしれない(^-^)

誰が見てるか分からないので、しっかりスカーフを巻いて歩くように!
と注意されながら・・しばらく散策
せっかくカメラを持って来ているのだから、風景写真を撮りながら歩こう!

IMG_2433_convert_20091114101545ムシュ2

天気がいい(*^-^)b
広い大地に、たくさんの山々
あまり高くない山なので、トレッキングにはいいかも?

IMG_2422_convert_20091114101732ムシュ3

「サッカーでもするんじゃない?」
「あれはサッカーのゴール?」
「トルコはサッカー大好きだからね~」
「広いからいいね」
「水の流れる音がする」
「川があるのかも・・」
と水の流れる方へ歩いていくと、本当に小さな小さな小川?がありました
水はとてもキレイで、冷たくて・・気持ちよかったです

たくさん木が有るのですが、リスなどの動物はいませんでした
ネコも一匹も見かけませんでした
木の間に立ち2・3枚写真を撮ってもらったりして時間を過ごしましたが
お喋りしながらの散策にも限界が・・(^ ^;)

「ムシュの町を見に行く?」
「行く!見てみたい!」
「じゃ~行こう!」
どんどん上に向かって走っていく車
人とすれ違う事がないんだけど・・
みんなどこにいるのかな?
子ども達は学校?
それより・・なぜ上に向かっ走る?

しばらく走って・・たどり着いた所がこんなとこ・・

IMG_2471_convert_20091114101846ムシュ4

確かにね・・(-_-;)
ムシュの町が見えます

“ 町を見る ” って・・ちょっと意味が違っているよ~な?
トルコ語って難しい(-_-;)

途中でクッキーやコーラー、ファンタを買っていたので
ムシュの町を見ながらおやつタイム&喫煙タイムを始めた男性達
「今さっき、お昼ご飯を食べたじゃない!」という意見は無視で・・

「彼らに今、ラマダンという意識は無いね」
「オルチュをした事が無いかもしれない!」

男性達をほっておき、2人で散策
何も無い場所でも・・何かお楽しみがあるかもしれないじゃない?
せっかく来たのだから、楽しまなきゃ損!
カメラ片手にもう少し上に行ってみましょうヾ(^▽^)ノ

結構上の方に来たのかな?
360度、視界を遮る物は無し!
周りには私たち2人以外誰もいないし、スカーフが邪魔(^ ^;)
スカーフを取って、風を全身で受けたら気持ちいい~ (^▽^)ノ☆ヾ(^▽^)

「かずみ~!スカーフを巻かなきゃダメ~!」
「なみ!!! 顔が見える!スカーフ!スカーフ!」
「危ないから、降りておいで!」
って大声で注意された

こんな場所で、誰が見てる?
手っ取り早くスカーフを巻き、降りはじめた

「オカンの家に行こう」と、再び車に乗って移動

IMG_2481_convert_20091114102213ムシュ5

「あ!人を発見!」
「農作業中なのかな?」
ご苦労さまです

IMG_2492_convert_20091114102256ムシュ6

(いつも窓側は男性が座り、真ん中に押し込まれるのですが・・
 この時はなみちゃんが右の窓側を取ることに成功しました(^-^)
 なので、上記2枚の写真を撮ることが出来ました)

こんな感じの道を走り続けること30分~40分くらい?
大きなコンクリートの塀に囲まれた中にマンションが建ち並び
警備員の立っている門を抜けると、オカンの家(マンション)でした

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

歌とダンス

9月24日(水) 夕方~深夜

ファティの家にやっと着いて、私たちに一部屋をくれたアンネ(^-^)
「昼寝をしなさい」と布団を敷いてくれたのでお昼ねタイム!
(_ _)zzZ

しばらくして、アンネに起こされました
ファティババとファティアービィが帰宅していて挨拶
(abi:アービィ=お兄さん)
ファティアービィも外科の医師で、落ち着いた男性でステキ(^v^)
ババとアービィはとても似ていて、大人の魅力を持った男性です

アンネのメネメンが食べたい!とリクエスト
一から作り方を教えてもらいながら一緒に作りました
やっぱり、トルコの家庭料理 “ メネメン ” はお母さんの味?なのか
全くそれぞれ味が違います

IMG_2397_convert_20091113220301メネメン

トマト多目で、美味しかったです (*^-^)b

IMG_2400_convert_20091113220401夕食224

アンネはたくさん手料理を作ってくれて・・全て美味しかったです (*^-^)b
アイランも手作りなので、独特な味
アイランも家庭により味が違うんですね
(基本のヨーグルトが違うので味が全く違います)
※アイラン:塩味のヨーグルトドリンク

食事をしながら、楽しい時間を過ごしました(^0^)v
食事の後はもちろんデザートとチャイの時間
長い長いチャイの時間を楽しんだ後、ファティがサズを持ってきて演奏
※サズ:トルコの弦楽器
 ファティは昔?サズの先生をしていたそうです(上手でした)

音楽が鳴り出したら・・自然と歌とダンス
トルコ人は本当に歌とダンスが好きです(^-^)

IMG_2413_convert_20091113220526アンネサズ

アンネがサズを演奏、ファティ・オカン・スレーマンがダンス
賑やかな時間を過ごしました

もう深夜の1:00
こんなに騒いでていいの?
ババもアービィも明日仕事じゃないの?
オペは入って無いよね?
アルコールは全く飲んでないのに・・(^ ^;) こんなにも騒いで・・
私達は昼寝してるから、元気ですが(^ ^;)

なぜかオカンとスレーマンは家に帰らず、一緒に食事をして・・
2:00までお喋りして、歌を歌ってダンスして・・
朝を迎えました

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

アバヤを着て。

9月24日(火) 昼~夕方

やっとバスの旅も終わりに近づいてきたのに・・
エンジントラブルでバスがストップ
はぁ~なかなか目的地にたどり着けないこの “ バスの旅 ”
終わりはいつだろうか?

