10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムシュに行こう(^o^)/

9月21日(日)

昨日の夕方から雨が降り、今朝もポロポロ
かなりこの2・3日で気温が下がり・・寒い。
昨日の夜の町の温度計は11度でした(>_<)!!!

なぜか・・今日もオカン・ファティ・スレーマンの3人と共に行動。
長袖を日本に置いてきたから、1枚ジャケットかカーディガンを買おう!
しかし・・9月のイスタンブルってこんなに寒かった?

彼らと行動を共にして、話に出てくるのが
MUŞ:ムシュはとても良いところ」と自分の故郷を褒める事
彼らはよく家に(特にお母さん)連絡をしている(毎日数回)
田舎の友達にもよく電話をしている

相手が出る度に「今、日本人のなみとかずみと一緒にいて・・」と報告
「電話に出て!出て!」と・・

トルコの人全員がこういう行動を取るわけでは無いですが・・
この「電話に出て話しをして!」という行動は彼らに限らずよくある事で・・
真相は分からないけど、日本人好きのトルコ人なので
より多くの人が日本人と話しが出来るように?連絡をとってる?
ちょっとした自慢?

今日もオカンとファティはお母さんや友達に電話をして
「電話に出て!」「話して!」と携帯をまわしてくる(^ ^;)

最近、よくこの2人と一緒にいるので2人のお母さんと話をしてます
いつも「ムシュに遊びにおいで!」と言ってくれます
特にファティのお母さんは「ムシュにおいで!」と呼んでくれます
「あなた達の食べたい物を作って待っているから、是非おいで!」と・・
ファティもムシュに行こう!行こう!っと誘ってくれるので・・

ムシュに行ってみようか?
ムシュの情報が何もないけど・・
地図で確認してみると・・東アナトリアでタトゥワンやワンの近く
イスタンブルから長距離バスで27時間
ガイドブックには全く紹介されていない町

東部地域に行く場合・・
色々な面で問題があるので、下調べも必要
出来れば個人旅行を避けてツアーで行くように!と注意を受けた事もある
どうする?

今までに踏み入った事の無い地域
勉強不足・情報不足のまま行動する?

信用するしかないね!
あの子達3人を信じて、ファティとオカンのお母さんを信じて・・
私たちの直感を信じて・・ムシュに行っちゃう?
こんな事がなければ、きっと
ガイドブックに載っていない町に行くこともないだろうし・・

決定!ムシュに行こう ヾ(≧▽≦)ノ

行くなら早い方がいい!
明日に行く?
明日、オトガルに行ってチケットを購入しよう (^o^)/
チケットが、取れますように
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

ヽ(*`。´)

9月20日(土)

オカン・ファティの友達スレーマンが田舎からやって来る!って事で
オトガルまで迎えに出て、無事に出会った私たち
5人でタクシーに乗り、遊園地に来たけれど
あまりにも遊園地が小さくて、楽しめる雰囲気じゃない
とりあえず、ベンチに座ってお喋りを始めたら・・・

ガードマンがやって来た
オカンが代表で1人ガードマンの話を聞きに行った
オカンが自分の身分証明書を見せ、5・6分話をしていたかな?
(トルコ国民は身分証明書を必ず持ち歩いています)
何がどうなったのかわからないけど、ここに居ちゃ迷惑みたい
「どうして?」
「日本人が話をする場所じゃない」
「なぜ?」
ガードマンの話に、どうしても納得出来ない私たち

ベンチが横にずっらっと並んでいて、ベンチの上には
屋根までちゃんとついていて、寛げるようになっている
ベンチの前は遊歩道?ジョギングコース?になっているのか
走っている人が何人かいた。
ちょうど、イズミルのキュルテュル公園の中みたいに・・
何が問題?

よく分からないまま、その場を離れ
納得出来る説明もないまま、場所移動を始める

「海を見たい!海を散歩したい!」というスレーマンの意見により
マルマラ海が見える海岸で散歩をする事に・・
(彼らの田舎MUŞ:ムシュには海が無いそうです)

それじゃ旧市街に帰りましょう!
タクシー乗り場があるわけじゃなく、どうやって帰るのかな?
と思っていると、とにかく大通りに出てオトガルの方に向かって歩く
流しのタクシーを見つけると、オカンが甲高い大きな音の指笛を鳴らした
キュッ!
とタクシーが止まったのでビックリ (◎O◎)!!!!
トルコのタクシーは、こうやって止めるのか~(^o^)v⌒♪
指笛がならせない人はどうするんだろう?

「かずみちゃんは、指笛ならせたよね?」
「うん」
「じゃ~これからタクシーを指笛で止めよう!」
「今度、やってみる?」
「やろう!」
(私、スキューバーをやっている関係で沖縄の友人が多く
 沖縄で祭りといえば・・指笛をならして盛り上げる!と教えてもらい
 沖縄県人に指笛を習い・・練習をして結構出来るようになったの。
 沖縄の友人達!トルコで指笛が役立つ可能性ありです
 教えてくれてありがとう(^-^)
 でも実際、女の人は指笛で呼び止める事はしないそうです)

タクシーに乗り、電車を乗り継ぎエミノニュに・・
海辺をしばらく散歩して、腰を下ろした。
(途中でビールを購入。彼らはオルチュをしていない)
ファティは田舎でサズ(トルコの弦楽器)の先生をしてたらしく音楽好き
スレーマンは踊りが好きなようで・・2人で踊ったり、歌ったり♪
田舎の民族音楽を披露する!と言って3人で手をつないで横に並び
ハンカチを持ってクルクル回し、歌いながら踊って楽しんでいた

トイレに行きたくなったので
そんな彼らを残し、なみちゃんと2人で行くことに・・
トイレの帰りに、海辺を歩いてるとナッツ売りのワゴンが!
トルコはナッツ類がとても美味しくて、種類も豊富
オルチュを始めてから “おやつ” を食べていないから・・
久しぶりにナッツ類を何種類か購入してお金を支払っていると

パトカーに乗ったポリスが「何をしているの?」と英語で声をかけてきた
イスタンブルのポリスは評判が悪い
(もちろん、イスタンブルの全部のポリスが悪い人ではないです)
特にビーチパトロールには注意するように色々な人から言われている

「ナッツを買っているの」(英語)
「日本人?お金は?カバンは?パスポートは?」(トルコ語)
なぜ?お金の事を始めに訊くかな?
しかも、パトカーから降りずに・・窓を開けて、運転席から直接ですか?
益々、怪しい (-。-)!