「なみ!かずみ!お父さんが車で迎えに来てくれる
バスからカバンを出して、早く準備して!」
とファティの言葉で、終わりが見えてきた(^o^)/

30分後、一台の車が!
男性が1人降りてきて、ファティと話をしてる
彼がファティババかしら?
(baba:ばば=お父さん)

しばらくしてファティがお父さんを紹介してくれた
自己紹介して、お迎えに来てくれたことに感謝
気になっていたパスポートの事を、ファティババに早速相談
途中パスポート&IDカードを取りに立ち寄っていく事に決まった
一先ず安心(^-^)

荷物を車のトランクに入れ、出発!
ファティババとドライバーが来ていたので合計大人7人乗り
車一台に7人! (ワゴンじゃないですよ~(^ ^;))
今までになく、最高の人数で移動
も~驚きもしない私たち・・強くなりました(鈍くなりました・・カナ?(^ ^;))

20分程走って車は止まり、ファティババとファティが建物の中へ
10分程待ってると、パスポートが返ってきました(^0^)v♪
しっかりチェックしたけれど・・パスポートに変化なし!
(見ただけでわかるものでは無いですが・・(-_-;))

何が目的だったのかな?
今でもアスケル達がパスポートを持っていった理由が分かりません
どなたかお分かりになる方がいらしゃったら、教えて下さい
お願いします (_ _)

更に20分程車は走ると、町らしき風景
店や家が並び始め、病院や学校なども見つけました
スーパーも見つけ、「お値打ち品をみつけられるかも!」
とテンションが上がった私たち
この時は、イズミルやイスタンブルのように自由に町まで行けると思っていた

町から、しばらく走ると大きな門の前に車が止まり
「早く降りて!早く家の中に入って!入って!」
と促されて、車を降りると一目散に門をくぐり庭を横切って家の中に入った
玄関にはファティアンネが待っていてくれて大歓迎してくれました
(anne:アンネ=お母さん)

挨拶を済ませ、リビングで全員揃ってとりあえずチャイをする事に・・
ファティババは外科の医師で、病院に戻るというのでチャイをせずお出かけ
いってらっしゃ~いと庭に出て見送った後
「かずみ!早く家の中に入って~早く!早く!」と・・

なぜ?早く家に入らなきゃいけないのか?
「日本人は珍しいから、近所の人がみんな見るでしょう!」
見られるのには慣れている私たち
見られても、別にいいけど・・
「日本人が来てるって、うわさになるから絶対に出ちゃダメ!
え~!☆(>ω<)!!!

オカン!ファティ~!
ムシュにも外国人がたくさん観光に来る!
日本人もたくさん来るよ!って言ってたじゃない?
日本人が来てたらうわさになるの?
遊びに行けないじゃない ヽ(*`Д´)ノ

庭にファティの犬がいて・・ファティとじゃれあってる姿を見てたら
「早く家の中に入って入って!」と・・

ちょ・ちょっと~
庭に出ることもダメなの?
「周囲の高い建物からこの庭は見えるからダメ!
部屋に入って!入って!」

ファティ~!
あなたの家から・・って言うより部屋から出れないなんてどうゆう事?
どこにも行けないじゃない ヽ(*`Д´)ノ
話しが違~う!ヽ(*`Д´)ノ


「外に出るときは “ アバヤ ” を着なきゃダメ!」
「アバヤなんて持ってないもの」
「買いに行けばいいじゃない」
「いくら?」
「800~1000YTLくらい」 (日本円で65000円~80000円)
「そんなの簡単に買えないよ」
「それじゃこれを着なさい」
と言って、ファティアンネのアバヤを貸してくれたんだけど・・
もちろんサイズが合わなくて、これを着て外に出るのは大変(^ ^;)

「可愛い~」「似合ってる!」「ステキ!」って言ってくれるけど・・
目元しか出ていないのに、「可愛い!」も「ステキ!」も意味が無いのでは?
それに、「似合ってる!」って褒め言葉・・微妙(^ ^;)
私・・キレイ?(^ ^;)

※アバヤ:足までを覆いかくす長くゆったりした伝統的衣装・外衣です。
 イスラム教では、夫以外の男性に肌を見せてはならないなど
 厳しい倫理基準が守られていて、女性達はアバヤを着て外出します

※トルコは、イスラム教熱が他国と比べそれほど強くない国なので
 アバヤを着て歩く人が少なくなっているそうです
 特に都会ではノースリーブを着て出歩いている女性も珍しくない
 でも、東部地域では根強いとは聞いていました
 
IMG_2393_convert_20091113170605アバヤ1

アバヤといえばほとんど黒が多いんですが・・私が着たのも”黒”でした。
足元ギリギリまでの長さにして歩くらしい
長いスカートは嫌いじゃないけど・・やはり歩き辛い(-_-;)

IMG_2392_convert_20091113170710アバヤ2

目元だけしか出ていないのに “日本人” ってなぜわかるのかな?
不思議 ??(゜Q。)??

彼らの友達数名が家にやって来て、いつの間にか男性達はお出かけ
天気がいいので、家の中にいるのも勿体無い
町まで出かけたいのに・・「今日はゆっくりしなさい」と言われ
家から一歩も出ることが出来ない(-_-;)
かごの鳥状態・・。

しばらくすると、ファティとオカンだけ帰ってきて
なぜかベランダで二人並んで昼寝を始めた (_ _)zzZ
ファティアンネが「なみもかずみも昼寝をしなさい」とお布団を出してくれた
奥の一部屋を私たちに「自由に使いなさい」と頂きました
散々バスの中で寝ていたのに、寝れないよ~(-_-;)

とりあえずやることも無いし・・
ファティアンネがお布団を敷いてくれたので、布団に入り2人でお喋り(^-^)
疲れていたのか? 数分後に2人とも爆睡しました(_ _)zzZ

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

パスポートの行方

9月24日(水) 朝~昼

まだまだムシュに着かないバスの旅(-_-;)
オトガルで流血騒動があって、サービス係りはもちろん乗客とも一線を・・
なんとな~く居心地が悪い

なぜケンカになったのか?
先に手を出したのは誰なのか?
どうしてすぐケンカになるの?
原因は私たちなんだろう・・私たちも反省 (_ _)

今までにも・・
イスタンブルのエミノニュ付近で夜に出店が出るのですが
店の1つにzippoもどきのライターを売ってた店でファティが「買う!」
と言って1人で商品を見ていた時は1つ5YTLと値段を言っていたらしい
私達は他の店を見て回っていたので事実なのか判断が出来ない

まだ決まらないファティの所に「決まったの?」「もう買ったの?」
と私達が行ってしばらくしたら、店員とケンカを始めた
も~殴り合いのケンカ ヽ(*`。´)
すぐ止めたけど、大騒ぎになっちゃってたくさんの人が集まった

ケンカの原因は、日本人の彼女がいるなら7YTL払え!と言ったらしい
5YTLだと言っていたのに値段が上がったので頭にきたらしい
「日本人の友達がいたら7YTLになるの?」と訊いたら
「日本人だから払えるだろう」みたいな事を言われたから・・
確かに私たちもムッときた!ヽ(*`。´)

日本人=お金持ちというイメージは確かにあるみたいだけど・・
こんなにストレートに言われると気分はよくない
でも・・殴り合いのケンカにまで発展する?

しばらくは、静かにバスに乗っていた
さっきコンタクトを装着したので、車窓から景色を見ながら
なみちゃんと2人で話をして少し旅行気分
太陽が昇り、天気はよさそう
東部地方に入ったのか?
見渡す限り茶色の土で、周りに家が建っていない
向こう側に牛飼いと牛が数頭見えました
そんな道を真っ直ぐ走っていくバス

すると、どうしたことか・・何も無いところでバスがストップ!
バス停では無いところでも人が乗り降りする場合は止まるので
あまり気にしていなかったのに・・
バスの中がザワザワとし始めた

「何かあったのかな?」
パラパラとバスを降りて、タバコを吸い始める乗客も出てきたし
(もちろん彼ら3人もタバコを吸いに外に出た)
何の説明もないまま時間が経っていく・・
座ってばかりでお尻が痛い!私たちも外に出よう!
とバスを降りようとしたら「バスから出たらダメ!」って言う

「なぜ?」
「この辺は危ないから!」
「え?も~意味がわかんない(>_<)!!!」
「早くバスに戻って!」と言うので、素直にバスの中に戻った。

「ここは何処?」「ここからムシュまで何時間?」
「30分くらい」
「もうすぐだね」
「なぜバスは止まっているの?」
「トラブル」
「トラブル?」
何て話をしていると、乗客が全員乗り込んできて
5人のアスケル(兵隊)が乗り込んできた

今度はいったい何?
IDカードを回収していると言う
「え?なんで?」
「説明も無くパスポートをアスケルに渡すのは嫌だ!」
ポリスじゃなくて・・
どうしてアスケルにIDカードを渡すのか納得が出来ない私たち

後ろの席に座っていたから、取りに来たのは最後だった
取りに来たアスケルに
「どうしてIDを渡さなきゃいけないの?」
「・・・」
「なぜ渡さなきゃいけないの?」
「OK!OK!」
「IDを渡して、旅行は続けられる?」
「OK!OK!」
パスポートを渡してくれ!というゼスチャー
納得した答えが得られない
渡してしまうのが怖い私たち・・

でもみんなが、「大丈夫。渡して渡して!」って言うから渡しました。
(迷彩服を着て、武装したアスケル達は怖くなかったけれど
も~パスポートが手元から離れていくのが怖くって・・
無事に返してくれるのか?何度も確認しました)

乗客のIDカードを全て持って降りていったアスケル達
何処行くの?
ジープに乗って何処かに行っちゃった★(>_<*)

「も~なるようになれだね!」
「トルコのシステムわかんない!」
「ここで焦っても仕方が無い」
「パスポートの事は、ファティアンネに相談しよう」
(anne:アンネ=お母さん)

「なんで?バスは止まってるの?」
「さぁ~ ??(゜Q。)?? 」
「訊いてこよう!」

「なんかね・・エンジントラブルみたいよ~!」
「直るのかな?」
「トルコ人って器用だから直せるんじゃない?」
「後、30分で着くのに・・(-_-;)」

も~バスの中にいるのにも飽きてきて、乗客の女性の方もバスを降りて
外に出ているから、私たちも出ることにした
窓から見たところ何か売っているお店が2・3軒並んでいる
何を売ってるんだろう?
よろずやさんかな?

「財布だけ持って外に出よう!」バスを降りて店の方に歩いていったら
「なみ!かずみ!何処に行くの?」とオカンがやってきた
「お店!」
「何買うの?」
「わかんない。何が売ってるのかな?」
少しお菓子を売っていたので、見た事の無いチョコレートバーを買った

「オカンは金魚の糞?ってトルコ語でなんていうの?」
「知らないよ~」
「ついて来ないで!ってなんていうの?」
「わかんな~い。あっちに行って!って言えばいいんじゃない?」

「オカン!私たち子供じゃないし、赤ちゃんじゃないし・・
あっちに行って!タバコ吸ってれば?」

前からファティがやって来て
「なみ!かずみ!お父さんに電話たら迎えに来てくれるって。
バスから荷物出して準備しよう!」
「ファティババが車で来てくれるって!準備しよう!」
(baba:ババ=お父さん)

待つこと30分・・ファティババが来てくれた(^o^)/

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

嫌な予感!