「日本です。パスポートはホテルのフロントに預けてます」(トルコ語)
(初めてのトルコ旅行・・ “パスポートは宿泊するホテルに預けましょう!”
 と現地ガイドに教えてもらった
 それが本当に正しいのか?ど~か分からないけれど・・
 長期滞在する私たちは、宿泊するホテルのフロントに預けてます
 持ち歩くのは、パスポートのコピーと国際ライセンス)

「それは問題がある」(トルコ語)
「問題?何が?」(トルコ語)

・・・・・

「名前は?」(トルコ語)
「かずみです」「なみです」(トルコ語)
「英語で言って!」(トルコ語)
じゃ~英語で質問して!何がききたいの?(日本語)
「かずみです」「なみです」(英語)

「パスポートはホテル?」(トルコ語)
「パスポートはホテルのフロントに預けてます」(英語)
「何?トルコ語で!」(トルコ語)
いい加減にして!このお巡りさんおかしい?(日本語)

「ホテルのフロントに預けてる」「ホテルに電話して確認して!」(トルコ語)
「車に乗って!」(ここから全てトルコ語で会話)
「お断りします」「車に乗ってどこ行くの?」
「私たち、パスポートのコピーと国際ライセンスを持ってます」
出しているのに、見ようともせず・・

「ホテルに電話して確認して!」
ホテルの名刺を差し出しながら・・「ここに電話して!」
これも出してるのに、見ようともせず・・
だんだんムカッときた私たち・・

「あなたの名前は?」「なぜ車から降りて質問しないの?」
「あなたの名前を教えて下さい」「お巡りさんだという証明は?」
「IDを見せて!」「IDカードを持っているでしょう?」
「どうして車に乗らなきゃいけないの?」「何が問題なの?」
(偽私服警察官に注意!ってガイドブックに書かれているけれど・・
イズミルで警察の制服や帽子エンブレムなどを売っているお店がある事を
知っているので、制服警官でも “偽警官” がもしかすといるかも・・
って思っている私たち
警察官の証明書はイズミルで見慣れてる。
確認しないと簡単に信じられない)

立て続けに質問攻め!
もう、止まらない

(Canadaphotoさんへ・・ >慎重に行動してね~<
 という言葉を旅行前に頂いていれば思い出し、変わっていたかも?(-_-;))

向こうからオカンがやってくる
トルコ人がこれ以上増えると問題がややこしくなる
トルコ人が係わると、ろくな事が無い!
(言葉の壁で、私たちが蚊帳の外になる可能性が大きくなって
問題の展開がわからなくなる)
周囲の “何かもめてる?” って感じで見てる視線を感じる(-_-;)

するとポリスは何も言わず走り去って行った
凄いスピードで!
なぜ?
よく分からないけど・・

納得いかず・・少し腹が立って・・でも、何も無かったのでホッとした。
「何かあったの?」とオカン
「何も・・」「ナッツを買ったよ」「みんなで食べよう」
と合流してお喋りしてたら
(も~オルチュ今日もやめて、ナッツを食べちゃいました(^ ^;))
さっき購入したナッツの売りのお兄さんがやってきた

ファティと2人で話をしてるんだけど・・なにやらもめてる?
オカンとスレーマンも会話に参加
スレーマンは笑ってるけど・・ファティとオカンは怒ってる?

「どうしたの?」
「このお金は偽札!」
「なぜ?」
「ポリスと話をしてた」
「それで?」
「君たちは怪しい」
「ナッツは食べたよ。」「そのお金は、アタチュルク空港で両替した」
「お金を替えて!」
「問題ないよ」「も~面倒だから替えれば?」となみちゃん(日本語)
「替えて!」
「替えても、私が出せばまた偽札って事にならない?」(日本語)
「単純だから問題ないんじゃない?」(日本語)
「1枚だけ偽札って事?ばかじゃない?そこまで、ばかかな?」(日本語)
「わかんないけど・・(-_-;) 試してみたら?」(日本語)
(生活費は全てなみちゃんが管理していて、財布を持ってますが・・
その他遊びに使うお金や交際費は私が管理して、お財布を持ってます。
この場合は私がお支払い担当になります)

私達が日本語で話し合っている間、トルコ人はもめている
なんだか疲れた (-_-;)

「このお金はいらない!替えて!」←これしか言わないから不気味!
「ハイハイ。これで良い?」
「OK!」
「お札が変われば納得したんじゃない」(日本語)
「これってコント?また文句言いに来ない?」(日本語)

ファティとオカンは納得していない様子だけど・・
も~面倒臭い!
「OKでしょう?、もう早く行って!」
とっとと、お札を交換して去って行ってもらいました
今日は、厄日?

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

(-_-;)

9月20日(土)

昨日、オカンとファティと偶然に出会ってお茶した私たち
その時話をして・・「明日、会おう!」って事で、今日は彼らと待ち合わせ

会っていきなり、
「オトガル(長距離バス発着のバスターミナル)に行きたい!」と言う
「なぜ?」
「いいから、いいから」「驚くよ~楽しみにして!」
オトガルに何が有るというのか?

オトガルに着いて、ウロウロと歩き出し携帯電話で話をしている
誰かを探しているのかな?
しばらくすると、1人の男性がやって来て
「田舎から遊びに来た友達で~す」「スレーマンと言いま~す」
と私たちに紹介する2人

「驚いた?」
「なぜ?」 「はぁ?」「驚くわけないでしょ!」
「え?また、友達が来るとは思わなかったでしょう?」
(サプライズにも、ドッキリにもなってないよ!)

「友達を迎に来ただけ?」
「わざわざオトガルまで来たんだよ!これから何処行くの?」
「スルタンアフメットに戻る?」
「今さっき、そこから来たんだよ!」
「それだったらスレーマンと会ってから、私たちと会えばいいじゃない!」
「いったい何考えてんの?」

電車を乗り継ぎ・・ここまで来たのに・・。
(当時・・なんだか無性に腹が立って、情け無く思えて仕方が無かった。
私たちが振り回されているこの状況がイライラしてたのか?
彼らの考え方について行けず、イライラしていたのか?
イズミルからイスタンブルに生活の場を変えてまだ慣れなくて起こった
生活疲れだったのか?
慣れないオルチュをして、単にお腹が空き空きでイライラしてたのか?
さまざまな要因が重なって、思考能力が麻痺していたのか?
今でも・・わからない(-_-;))

こいつら馬鹿?(-_-;) (思わず言葉使いが悪くなってしまう(^ ^;))
こいつらの考えてる事が全くわからん!(日本人とトルコ人の違いか?)
ここまで来た理由がこれ?
これだけだったら・・しばく! (*`へ´)ノ
と、日本語でブツブツ会話をしていたら・・

「ルナパルク(遊園地)に行こう!」と言い出した

イズミルの遊園地(キュルテュル公園内)は夜遅くまで賑やかで
キラキラとイルミネーションがキレイで、よく夜遊びしました
イスタンブルの遊園地は、今まで一度も行ったことがない
是非、行ってみたい(^0^)v♪

大都会イスタンブル!
きっと、イズミルの遊園地より大きいに違いない
行こう!行こう!
タクシーに乗り、いざ出発ヾ(^▽^)ノ

10分~15分?走ったでしょうか?
着いた遊園地は・・イズミルの遊園地とは比べ物にならないほど
ちっさ(>_<)!!!☆

アトラクションが何も動いていない (昼間だから?)
人がいない (ラマザンだから?)
静かで・・音楽もない (遊園地らしさが何もない!)

えっ!?ここがイスタンブルの遊園地ですか?
私達はここで何をするんですか?

とりあえず中に入って歩いてみよう!
アトラクションが5つ有って・・全部が子供向きの小さな物ばかり
乗りたい物も、興味をひく物もなかったので
反対側に出て(歩いて5分)、ベンチがあったので座りお喋りすることに。

電車を乗り継ぎ、タクシーに乗り・・着いた所が小さな遊園地って・・
悲しすぎる (´Д`;)
ここまで来て・・ベンチでお喋り?
しかも・・遊園地ので?

イズミルより大都会のイスタンブルだから、絶対大きな遊園地だ!って
勝手に想像してしまった私たちにも落ち度はある(-_-;)
勝手に期待した私たちも悪い(-_-;)
認めます・・。

さて・・これから何しよう?
楽しまなきゃ~(^0^)v♪
とにかく、今日も一日・・楽しい時間を過ごしたい!