9月24日(水) 朝

ムシュまで、27時間のバスの旅
常にウトウトとしながら (_ _)zzZ 移動中!
太陽が顔を出したのか・・? 辺りが、明るくなってきた
しばらくすると・・バスが止まった

「かずみちゃん!トイレに行かない?」
「行く!」
ってバスを降りてトイレを探しに・・
ここは何処? 
随分大きなオトガルに着いたみたいだけど・・?

2階の右奥にトイレをすぐ見つけた
帰りに・・何か地元商品など販売されていないかな?
何店舗か開いていたので見ながら歩いていると・・
(私達が乗ってきた)バスの辺りがざわついていた

「君達日本人?」と私服の男性1人と制服警官2人が声をかけてきた
「はい。」
「ちょっとこちらに来て・・」
と促され、人ごみの中をかき分け連れて行かれた
(抵抗する気持ちも、断る気持ちも無く素直について行きました)

「彼らが何か問題を起こしたんじゃない?」
「多分ね・・」
「今度は何?」
「嫌な予感がするんだけど・・」

人ごみから少し離れて・・
オカン・ファティ・スレーマンの3人が並んでいた
オカンの白いTシャツの肩や胸の辺りが真っ赤な血で汚れていた
「彼らを知ってる?」
「はい。」
「じゃ~こっちに来て!」
と今度は、建物の2階に連れて行かれそうになった

「ケンカしたんじゃない?」
「多分ね・・アービィと話し合いするって言ってたから」
(この場合のアービィはサービス係りの事を指してます)
「ただ話し合いするのに血が流れる~?」
「ただの話し合いで終わらなかったんじゃない。
 あの血はオカンの血じゃなくて、アービィの血だと思う」
「ファティとスレーマンは?」
「大丈夫じゃない?手を出したのはオカンだけじゃないかな?」
「も~馬鹿!」
「なみちゃん!トルコ語の本を数冊持ってくる~」
「うん。お願い。も~複雑な話にならなきゃ良いけど・・」
「とにかく一度バス戻るね」
とバスに戻ろうとしたら、私服の男性にダメと言われた

「私たちトルコ語が話せない。トルコ語が解らないから辞書がいる」
「ダメダメ!一緒に来て!」
「それじゃ~英語を話せる人がいる?」
「NO!NO!来て!来て!」

とにかく2階に2人一緒に来て!と言うので、辞書は諦めて2階に・・
制服警官2人と私服の男性が数名に囲まれて別室に入っていったら
サービス係りが鼻から血を流しながら私服の男性と立っていた
必死で血を止めようとしていたけど・・
 
「彼を知ってる?」
「はい」
「彼に何かされた?」
「はい。頭や顔・腕・手・足をなでてきて・・」

私の左後ろ側からサービス係が「Ф#д☆лж!」と言い出した
(も~早口で全く何を言ってるのか解らない)
廊下の向こう側にオカンたち3人がいるようで、
何やら向こうでも大声で言っている
私服の男性たちも止めに入っているのか?何やら言ってるけど・・
大勢の人々が一斉に話をしてるのでよく解らない
早口で全く聞き取れない (彼らは普通に話してるんだろうけど。)
ここでも殴り合いのケンカが始まりそうな勢い

1人の私服男性が「静かにしろ!」と言ったのか?一喝したら静かになった
「あの3人は友達?」
「はい、そうです」

なぜ私達がこの部屋に呼ばれたか説明を受けた
(説明を受けなくても、この状況を見たら検討はつくけどね・・(-_-;))

サービス係りに何をされたか訊かれたので
小さなクッションをもらって
その後、頭や顔、手足をなでて来たことを話したら
「嘘つき!彼女達と話をしていない」的なことをサービス係りが言うので

嘘つき呼ばわりさえた私達は
「私の頭や顔をなでたでしょう?」とジャスチャーと共に表現し
「私の手を握ってきたでしょう?髪の毛や腕や・・」
(太ももってなんだっけ?
え?太もも・・え~っとブト?
ブトだっけ?も~イライラする。辞書が欲しいんだけど・・
言いたいことが言えない・・)

私たちは間違った事やウソは言って無い。
外国人だから・・とか、女性だから・・とか、言葉が通じないから・・とか
そんなの許せない!
なんだか無性に腹が立ってきて・・

私はアービィの前に立ち
「あなたは私の頭、髪、顔をこうやってなでたでしょう?
ほっぺたをこうやって触ったでしょう?私はやめてと言った」
と顔を見てジェスチャーと共に言ったら、なみちゃんも側に来て
「肩や足を触ったでしょう?手を握ったよね」と言った

私服男性に、「英語が話せる人いる?」
「いない」
「トルコの辞書を取って来ていい?」
「ダメ」
「私たち、トルコ語話せないよ」
と言ってるのに、話を始める私服男性。
も~融通が利かないんだから・・(この私服男性にもムカついた!)

「何が聞きたいの?」
「何を話せばいいの?」
「ゆっくり話してね。私たち解らない・・」

しばらく話をしていて、「バスに戻っていいよ」ってOKが出た
「彼らは?」
「後で・・」
「OK!じゃ~ね」と部屋を出た。

元々の原因は私たちなんだろうけど、
なぜこんな大問題に発展してしまったのか?
もう、わからない(-_-;)

私たち以外の乗客に迷惑をかけた事も・・申し訳ない m(_ _)m
15分~20分は部屋に居たのではないかしら?
元々、休憩時間を何分用意していたか知らないけれど・・
遅れた事は確かだと思います。

部屋を出て、階段の下で待っていると5分ほどしたら3人が降りてきた
オカンが「Tシャツを買う」と言て、店に服を買い求めに行ったので待って
5人でバスに戻った。
サービス係りの人が代理で乗ってくるのかと思ったけど
そのまま傷の手当てをして交代せず乗って来た
彼は、仕事を放棄する事無く最終まで一緒だった

なんだかものすご~く居心地が悪かった(-_-;)
早くムシュに着かないかな~

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

や・め・て!

9月23日(火)

寒い寒い数時間を何とか過ごした後、暖かいスープを飲みに・・
バス会社の待合室でバスの出発時間までウトウト

しばらくして・・
「バスの出発の時間が来たよ~」と呼ばれてバスに乗り込んだ

バスの中はとても快適 (^▽^)ノ☆
コロンヤのサービス、飲み物のサービスを受けて・・
程よい振動が重なり、即効眠りにつきました(_ _)zzZ

何度か停車しては、人々が乗り降りしているようです
ウトウトしてるので・・感じだけ・・(_ _)zzZ

何度か車窓から外を見た記憶はあるのですが・・
全く景色の記憶がありません・・ほとんど夢の中・・(_ _)zzZ

何度目かの停車で「かずみ!起きて!」
「何?」
「食事に行くよ!」と起こされた

お腹は空いていなかったけど、暖かいスープだけ飲んで
トイレに行ってバスに戻って眠った・・(_ _)zzZ

フッと目を覚ましたら、満員だったバスの中に空席がたくさん!
1人2席確保して座る事に・・
一番後ろの左座席にオカン、右座席にファティ
オカンの前に私、ファティの前になみちゃん
私の前となみちゃんの前に空席が無かったので、少し離れて
私の3席前の空席にスレーマンが座り・・(_ _)zzZ

しばらく順調にバスの中でウトウト・・(_ _)zzZ
どれだけ寝るの?って感じですが・・
実際、バスの中で起きていたのは最初の数分間だけ

※トルコの長距離バスには
 運転手1名に、サービス係りの乗務員が1名乗車します
 コロンヤを振舞ったり、飲み物・軽食を配ったりします

すっかり真夜中になり、バスの中が静まり返り寝息しか聞こえない頃
私は窓側に頭を傾けウトウト眠っていた・・(_ _)zzZ

サービス係りの人が小さなクッションを持って
「これを使いなさい」と言って窓と頭の間にクッションを入れてくれた
「ありがとう」と寝ぼけながらもお礼を言って
クッションをもらって再び眠ろうと目を閉じたのですが・・
「日本人?ようこそトルコへ」と言って手を握ってきたり
「可愛いね~」と言ってほっぺをツンツンしたり、頭をなでたり
「やめて!」と言うとやめてくれた
でも、サービス係りが私の側から離れない

ずっ~と気配があるのが不気味だったのですが・・
トルコ人の方々が日本人をジーッと見るのは珍しく無いので
あまり気にしないようにしていたのですが・・

「こうする方が寝やすい・・」「こうする方が楽になる・・」
と言ってはクッションを動かすので、寝れない(-_-;)
しっかり目が覚めてしまった(-_-;)

少々、うっとし~い!と思い始めていた私
「大丈夫だから、あっちに行って!」と言ったら行ってくれた
ホッとして目を閉じて・・しばらく・・

子供をあやすように頭をなでてくる手・・
「眠れる?大丈夫?問題ない?」と聞いてくるサービス係り
「ありがとう。問題ない!」と言って、
うっとしいので目を閉じて無視しよう!と決めて、目を閉じていたら・・

頭だけじゃなく、顔や肩・腕・太ももまでなでてきた
周りは寝ている人ばかりで、大声を出すのは遠慮して
「やめて!もうあっちに行って!」と何度も繰り返し・・
だんだんイライラしてくるし、ムカムカする。
ちょっと大きな声で「やめて!」とはっきり言うとやめてくれた
けど、ジーッと見てる
(前の席には誰も座っていないようで、背もたれにあごを乗せて
ずっ~と見てるのではっきり言って本当に不気味)

「今、かずみちゃんの方にいるの?」となみちゃんの声
「男の人?うん!この人うっとし~んだけど・・何?」
「さっき私の所にも来た。髪とか顔を触ってきた」
「イライラいするんだけど・・大きな声を出すと回りに迷惑だよね?」
「う~ん。後ろ2人に言う?起こそうか?」
「問題が大きくならない?」
「なるかも・・あ!こっち来た」

「も~体触られるの気持ち悪い!(日本語)
やめて!(トルコ語)ムカツク!ファティを起こすわ!(日本語)」
「じゃ~こっちも起こす?」
「起こして!」
と2人を起こし始めたら、サービス係りの人はバスの前に走っていった

突然起こされた2人に、今までの事を話すと
「話を訊きに行ってくる!」と前に動いた。

しばらくして戻ってきた
「かずみ!なみ!アービィは何もしていないと言ってる」
「アービィは嘘つき!」
※(abi:アービィ=お兄さん)ですが、この場合のアービィは私達が日本で
 一般的に呼ぶ “お兄さん” という意味です
「話し合いをするよ」
「もう、後でいいよ」
「じゃ~後で話をする」
「もう、私たちの所には来ないでしょう!」
「寝よう!」
「おやすみ」「おやすみ」
「おやすみ」「おやすみ」
と言ってこの時はみんな眠ってしまった
多分、みんな眠くて・・

特に私は食後に風邪薬と鎮痛剤と酔い止めを飲み
眠くて仕方がなかった(-_-;)
常にウトウトした状態で・・頭がボーッとしてた
今何時だろう?
外は真っ暗・・どの辺りを走ってるんだろう?
そんな事を思いながら、時計を見る事も無く睡魔に勝てずにいた(_ _)zzZ

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

やっと夜明け!