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

チョルバ(スープ)を飲みに・・

9月19日(金)

キュチュックアヤソフィアを出て「わぁ!さぶっ

もうすぐイフタルの時間だし、ブラブラしながら食事に行こう!
(イスタンブルの町には、気温が表示されていて・・
 この時間は17度で、先日雨が降ってから寒くなりました)

「ちょっと寒いから、暖かいチョルバ(スープ)でも飲みに行かない?」
「メルジメッキ・チョルバス(赤レンズ豆のスープ)がいい!」
「エゾゲリン・チョルバス(挽き割り小麦入りのスープ)がいい!」
「ダメ!エゾゲリンは唐辛子が入って辛いから嫌!」
「かずみちゃ~ん!そろそろ辛い物に慣れれば・・美味しいって!」
「・・・!」
と、何のスープを頼むかもめながら(1人一皿頼めば問題ない・・(-_-;))
歩いていると、どこからか口笛 or 指笛が!

きっと私たちを呼んでいるに間違い無いんだろうけど、絶対振り向かない!
無視して歩き続けて行こう!

しばらくしたら、後ろから誰かが走ってくる足音
ドンッと背中を押されてこけそうになった
「なみ!かずみ!どうして無視するの?」とファティが息切れしながら言う
「危ないな~無視なんてして無いよ」
「名前で呼ばれてないもん!」
「口笛じゃ私たちを呼んだと分からないでしょう!」
と猛反撃に出てしまった
悪気は無いと分かっているんだけどね・・
後ろから遅れてオカンもやってきた

「どこ行くの?」
「夕食を食べに!」
「どこに?」
「あっち!」
「どこ?」
「だから・・あっち!」
と訳の分からない会話が続き・・

「僕たちクリーニング屋に行くの」
「気をつけて!じゃ~またね」
「またね~」
とあっさり別れた

お目当てのお店が見つかって、お互いお気に入りのスープをオーダーして
(もちろん私はメルジメッキ・チョルバス(^o^)/)
「ビックリした~あんな所で会うと思わなかった」
「彼らはどこのクリーニング屋に行ったんだろうね~」
と先ほどの出会いにビックリした2人・・
美味しいヾ(≧▽≦)ノと満足してスープを飲んでいたら
(パン食べ放題で付いてきます)

目の前にオカンが!
え?
「なみちゃん、後ろ!」
「何?え、なんで?」
オカンが私たちの支払いをしているんです!
「オカン!支払わなくていいよ~」
「OK!OK!」
「OKじゃないよ!ヽ(*`。´) 」

店先でやり合う私たちを見て、お店の人が「ご馳走になりなさい」
って言うので、ここは素直にご馳走になることに・・。
ファティも気にしないでいい!っていうし・・

「15分後にまた来るから、チャイしよう!」って言うから
「OK!」って言うしかないよね(^ ^;)

仕方無い・・彼らとお茶して帰りましょうか・・。

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

キュチュック・アヤソフィア

9月19日(金)

トプカプ宮殿を出ると・・たくさんのネコが!

IMG_2165_convert_20091101150838ネコ1

トルコの町々にはネコがのんびりと寛いでいて、本当に可愛い('-^*)
ネコ好きの方は、たまらなく幸せ(^-^)
ネコ嫌いの方は、魔の通り道になってしまうかな?(^ ^;)
(私はとてもネコ好き・・というより動物大好き
 昆虫が嫌い!蛇は首に巻けちゃうくらい平気!)

※トルコには、ネコに限らず犬もたくさんいます
 圧倒的にネコの数が多いのですが
 イズミルでは以前より犬の数が増え、今回少し驚きました
 狂犬病に注意しなければいけないので、
 可愛いからといって手を出さない方がよいと思います。

※トルコの人がネコを振り向かせる時に使う言葉?は・・
 口をややすぼめ息を勢いよく吐き出しながら 「プシュプシュ」
 と言うと、ネコが振り向きます
 ネコはトルコ語を判断出来るのかしら?
 発音が悪いと、全く振り向いてくれません(-_-;)

※(全くの余談)
 何匹ネコを振り向かせられるか?ゲーム(*^▽^)ノ
 なみちゃんと・・ネコがたくさんいると 「プシュプシュ」を一度言って
 何匹振り向かせられるか競い合います
 どちらが上手にトルコ語を発音出来ているか?
 全くの目安にも、基本にもなりませんが・・(-_-;)
 たくさんのネコが振り向いてくれると可愛いです (^▽^)ノ☆ヾ(^▽^)
 皆様も是非!トルコでネコを見かけたら「プシュプシュ」言って下さい

何度も前を通っているけれど、一度も中に入ったことがなかった
“キュチュックアヤソフィア” に行こう!
と道中カメラで街並みを撮りながら歩いていくと
可愛い&オシャレなプチホテルの通りに出ました。

すると・・一軒のプチホテルからオーナーが出てきて
「屋上から見えるマルマラ海が綺麗なので、見て行って!
ホテルも可愛いいので気に入ってもらえるから!」とお誘いの言葉・・
「いや~ホテルはもう決まっているし・・(-_-;)」
「いいから!いいから!」

しばらくホテルの入り口で立ち話をしてたけど、屋上でお話ししよう!
って事で、ホテルに結局お邪魔しました(^ ^;)
外壁も内装も全て可愛いピンク色(桜色に近い)にまとめて
ランプカバーは花の形、壁に掛かっている絵も可愛い花の絵で・・
全体的にメルヘン的な感じのホテルでした
(私たちに似合うか~?)

屋上に出るとマルマラ海が目の前に見えて、爽やかな風
もうすぐしたら陽が沈む夕暮れ時

「チャイしましょう!」
「いや~(^ ^;) オルチュしてるのでいらない。ありがとう」
「残念・・!ではマルマラ海だけでも見て下さい」
「ありがとう!写真撮っていい?」
「はい。一緒に撮りましょう!」

写真を撮らせていただき、しばらくオーナーとお喋り!
(マルマラ海だけの風景写真も撮った。←ある意味こっちがメイン!)

「イスタンブル滞在中に食事でもしましょう」という提案を快くOKして
「今日はありがとう♪」と別れました

引き続き街並みをカメラに収めていると
家の前で日向ぼっこ?をしているお母さんと目が合って・・

「こんにちは」
「どこ行くの?どこから来たの?日本人?」
「キュチュック・アヤソフィアに行くの」 「日本から来ました。日本人です」
「遠い所から・・チャイでも飲んでいく?」
「オルチュしてるからいらない。ありがとう」
「ま~オルチュしてるの?偉いね~」

褒められたけれど、時々サボって・・勝手に休日作って食事してるから
そんなに偉くはない(^ ^;)
なんとなく肩身の狭い、居心地の悪い気持ちになりながら
家の前に座ってお喋りしました

「ね~ね~写真撮ってもいい?」
「嫌よ!お化粧してないのに~」
「とても綺麗だよ!」「笑顔が可愛いいし、私好きよ!」「撮っていい?」
「じゃ~1枚だけね」
と言うことで、1枚撮らせてもらいました
ありがとう♪

IMG_2178_convert_20091102142922女性2人

お母さん達と別れてしばらく歩くと・・キュチュック・アヤソフィアに到着
早く入館しなきゃ~閉館時間が来ちゃう!