9月23日(火) 夜明け

朝、6:00
日も昇り今日のイスタンブルの天気は良いスタート(^0^)v♪
ちょっと冷えるけれど・・(これは一晩中変わらなかった)

オトガルもスタートしてるかな?
それより、ロカンタはオープンしてるかな?

本当に暖かいスープを飲みたい
チャイでもトルココーヒーでも良いから、暖かい飲み物を!
贅沢が出来るなら、煮込み料理があればいいな~(^-^)
お店が暖かければなお更良いんだけど・・
(ここより寒いお店を見つけるのは難しいだろう・・)

運良くすぐにロカンタが見つかりました
朝ごはんを食べて、満足♪
“食事”って、本当に大切&ステキ ('-^*)
精神的にも、肉体的にも・・かなり安定した感じ!
思考能力も復活してきて、これから何処に行き何をすればいいか?
なみちゃんと2人で考えた
(も~トルコ人の彼らの考えにはついていけないから・・)

オトガルに行き、予約したバス会社に行き預けたカバンを出してもらおう
歯を磨きたいし、風邪薬と鎮痛剤を飲みたい
(ちょうど生理中で、生理痛のひどい私は薬が必須!)
コンタクトを外して眼鏡に替えたい
バス会社に待合室が有ると思うので、そこに行こう
椅子に座れるかもしれない

行き先が決まれば行動するのは早かった
オトガルも開き、バス会社も開いてた
7:00には、待合室の椅子に座り身体も暖まってウトウトしてた
小さな椅子の上でゆっくり眠れるわけじゃないけど・・
雨で湿った土の上や冷たいアスファルトよりは何十倍も心地よかった
部屋の片隅にTVがあって、音量を低くしてニュースが流れてた
なみちゃんと横に並んでホッと安心してウトウト

出発時間が来るまで待合室を一歩も出ず、ゆっくり過ごした私たち
さぁ~これから27時間のバスの旅
ムシュまでは、遠い☆(>ω<)!!!

☆~・~・~・ プチ・トルコの長距離バス情報 ~・~・~・~☆

トルコの長距離バスは快適 (^▽^)ノ☆ヾ(^▽^)
多少、バス会社にも依りサービスは異なりますが・・快適です (*^-^)b

全席指定で、予約制です。
イスラム教の問題で、女性の横には男性は座れません
(家族・親戚は別ですよ)
だから、女性1人旅の方でも安心です
トルコ女性は1人で旅行される事は少ないので、
隣に来られるのは外国人の女性の方になると思います

バスが大きいです(私が小さいのでそう思うのかな?)
そして、内装がとてもキレイで気持ちがいいです
多分・・ほとんどのバスはベンツです(どのバス会社も)

運転手1名に、サービス係りの乗務員が1名乗車します
サービスというのは(バス会社によりますが)、
乗車してきた時(トイレ休憩後)に、お絞り代わりにコロンヤを振舞います
飲み物や軽い軽食などを配ります
もちろんチケットのチャックや預けたカバンの出し入れなどもされますよ

トルコは広いです
でも、どの地域にもいけるように路線があります
必ずバスで行けます
しかも、安い!
トルコ国内旅行をするなら、バスを利用して下さい

安くて便利な長距離バスですが・・
同じ目的地に行くバスですが、会社により値段が違ったりします
今回ムシュ行きが決まった時、
>ムシュ行きの格安チケットバス会社を探すのはトルコ人に任せましょう
(今回は楽だな~(^o^)v)<
と書いた訳は・・何社もまわって値段交渉をしなくて良かったこと
ムシュまで行くことが想定外だったので、下調べも何もしていなかったし
まず・・気力が無かった(-_-;)
結構、私たち2人とも駆引き好きなのでいつも話し込むのですが・・
今回は任せきっちゃいました

でも・・
行って、帰ってきてから気がついたのですが
大都会“アンカラ”に経由するんですよ・・。
一晩中寒いオトガルで過ごさなくても、アンカラ行きに乗って
アンカラで、ムシュ行きに乗り換えれば良かったんじゃないのかな?
直通便の方が便利で安いし、早いかも知れないけれど・・

まぁ~これって、経験したから言える意見なんですけどね(^ ^;)
やっぱり下調べは必要です
しっかり目的地が決まれば、調べてからチケットを買う方がいいです

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

火を消して~!

9月23日(火) 深夜~朝

朝の11:00発のバスでムシュに行くことが決まり
出発までオトガルのそばで一晩過ごすことを決めた私たち
周囲は真っ暗で寒く、朝までこのまま過ごせるか?不安いっぱい(´Д`;)
そんな中、突然周りが真っ赤になった

寒くなってきたから、これを燃やそう!と言って
たくさんのダンボール箱を持ってきて燃やしだしたスレーマン
いきなり紙を大量に燃やしだしたから、辺りは炎真っ赤!
本当に真っ暗な場所が一部といえ・・
絶対この光景を見たら火事と間違う人がいるよ~☆(>ω<)
早く消して!早く!早く!

「早く消せ!」って言ってるのに
「キレイ!」「暖か~い!」って・・(確かに、暖かいけど・・(-_-;))

コラ!
「まだ、あるよ~!」ってダンボールを足してどうする (>_<)!!!
「人が来る前に早く消して~」
「お巡りさんがウロウロしてるのに~」
「お水は?」

暖を取ることしか考えていないスレーマン(きっと思いつきの行動(-_-;))
炎を消す時のことなんて気にしていなかったようで
水の用意なんてしていない
簡単に火は消せない!
ビールを飲んでいたから、ビールで消そうとしたら
トルコ人3人と言い合いになった

この環境状況で、焚き火をする事は正しいのか?
私たちの考え方が間違ってる?
何が正しくて、間違っているのか・・も~よくわからない(>_<)!!!☆

生活環境の違いから考え方の違いがくるのか?
性格の違いなのか?
認識の違いなのか?
今でもよく分からないけれど・・
この先、よく言い合いになることになる・・(=_=;)

なんとか炎を消して・・落ち着いた
まだ、真夜中の2:00過ぎ、朝までまだまだ(´Д`;)

アスファルトの所に座っているとお尻から冷えて・・寒い
土の上に座ると、昨日夕方から雨が降っていたのでまだ乾いてなくて
じっとり濡れて気持ち悪い&寒い
じっとしてるのも飽きてくるし、座っているとお尻が痛い!
その辺をブラブラ散歩でもする?
それは色々な意味で危険!
その場で体操でもする?
汗をかいた後、寒くなるから・・動き過ぎないように!
歌でも歌う?
ダメ!声が響くし・・歌いだしたら絶対踊りだすでしょう?
静かに朝を待つように心がけて!

寒いんだけど、やっぱり自然と眠くなる
「ダメ~眠っちゃ!死んじゃう!」ってここでそん訳ないけど(-_-;)
よく、TVや映画でみるシーンはウソじゃないね~
寒くてガタガタ震えるんだけど・・眠い(_ _)zzZ

時々、そばをパトカーが通って行く度に
ビクッとするのもドキッとするのことも無くなった(^ ^;)

ビールも飲み干し、燃やしていないダンボールがまだたくさん有るから
これを布団にして寝る!って言ってしっかり眠りにつくスレーマン
(彼は本当にマイペース)
4人でトルコ語で話をしていたけれど、私たち2人のトルコ語にも限界が。
トルコ語で話をするのも面倒だし、頭が痛くなる(-_-;)

「なんで?こんな事になったんだろうね~?」
「この子達を信じて行くことに決めたけど・・不安になってきた(-_-;)」
「予定が大きく変わちゃったね(^ ^;)」
「今までに無いパターンだから、きっと忘れられないよ~」
「まだ、始まったばっかだよ!」

そうです!
この “旅” は、まだ始まったばかり
「えっ?」「何?」「ゲェ!」「はぁ~?」の連続
私たちの想像をはるかに超えた旅の始まりでした

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

オトガルでの夜

9月22日(月)

今日中にムシュ行きのバスに乗る予定が・・
「今日出発のムシュ行きのバスは無い!」って言われて仕方なく
明日、11:00発のバスを確保したまでは良かったが・・
これからどうする?
と・・ やってきたのはロカンタでした。

まずは、食事をして落ち着きましょう
イフタルを無視して、食事をしながら話し合い
も~真面目にオルチュしていた日々は遠く・・懐かしい(^ ^;)
(実際・・この日を境に、オルチュを止めました)

オトガル(長距離バスが発着するバスターミナル)の近くのホテルに
泊まるのはお金の無駄使い!
じゃ~ホテルに帰って、明日10:30にオトガル待ち合わせは・・?
電車代の無駄使い!
あのね~

オトガルの近くに一晩いればいい
朝までゲズメすればいい
(何かと言うと “ゲズメ:散歩” しよう!とすぐ言う彼ら)
夜は寒いと思うよ~
一晩中、歩いていられないでしょう?!
ゲズメするなら海がいい!
海はパス!だいたい海をゲズメするならエミノニュまで戻らなきゃ
エミノニュ戻るなら、もうホテルに戻って寝る

結局、一晩中オトガルにいることに決まりました。
こんな事も有りかな?なんてなみちゃんと話しをして
彼らと合わせることにしたんだけど・・(-_-;)
そもそも、この考えが甘かった
(3人と別行動をして、ホテルに帰れば良かったにに・・
この時、この選択肢は思いつかなかった。
なみちゃんと今でもこの時の話題が出ると・・
自分達の取った行動の愚かさに情け無くなってしまう)

だいたい・・オトガルに、一晩中いれなかった
各バス会社はシャッターを閉めて、オトガル全体が暗闇の中に・・
早い話・・追い出されちゃいました(-_-;)

元々オトガルはダウンタウン郊外で周辺には何も無い
カルフールと、もう1つ大きなお店が有ったハズ ・・(名前に記憶が無い)
そこもきっと真っ暗だろうなぁ~
本当に周囲は真っ暗だし、寒くなってきたし、人々はいなくなる

男性と女性の違いが有るかもしれない
トルコ人と日本人の違いがあるかもしれない
年の差や経験や性格やその他色々と・・
数え切れないほど “違い” があって理解出来ない事がたくさん

今までだって言葉の壁があって・・
伝えきれない気持ち、伝わらない気持ち
理解出来ていない気持ち、納得出来ていない気持ち
イライラしたり、悲しんだり、勉強不足の自分が悔しくて、情けなくて・・
どれだけ落ち込んだかわからない

周辺を歩いて(ゲズメじゃないよ)落ち着ける場所を探す間
ビールが飲みたい!ビールを買ってこよう!
お店、空いてないよ
誰かビールを売ってくれる人を探す!
え~ ヽ(゚◇゚ )ノ!!
と、どこかへふらふらと1人歩いて消えていくスレーマン