IMG_2214_convert_20091101194755小アヤソフィア3

入り口におじさんがいたので閉館時間や入場料を訊くと
入場料は無料
「日本人?」
「はい」
「ゆっくりでいいよ。出る時に声をかけて。スカーフして入ってね」

ゆっくりでいいんだって!
お言葉に甘えてゆっくり見て行きましょう(^-^)

靴を脱いで、おじさんからスカーフをもらって中へ
中は広くて明るい!

IMG_2192_convert_20091101200624小アヤソフィア5

天井はこんな感じ・・

IMG_2191_convert_20091101210150小アヤソフィア5

「2階に上がっていいよ!」
って言っていただいたので2階にも行ってみました

2人ともジャーミィにいると落ち着くので、大好き(^-^)
キュチュック・アヤソフィアは、特別観光スポットになっていないのか?
(閉館時間ギリギリだったからかもしれませんが・・)
観光客は少なく、本当にゆっくり時間を過ごすことが出来ました
おじさん!ど~も、ありがとう(^o^)v⌒♪

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

トプカプ宮殿パート2

9月19日(金)

トプカプ宮殿は本当に見所がいっぱいヾ(≧▽≦)ノ
宝物館も素敵ですよ!

一番のお勧めはやっぱり重さ3kgの世界最大のエメラルドでしょうか?
エメラルドの時計が付いた短剣も見逃せない
世界有数の大きさといわれるダイヤモンドもあります
大きなルビーが重そうなターバンも飾られていて・・

オー(◎O◎)!!!!・・と驚き
ハァ~(-。-)・・とため息をつく宝石の数々
カメラ禁止!なので、「良いものを目に焼き付けておかなければ!」と
2人ともその場から離れない
きっと迷惑な日本人!と思われているかもしれません(-_-;)

トルコブルーを象徴したタイルも数々ありますよ

IMG_2148_convert_20091101135649ブルータイル3

一部を写真に撮ってみました
“青” さが伝わると良いのですが・・

IMG_2145_convert_20091101135601ブルータイル2

下の部分をアップにしてみました。
“青”のキレイさが伝わるでしょうか?

IMG_2147_convert_20091101135501ブルータイル1

写真の撮り方が下手で・・すみません(=_=;)
ガラスが反射して・・上手く撮れませんでした

他にも “スルタンの調理場” “陶磁器展示室” など・・
見学出来る場所がたくさん
日本・中国からの陶磁器や日本の鎧なども展示されています
展示品の数が凄くて迫力ありです

でも、今回は工事中の建物が多く・・
中の展示物を見ることが出来ない場所もあり残念でした

送迎門の近くに “赤い実” がなる木があって・・
2年前に訪れた時、赤い実を食べたら甘くて美味しかった(^-^)
今年もその実は生っているのかな?

IMG_2163_convert_20091101150625赤い実2

たくさん生っていましたよ~(^o^)/
見た目は美味しそ~
少しもらって食べてみましょう!

IMG_2161_convert_20091101150314赤い実1

甘い!
美味しい~(*^-^)b
オルチュなのに・・何も考えずに、5粒ほど食べちゃった(^ ^;)

ミュージアムショップに行き、トプカプの本とトルコ料理の本を購入して
閉館時間になりました
今日も楽しかったです(^0^)v♪

全部をご紹介するのは無理なので・・イスタンブルにお出かけの際は
是非、トプカプ宮殿にお立ち寄り下さい
充実した時間を過ごせる事、間違い無しです(^o^)/

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

トプカプ宮殿パート1

9月19日(金)

今日は、イスタンブルでお気に入りの場所 “トプカプ宮殿”に・・。

トプカプ宮殿は2回目
今日も、オープンと同時に入館して閉館時間まで堪能しました

博物館・美術館etcが大好きな私たち
トプカプ宮殿は、1日いても飽きる事がない
歴史の勉強も出来るし、軍楽隊の演奏などもあるし・・
トプカプ宮殿の庭園はとてもキレイなので、時間を過ごすのも楽しい('-^*)

IMG_2047_convert_20091101001015トプカプ1

中庭には、色々な種類の花がキレイに咲いていました

IMG_2150_convert_20091101001148トプカプ2

広さ・・分かりますか?

別料金が必要なのですが
一番人気は・・やっぱりハマムでしょうか?
個人で自由に見学できるので、
本当にゆっくりとじっくり見る事が出来てとても充実できます
オーディオガイドは日本語版も有るので、お勧めです

バーダット・キョシュキュのテラスから見る事が出来る風景写真を2枚

IMG_2063_convert_20091101001658トプカプ3

マルマラ海です
左側・・奥に金角湾。右側に新市街も見えるけれど・・分かります?
天気があまりよくなかったので、残念です(^ ^;)

IMG_2075_convert_20091101002733トプカプ5

新市街です。真ん中に見える塔が “ガラタ塔” です

前回、軍楽隊の演奏を途中から見学したので
今日は最初から是非見学したい!
時間を確認して、よく見える場所をキープして写真、ビデオをスタンバイ

IMG_2113_convert_20091101111804軍楽隊1

最初から30分間の演奏を聴き堪能できました
日本の曲 “さくら” を日本語で 歌ってくれました
感激ヾ(≧▽≦)ノ

IMG_2107_convert_20091101131921軍楽隊6

IMG_2116_convert_20091101112036軍楽隊3

太鼓?の方は貫禄です!
演奏終了後にどうしても一緒に写真を撮っていただきたくて・・
追っかけちゃいました(^ ^;)
ツーショットとスリーショットをしっかり撮らせていただきました
ありがとうございます♪

IMG_2125_convert_20091101112141軍楽隊4

IMG_2126_convert_20091101113646軍楽隊5

最後まで綺麗に整列して歩いて行かれました
みなさん陽気で感じの良い人ばかりでした(^0^)v♪

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

メネメンを作ろう!

9月18日(木)

先日「お母さんから教えてもらったメネメンが得意料理!絶対美味しい!
教えてあげる!」とベーセルが言い放ったので・・
今日は、10:00にオカンとベーセルと待ち合わせ
(今日もオルチュ休日です・・最近本当にオルチュ休日が多いなぁ~)

私とオカンは、メネメンの材料を購入しに市場へお出かけ
なみちゃんとベーセルは、メネメン作りをする準備で家に直行

家に着いたら住人の1人ファティが庭でタバコを吸って寛いでました
材料をなみちゃんに渡すと、
「調理するから庭で2人の相手してて!」と言われたので、
オカンとファティと3人でメネメンが出来るまでお喋り(^-^)

20分くらいでメネメンが出来上がり
パン・ヨーグルト・オリーブ・チーズなど定番の食材を並べ
「お腹が空いていないから・・食べたくない!」と言うファティ
「美味しく出来たのに・・(-_-;)」となみちゃん

私達2人は、昨日の夕食がコーンフレークとバナナ・ヨーグルト・ミルクと
かなり質素な物だったので、お腹がペコペコ

今回のメネメンは、以前イズミルで教えてもらった物より具材が多く
ボリュームが凄い!
しし唐がかなり入っていて・・辛い!
「辛いの食べれないから、しし唐は少なくして!って言ったのに・・」
「これくらい入れないと美味しくない」
「これじゃ~辛くて食べられない」
「パンに挟んで食べれば食べれるよ」
「かずみちゃんには・・ちょっと無理な辛さかもしれない。ごめんね」
「も~(>_<)!!!!!!☆」

ベーセルに文句を言えるだけ言って・・パンに付けて食べました
2口・3口食べると辛さで舌が麻痺してよく味が分からない(-_-;)
お腹が空いているのも重なって、汗をかきかき食べました

食事をして、お片づけをしたら・・
トルココメディー映画をみに行きました(^o^)/

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

雨の中をダッシュ!

9月17日(水)

ドルムシュに乗せてくれて、無事にカドゥキョイのシーバス乗り場で下車
さて・・エミノニュ行きの桟橋を探して帰りましょう♪
雨も降りそうだしね

見~っけたヽ(*`▽´)ノ
船に乗ろうとしたら「もう、終了!」って・・
「うっそ~!」
「21:30にカラキョイ行きが出るからそれに乗って!」と・・

「え?カラキョイ行き?遠回りになら無い?」
「歩いてカラキョイからエミノニュまで5分だよ!」
「船が無いから・・とりあえずカラキョイに行こう!」
「今21:27!早く行って!早く、早く」
と急かされて、場所の確認も出来ないままに船に乗り込んだ

ガイドブックを持っていないので、2人の記憶のみ!
「ガラタ橋を渡ってエミノニュに出ればいいんだ」
「雨が降りそうだからダッシュで帰らなきゃ」

カラキョイに着いて、エミノニュに向かって歩いていると
カミナリと共に雨が降ってきた
エミノニュについた頃には、も~ボトボト
雨宿りしても無理な状態なので、このままホテルまでダッシュ!

長距離をダッシュし続けるのはもちろん無理で・・
ハァーハァーと息切れをしながら、歳を感じて・・(-_-;)
髪の毛からポタポタと雫が流れ・・
雨が冷たくて、寒い

カミナリの音も凄くて・・
稲妻も・・
「キレ~イ (^o^)/ 見て見て!今の稲妻、凄くキレイに走ってったよ~」
「かずみちゃん!キレイ!じゃなくて・・。自分が走るの!」
って怒られながらも、頑張ってホテルまで走りきりました。

ずぶ濡れになってホテルに着き、速攻暖かいシャワーを浴びてホッ!
「今日の夕食は、サバサンドにしよう!」(エミノニュ名物サバサンド)
って話していたけど・・
あの状態でサバサンドを買う余裕が無く、走ってきてしまった
今から行くのも嫌だし・・
それに・・疲れた(-_-;)

作るのも面倒なので、コーンフレークにバナナを半分に折り+ヨーグルト、
ミルクを注ぎいれて食べました
(朝食じゃん!)
一日これだけじゃ~お腹が空いて眠れないかも・・(^ ^;)

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

トルコサッカーを観に行こう!

9月17日(水)

今日はサッカーチーム“フェンネルバフチェ”の試合があるので見に行こう!
とカドゥキョイに行きました

特別サッカー好き!って事はないのですが、
トルコスポーツ=サッカー
トルコ人の熱狂=サッカー
と思っているので、トルコ人を知る為にもサッカー観戦はしないと!

実際、サッカーの話しから友達が出来たり、親しく話が出来たり・・
サッカーの話は一番盛り上がるし、距離が縮まる話題の1つ

トルコのサッカーリーグの事は、あまり詳しくないのですが・・
1部チームで16?18?チーム有るのかな?
有名でお金持ちのチーム? 3強チームは・・
白と黒をカラーにしたベシクタシュ
青と黄をカラーにしたフェネルバフチェ
赤と黄をカラーにしたガラタサライ

赤が好きななみちゃんは、なんとなくガラタサライのファン
ガラタのグッズを多く購入してます
彼女いわく、このチーム名が一番発音しやすいから・・らしい
黒が好きな私は、なんとなくベシクタシュのファン
もちろんグッズも一番多く購入してます
チームカラーも好きだけど、デザインが良いんですよ~(*^-^)b
トルコのサッカーチームで歴史があるし・・実力もあるし・・
まぁ~どっちにしても単純な理由(^ ^;)

でも、今日はフェネルバフチェの試合を見に行くことに・・。
深い理由は無いんです
チームの好き嫌いも特別無いんです
トルコ人を知る為にもサッカー観戦はしないと!・・これです、これ!

フェネルで、最近マテヤ・ケズマンが活躍してるようなので・・
見れたらいいなぁ~

フェネルのグッズをカバンに詰めて、ホテルを出たら・・
さぶっ(>_<)!!!
直ぐUターンして上着を取りに・・
空が・・なんだか雨が降りそう

アクビルにしっかりチャージをして船に乗ってカドゥキョイへ
※イスタンブルの公共交通機関に使用出来るプリペイド式の物で
 乗る度にジェトンを購入しなくても良いので便利
 割引サービスもあるしね
 (イズミルのケントカルトと同じですよ!アクビルはカードじゃないけど)

091029_1549~01アクビル

これがアクビルですよ~
私が持っているアクビルはオレンジですが、7色ほどあるそうです
黄色が欲しかったんですが・・ちょうど無かったの(´Д`;)
丸い銀色の部分を機械に押し付けると、
料金が引かれ、反応して中に入れるシステムになってます

久しぶりのカドゥキョイ!
ちょっと町をブラブラして、スタジアムに・・
4番のバスに乗って行くとスタジアムの前で降ろしてくれるらしい
バスに乗ってると向こうの方からゴロゴロとカミナリが!
時々ピカッと光ってる

雨降りでもゲームはするだろうけど・・
カミナリの時ってするんだろうか?
すっかり辺りは真っ暗で、スタジアムに向かってるはずだけど・・
なんだか静か!
どうしてだろう?

スタジアムに着いて、張り切って歩いていくと・・
スタジアムは真っ暗で、周辺に人が全くいない(>_<)
え?どうして~?
スタジアムのチケット売り場までとにかく行くことに

警備員がいたので、訊いてみると「今日は試合がない」ってこと
え~!折角来たのに・・と嘆いても仕方が無いので
フェネルの博物館があったはず・・行ってみる?
え~!今日は休み?

警備員の人と話をして、今度は土曜に試合があるから早目に来て!
と教えてくれました
それじゃ~土曜日にまた来ます!

バス停まで戻って・・バスを待ってると警備員が向こうから走ってくる
「なかなかバスが来ないでしょう!ドルムシュをつかまえてあげるよ!」
と言って、ドルムシュをつかまえてくれた
最後の最後まで気を使っていただいて・・
「本当にありがとう(^0^)v♪」

※ドルムシュ
 決められたルートを走る乗り合いタクシーと言うか乗り合いバスというか。
 乗ってから、運転手さんに料金を支払うシステム
 後ろの席に座ったら前に座ってる人に「お金渡して!」とお願いする
 なんとも庶民的な乗り物です
 (ちゃんとおつりも返ってきますよ・・逆ルートで。)
 白いワンボックスカーがよく使われているようです
 トルコに滞在していて、格好よくドルムシュを使いこなせるように
 なりたいといつも思ってます

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

お庭で食事

9月15日(月)

12:00に友人(オカン)と待ち合わせしてランチをする約束なので、
(今日は、オルチュを休日する事にしました(^ ^;))
時々 “オルチュ休日”って決めて食事をしている私たち
信者の人が聞いたら「なめてるのか~!」って怒られそう・・。