タバコが無い!(3人ともかなりヘビースモーカーだと思います)
吸わなきゃいいじゃん!(なみちゃんはタバコが好きじゃない)
タバコ!タバコ!
日本みたいに自販機無いからね~
諦めるしかないね~と話を(日本語で)していたら・・
探してこよう!
どこに?
タバコを持ってる人!
はぁ~ ??(゜Q。)??
と、走って消えて行くオカン

手をつないで歩いたら暖かくなるよ!
じゃ~なみと手をつないで歩くよ
抱き合ったら暖かくなるよ!
あ~本当!かずみと抱き合ったら暖か~い(*^-゚)v
仲間に入れてよ!
なんで?
ここから見える夜景がキレイ!
あそこの上まで行ったらもっとキレイ!
走って行ったら暖かくなるよ!
確かにね・・その後、きっと汗が引いて寒くなるよ(=_=;)
3人の中では、少しまとも?なファティだけど・・

このトルコ人3人組の行動や言動を見てると
なぜか私たち2人はイライラ
結局ビールを手に入ったら3人で宴会を始めて
タバコが手に入ったら、3人で仲良く吸って・・踊って、歌って騒いでる
楽観過ぎじゃありません?

パトカーが巡回しているのか、何回かパトカーを近くで見ている
また声をかけられたら、ややこしいだろうなぁ~
別に、悪い事をしてるわけじゃないけれど・・
面倒な事になること、間違いないなぁ~

なんて話をなみちゃんと話をしていたら・・
突然、周りが真っ赤になった
(◎O◎)!!!! 何?
(◎O◎)!!!! 火事?

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

11:00のバス

9月22日(月)

ムシュに行くには27時間かかるらしい
「夜に出発する便がいい!」という訳で・・夕方までに準備を。

ホテルのフロントのおじさんにヨーグルトやフルーツや飲み物など
食材を全部「食べておいてね」と渡して・・
いつも部屋をお掃除してくれているおじさんに
「明日からしばらくお出かけするのでよろしくね」と挨拶して・・

ホテルのフロントにパスポートをもらって、オトガルに行きましょう(^0^)v♪

オカン・ファティ・スレーマンと待ち合わせ場所で会い
電車を乗り継ぎオトガルへ(2日前にも確か来た(-_-;))
ムシュ行きの格安チケットバス会社を探すのはトルコ人に任せましょう
(今回は楽だな~(^o^)v)

何社か交渉した結果・・
11:00出発のバスに5人分の席が取れる会社があったらしい
代金を支払って、チケットを購入

チケットを確認! バスの便名と座席に出発日時と・・
え ??(゜Q。)??
出発日時・・9月23日の11:00?
ちょっと・・今日何日?

今日は9月22日でしょう?
これ、明日のチケットじゃない!

11:00って・・朝の11:00?
夜に出発する便がいいって言ってたでしょう!
ちょっと待って!
と、バス会社のチケットカウンターでファティとオカンと話し合い
(スレーマンは荷物番をしていたので側にいなかった)

バス会社に今日出発する便は無いのか尋ねると「無い!」という
「今日出発したい!出発出来るバスを探す!」という私たち
「今日出発するバスはもう無い」というファティ
「もう、ムシュに行くのはやめてイスタンブルにいよう!」というオカン

「うるさい!その意見は聞かない!」
「黙って!イスタンブルには残らない!ムシュに行くの!」
「あなた1人、イスタンブルに残りなさい!」
「なみとかずみは、ムシュに行く!」
「ムシュに行く!って決めたの!」

もともとオカンは、ムシュ行きに賛同していない感じ
スレーマンは、みんなが行くなら一緒に行く!って感じ
ファティは、是非ムシュに行こう!って感じ
トルコ人3人の気持ちが違うので、取り組み方が違う(=_=;)

言いたい事は山ほど有るけれど・・今日出発するバスが無いなら仕方無い
いつまでもカウンター前でやり合っていても無駄
もう、お金を支払ったし・・「これでOKです。ありがとう」
とバス会社の人に挨拶をして立ち去った

で!
今からどうする?
ホテルに帰る?
「行ってきま~す」・・って挨拶して出てきたのに?
オトガルの近くのホテルに泊まる?
も~疲れた~(;´Д`)

ホテルに泊まるなんてお金の無駄使いだ!
オトガルに一晩いればいい
マルマラ海まで戻り、海を見ながら一晩過ごそう!
マルマラ海まで戻るなら、ホテルに帰るわ!
イライラするのはお腹空いてるから・・?
ご飯を食べに行こう!
チャイしよう!
あなた達ね~ヽ(*`。´)

どうする?イフタルより1時間くらい早いけど・・食事する?
荷物をどうしようか?
バス会社に預かってもらおう!
どこに行くにしても、このカバンは邪魔だと思う
必要な物だけ1つにまとめて、他は預けちゃおう!

あっ!お母さん達に今日バスに乗って行くね!と言ったよね?
ちょっと、ファティ!オカン!
お母さんに電話して、明日の朝11:00のバスで行くからって連絡して・・。

もう、行く!って決めたから・・
どんなことをしてでも行こう!って決心した私たち
ムシュって町がどんな所か全く分からないけれど・・
冒険?は始まった★(>_<*)

イフタルより少し時間が早いけど、食事にしますか?
荷物を預けて身軽になって、とにかく落ち着きましょう(^ ^;)

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

かずみkedi

Author:かずみkedi
最近、お気に入りはトルコ☆
永住を狙っているのは・・・
カナダ☆
色々な人々の愛に支えられ
大空の下、頑張ってます♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

黒ねこ時計 くろック D04

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。