待ち合わせ場所で待っていると12:00ジャストに現れた
「時間通りに来るなんて偉い!」と褒めてあげ、再会を喜んだ

友人と今、仮住まいしている家に広い庭があって
テーブルも椅子も有るのでそこでランチをするか・・
キリムを持って、海辺(マルマラ海)に行きランチをするか・・

どちらでも良いけど・・とにかく家に行きましょう!
待ち合わせ場所から家まで10分?くらい歩いて・・到着

16畳?くらいの広さの1Kの部屋で、大きなソファがありTVと冷蔵庫
床には何枚もの絨毯が敷き詰めてある他に何も無い・・部屋
庭は広くて、テーブルが2台、椅子が6脚
庭には何の木か分かりませんが何本か植えてあり
夜ライトアップするのか?電球がいくつも巻きついていました

4人でシェアしているそうで
1人は寝ていて、1人はお出かけ、1人は庭にいました
庭にいた男性(名前はベーセル)と自己紹介をした後
訪問した理由を話していると「ここで食事をして、後で海に行こう!」
って事になり、食事の準備に取り掛かった

パン・白チーズ・ハム・オリーブ・ミルク・コーラーが机の上に並ぶ
「これって朝食メニューじゃん!」
「だって、さっき起きたばかりだし・・」
「せめてメネメンは?」
「卵がない!」
「も~!」

するとベーセルが
「明日メネメンをご馳走してあげる!僕、凄く得意だから!」
「明日?」
「お母さんから教えてもらったメネメンが得意料理!
絶対美味しい!教えてあげる!」

こんな会話でスタートして・・
食事をしながら色々お喋りをたのしみ、時間を過ごし
キリム絨毯を持って、海に行くことに!

木陰に絨毯をひいてお喋り
途中殻付きひまわりの種を大量に購入して、
水を売りに来たので水を購入
「この時間・・外でお水を飲むなんて!久しぶり!」
「やっぱり美味しい~!」

こんな気持ちになるのは、オルチュをしているからでしょうか?
食事の有り難さ、お水の有り難さが身に染みます(^ ^;)

ベーセルが「泳いでくる!」と言って海にドッボ~ン!
頭から飛び込んで行きました
日中は太陽が出て暖かいけど・・絶対に海水温度は低いと思う
「寒くない?」
「ぜんぜん!かずみも泳ぐ?」
「水着じゃないし・・海水浴場じゃないし(-_-;)」

そうです!
ここは砂浜ではなく・・
テトラポットでブロックされ、波よけの堤防がある海
海水浴が出来る環境にはなっていない

ベーセルの泳ぎをしばらく見て・・
「今日はありがとう!」
「メネメン教えてね~忘れないで!」と挨拶して別れました

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

お引越し

9月14日(日)

今日は、お引越し日
12:00までにチャック・アウトしようと、朝から荷造り
荷造り・・と言っても、この2日間はスーツケースやカバンから
出来るだけ物を出さずに生活をしてきたので簡単!

チェック・アウトを済ませ、タクシーで移動
フロントの男性がにこやかにお出迎えしてくれて、直ぐチャック・イン完了

お部屋に入ると直ぐスーツケースの物を全て出して
部屋の掃除をしながら、自分達の使いやすいようにどんどん模様替え!
部屋は明るく、広いから生活しやすそう(^0^)v♪
TVのつけ方が分からなくて、フロントに電話

部屋の中のイメージが違っていたので、 「ワオー!」と驚いていた
「チャック・アウトする時に元に戻すので・・」
「OK!OK!この部屋とても素敵だよ!」って褒めてくれました
「ありがとう(^-^)」

ここでの生活の為、近くのスーパーに食材などを買いに行きましょう!
イスタンブルに着いてから、外食ばかりなので今日は自炊しましょうか?
って事で、近くのスーパーに買い物に行き、つでに近所を散策

やっぱりお水は必需品
全体的に、何もかもイズミルより少々お高い(-_-;)
生活するにはイズミルの方が便利かな?
ミルク、ヨーグルトも購入して・・
さて?今日の夕食は何を作ろうかな?

日本から持ってきた食材も余っているのでどんどん使わなきゃ
今日はお引越しで疲れたので、簡単に肉うどんにしました。

そういえば・・
イスタンブルで生活を始めて、少し朝夕が寒くて長袖が欲しい感じ
日本でスーツケースを軽くする為に、長袖を減らしてきたから
薄手のジャケットかカーディガンでも買う方がいいかな?

トルコの秋はとても短いって聞いてるから・・
寒いなぁ~と思ったら直ぐ、冬がやってきそう(-_-;)
まだまだトルコ生活続くから、風邪をひかないように気をつけなくっちゃ
まずは・・夜遊びを控えますか?

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

マージュンとハーブキャンディ

9月13日(土)

トルコ人男性に「僕の父親の店でセマーダンスを一緒に見ましょう」
と、誘ってくれたけど、お店を飛び出してきた私たち・・

歩きだしたら・・ 「僕は日本語の勉強をしています」
とまたまた流暢な日本語を話すトルコ人男性に声をかけられた
(スルタンアフメット周辺では頻繁にあることです)

旅行会社に勤めていて、
“ トルコ語・英語・日本語・フランス語・スペイン語 ” を話すらしい
「チャイをしよう!」と誘ってくれたのですがお断りして・・
15分くらい立ち話して別れました

今日は、カメラ持ってきてるからね~(^0^)v

ヒポッドローム・・とにかく賑やかで、華やかな露店の数々
トルコ人も沢山いるんだけど、外国人も沢山います

ザクロ100%のジュースが美味しそう
「美味しいよ~飲んでいく?」
「今、食事してきたばかりで・・(^ ^;)」
「でも・・写真だけ撮って良い?」

IMG_1924_convert_20091027000229ナル

ね~?
美味しそうじゃありませんか?
イズミルでザクロを食べた時・・甘くて美味しかったんですよ!
(一粒づつ食べるのは・・なかなか面倒で大変で疲れました(-_-;))
ジュースにして飲んでも絶~対に美味しいですよね
次回・・絶対飲もう(^0^)v

ね~ね~あの店見て!
あれは何を売ってるのかな?
おのぼりさん状態で・・露店から露店へ

昨日立ち寄った“マージュン”を売っている男性の所に行き2つ購入
※MACUN:マージュン(水飴のようなもの)

自分の好きなマージュン(3種類ほど)を
割り箸のような棒にクルクル巻き取って渡してくれます
マージュンの色によって味が違うらしい
私は、さくらんぼ・いちご・ピスタッチオをお願いしましたが・・
とにかく甘くて、味の違いが分かりませんでした(^ ^;)

お金を支払おうとすると、「いらない!」という
※みなさんも、トルコを旅していると・・こんな言葉をかけられますよ

「あのね~ダメだよ!商売なんだから・・」
「しっかり商売しなきゃ~」
「また来てよ」
「しばらく、イスタンブルにいるから・・きっと来るけどね」
「インシャッラーだけど(^-^)」
※インシャッラー・・“ 多分・願わくば ”と言う意味があるそうです
 イスラム教のAllah:アラーの神様を使った表現の1つで
 神がそう願うなら多分ね・・って表現する時に使う感じ?
 って教わったのですが、正しいかどうか・・正直分からない(^ ^;)

「じゃ~今からチャイしに行かない?」
「アッ・ラ・ラ~」
(なみちゃんのお気に入りの言葉の1つで・・
英語で例えるなら・・“ オー・マイ・ゴット ” 的なトルコ語かな)
「あのね~あなたは仕事中でしょう!」
「しっかり仕事をしなさい!」

と・・なんだかんだとマージュンを食べ終わるまで立ち話
結局、マージュンは彼からのプレゼントって事で・・ごちそうさまでした

マージュンを食べ終えて・・
昨日立ち寄った、
ハーブのスティックキャンディーを売っていたお店に行ってみた
私たちの顔をしっかり覚えてくれていて、歓迎してくれました
「チャイ飲んでいく?」
「チャイ?」
「後ろでチャイ作ってるから・・どう?」
「マージュン食べたから、濃い目のチャイがいい」
「砂糖抜きでお願い!」
「OK!」

「このスティックキャンディー食べたことある?」
「ない」
「食べてみない?」
「甘い?」
「チャイと一緒に食べると美味しい!」
「本当?じゃ~1本ちょうだい」

1cm×10cm程の細長いキャンディで、キラキラとした包装紙を取ると
ハーブ?の独特の香りがして、口の中に入れると慣れないハーブの味
キャンディだけどそれほど甘くない(美味しくもない・・ごめんなさい)

チャイを飲み、キャンディを舐めながら、色々と話をして・・
楽しい時間を過ごせました
お金を支払って帰ろうとしたら、ここでも「いらない!」と言われた
“遠い国から来てくれたお客さんだから・・
僕らの気持ち、お金はいらない。気にしないで!”
と言ってキャンディ4本もプレゼントしてくれました。

彼はトルコ人でイスタンブル在住
大学で英語の先生をしているそうで・・
簡単なトルコ語と英語を上手に使って話してくれるので会話がスムーズ!
「イスタンブルを案内するから、連絡しておいで!」と言ってくれた
「ありがとう ヾ(^○^) 」 そして 「ご馳走さまでした m(_ _)m 」

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

おいしい話にご注意!

9月13日(土)

セマーダンスを見ていた私たちに声をかけてきたトルコ人男性
彼の父親が経営しているお店でセマーダンスをしているから
一緒に見ましょう!と誘ってくれた(流暢な日本語で・・)
とにかく歩き出した私たち・・。

「一緒にチャイしましょう!大阪弁喋って!懐かしい~!」
「懐かしいって・・まだ帰ってきて、2週間も経ってないやん!」
「だいだい、大阪に住んでるちゅーけど・・大阪弁喋ってないし・・
ほんまに大阪住んでんの?」
「住んでるよ~!2人とも可愛いね~大阪でこんな可愛い子見たことないよ」
「ちょっとぉ~大阪馬鹿にしてんの?」
「大阪にも可愛い子・・沢山おるわ!ほんま、大阪に住んでんの?」
「大阪の何知ってんの?」
「いっぱい知ってるよ~!」
「え~信じられへんわ~!」
(関西圏以外の方・・大丈夫でしょうか?(^ ^;)
 Canadaphotoさんは、この会話・・大丈夫ですよね(^-^))

彼の名前はユヌス
マジで大阪に住んでいるというトルコ人男性
スポーツジムの帰りで、スーパーのビニール袋にタオルなど入れ現れた

お店に着いて「ここに座って待っていて!荷物置いてくるから」
と言って、私たちをステージ前の席に案内してくれて離れて行った

このお店・・以前に2回チャイをしに来たことのあるお店でした
セマーダンスを見に来てるお客さん達なのか?人でいっぱいでした
ステージでは、バンドの方がトルコ音楽を演奏をしていました

しばらくすると、男女2人づつの4人組が「相席いいですか?」と
現れたのでOK!と返答
男性2人はトルコ人で、女性2人はスペイン人
私の横にお母さんが・・その横に娘さんが座られた
「ごめんなさい。スペイン語が話せません(^ ^;)」
「私も日本語が話せません(^ ^;)」
「トルコ楽しいですか?親子でトルコ旅行良いですね」
「楽しかったです。明日スペインに帰るんです」
なんて・・少し英語で会話・・楽しかったです

ユヌスが荷物を置いて戻ってきて・・
「なみ~2人の間に座らせてよ~」
「なんで?あんたはそこに1人座ってなさい!」
と言いながら2人の間に座らせるなみちゃん・・偉い!
しばらく、3人で話をしていたら

ユヌスの友達で、日本人女性と中国人男性のカップルがやって来た
席がいっぱいで、座れないので私たちは席を立ち
カップルに席を譲ってあげ、帰ることにした
ユヌスは、「一緒にいたい!帰らないで!」と懇願していたが・・。

店の中は人でいっぱいだし
セマーダンスを見ることは予定外だったし
何より、ユヌスがとても馴れ馴れしく・・キスしてこようとしたり・・
ベタベタとくっ付いて離れない!
2人ともそれが嫌で文句を言ったり、拒否したり、怒るんだけど
彼は気にとめていないから・・これ以上一緒にいたら本当にキレそうで・・。
場の雰囲気を考えると、キレて雰囲気を悪くするのはどうかと・・?

それで、振り切って店を出た感じ

セマーダンスを見たければ、メヴラーナ博物館でも見れるだろうし・・
今日の話はおまけみたいなものだから、ニコニコしながら・・
「さよなら~」

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

日本語が上手なトルコ人

9月13日(土)

お腹いっぱい(^-^)
ホテルまでブラブラ歩いて、帰りますか?

スィルケジ周辺からスルタンアフメット周辺を目指して歩いていると・・
一軒のお店の前で音楽が鳴り響き
人々が立ち止まり、お店の中を覘いている
「かずみちゃん!ほら、メヴラーナ♪
メヴラーナ教のセマーダンス好きのなみちゃんは、少し興奮気味
私も神秘的で好きです(^-^)
※メヴラーナ
  イスラム神秘主義教団の1派。(コンヤが中心地)
  今は・・解散させられて修行の場所などは閉鎖されてるそうです
※セマーダンス
  メヴラーナ教団の儀式
  神との一体化を求めて、ひたすらクルクルと旋回し続けるダンス
  右手の平を上向きに左手の平は下に向けて広げ
  首を少し右に傾ける独特なポーズで旋回します
※セマーゼン
  セマーダンスを踊る人
  上下白で、長い白いスカートのような衣装を着て
  円筒形のツバのない赤茶色の帽子をかぶってます
        
お店の中では一人のセマーゼンがダンスを始めていて
スカートがふわふわと舞って、とても神秘的な雰囲気
しばらく見ていると・・
「僕のお父さんの店でセマーダンスをしているので、一緒に見ませんか?」
と流暢な日本語で突然後ろから話しかけてきた

イスタンブルで、日本語で話しかけてくるトルコ人には注意している私たち
今までの経験でも、良いことがなかったし・・
良い話を聞いたこともあまりない
ガイドブックやブログでも、「注意して下さい」と書いてあるから・・。

聞こえないフリをして黙ってセマーを見ていると・・
「無視しないでよ~怪しい者じゃないから!
本当に僕のお父さんはお店のオーナーで
僕は大阪に住んでるけど、ラマザン月になって帰ってきたの。
2人は大阪の人でしょ?大阪弁喋ってたもんね・・分かるよ~」

って・・オイ!
いつから私たちの後ろに立ってたわけ?
十分怪しいよ (`。´)!

ペラペラとお喋りを始める男性
お店の場所を聞くと、スルタンアフメット周辺にあるらしい
ホテルと同じ方向にお店はあるみたい・・ちょっと寄り道して行く?

ん~どうしよっかな~?

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

イフタルイェメーイ

9月13日(土)

イスタンブル2日目
初日からピボットロームで夜遊びしたのに・・目覚めは爽やか(^o^)/
そりゃ~昼間グッズリ寝たからねf(^_^;)

今日は、イスタンブルの顔見知りのお店に寄って挨拶しに行く?
友達に電話連絡して会う日を決める?
今日はカメラを持って出かけようね!

日中は久し振りのイスタンブルの街をぶらぶらと散歩
どこの国に行っても、どの土地に行っても現地の人と話をして情報を習得
面倒臭いのが大嫌いな私は、手っ取り早く馴染んで楽しんじゃう(^0^)v♪
皆さんの旅の楽しみ方は?

☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,

スィルケジ周辺の商店に100%ジュースを売っているお店があって
「ビタミンCを補給しに行くぞ~!」とよく通っていました
もちろんジュースだけじゃなく、シシケバブ、トースト、ピラフ、スープetc
売ってるんですが・・(ジュースしか飲んだことがない)

今日の夕食は、シシケバブサンドと100%ジュースにしましょうか(^-^)♪
イフタルの時間を確認して、お出かけ!

ヒッポドロームはトルコ人で賑わってる(^-^)
イフタルになると、ピクニック状態になるんだろうな~?
凄いだろうね~
今度、お弁当を作ってレジャーシートを持ってきて交じって食べる?
お~良いね~(*^-゚)v
ヒッポドロームでイフタルイェメーイしよう!

※普段(ラマザン以外)は観光客(外人さん)でいっぱいなんです
 でもラマザン月になると、本当にトルコ人でいっぱい!
 賑やかで、華やかですよ~
 見る価値ありです!

お店に着いたら・・見覚えのある顔が何人もいて・・
「こんにちは~!」「久しぶり~!」
「あれ~?いつ来たの?」
「昨日!」
「元気だった?」
「元気だよ~!」と・・

オルチュをしている事を話すとなぜか喜んでた(^ ^;)
シシケバブサンドと100%オレンジジュースを頼んで・・
イフタルをみんなで待ちました
どう?美味しそうですか?

IMG_1929_convert_20091026182507ケバブサンド

イフタルが来る前に、みなさん食事の用意をしてスタンバイ
もちろん、外食の方はオーダーを済ませて机の上に食事をスタンバイ
エザンがなると・・一斉に食べ始めます(もちろん私も!)
お祈りしてから食べ始める人もいるけれど・・
 
IMG_1927_convert_20091026181659イフタル2

IMG_1925_convert_20091026181456イフタル1

イズミルでは、ホテルのみんなと食事をする事が多かったので
気がつかなかったのですが・・
お店の前は、外食をする人でイフタルの前になると長蛇の行列が出来ます
どちらのお店も長蛇の列が出来ているの分かります?
初めてイスタンブルでその光景を見た時はビックリしました

とにかく、初めての光景だったのでビックリしたんだけど・・
私もその中の一人なんだよね~ 
エザンがなるのを、時計を見ながら待ち(カウントダウンしそうな勢い(^ ^;))
鳴り響くと「やった~(^o^)/」って叫びだしたくなる気分
やっぱりまだ暑いので・・飲み物から手をつけちゃう

お店の人と近況報告などして、話しが盛り上がった
「チャイを飲んでいきな!」とチャイを出してくれて・・充実した時間(^-^)

お支払いしようとしたら「いらない」っていう
「ダメだよ~!商売なんだから・・」と無理矢理カウンターにお金を置くと・・
「おつり!おつり!」といってお金が返ってくる
「ダメだってば!」と押し問答が始まって・・

「また来るね~!」
「いつでもおいで!サービスするから~」
「ありがとう♪頑張ってね~」と手を振って別れました

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

ホテル・・決まった!

9月12日(金)

イスタンブルで長期宿泊先を探しに出たけれど・・
なかなか思うように見つからない
って、まだ2軒しか声かけてないけど・・(-_-;)
スタートした時間が遅かった!
(だって、眠くて・・ベッドから這い出れなかったんだもん)

もう、夜も遅いし・・帰ろうか?
「以前に古野氏(友人)が泊まっていたホテルってこの辺じゃない?」
と思い出し、立ち寄ってみる事に・・
が・・改装中で只今閉鎖

も~ダメだぁ~~~★(>_<*)
今日はやっぱ・・帰ろう!

「ね~ホテル探してるの?」とトルコ人が英語で声をかけてきた
「うん!安くて良いホテル知ってる?」(トルコ語で返答)
「僕の叔父(父方の叔父)が近くでホテルをやってるよ。
歩いて2・3分の所・・今から一緒に行く?
どう?部屋を見て、気に入ったら決めれば?」

彼の名前はデイビィッド。カフェレストランのオーナー
彼のレストランの前で声をかけられた
イスタンブルで英語や特に日本語で話しかけて来る人達には
要注意!って思っている私たち・・
彼を信じるか?

「行くだけ行ってみる?」
「歩いて2・3分って言うし・・信じてついて行こう!」

3人で話しながら、歩き出した。
本当に2・3分でホテルに着いて・・フロントの男性と話を始め
「今、2階と4階が空いているらしい。見て気に入った方に決めれば?」
って事で部屋を見せてもらった

4階の部屋がわりとキレイで、広くて使いやすそう
値段交渉して・・理想の範囲だったのでこのホテルに決めた(^0^)v
私たちの名前をメモして10YTLの前金?を渡してOK!

「良かったね!じゃ~僕は店に戻るね。いつでも連絡してきて!」
と携帯の電話番号をメモして、手を振って帰っていった。
「ありがとネ!電話するね~!」
「またね~」

宿泊先も決まったし・・
ラマザンなんだから、ヒッポドローム(アトゥ・メイダヌ)にでも行く?
きっと露店が出ていて賑やかなはず・・。

スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)はライトアップされてキレイ!
ヒッポドロームには本当にたくさんの露店が並んで
たくさんの人々がいて楽しそう ヾ(≧▽≦)ノ

どんな露店が出てるのか気になるよね?
少し回って行こう!

イズミルと違ってイスタンブルには、日本人在住者も多く、観光客も多い
特に今はラマザン
日本人以外にもたくさんの外国人が来て賑わってる

なのに・・やっぱり親日家のトルコ人?
日本人は目立つのかな?
「ジャポン!ジャポン!」と声がかかり
「写真を撮ろう」と携帯で写真を撮る

本当に賑やかで、メリーコーランドも有るし、ライトでキラキラ♪
やっぱりカメラ・・持ってくればよかったかな?
でも大丈夫!
ラマザンはまだ終わらない(^-^) 

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

ホテル探し

9月12日(金)

無事にイスタンブルに着き、宿泊期間2日間のホテルに到着
残り19日間の宿泊先を決めなきゃいけないんですが・・
寝不足の為、コロリと転がった私たち

30分くらいゆっくりとしてから・・のはずが・・
3時間くらい寝ちゃった(_ _)zzZ

(◎O◎)!!!!
慌ててホテルを出て・・ホテル探し
でも、外はちょうど夕暮れで・・キレイ(*^-゚)v

「カメラ!カメラ!」
「え~面倒臭い!いいんじゃない。カメラ・・いる?」
「いらないか~」
「いらないよ~」
って、結局いつものように何も持たず・・
「もうすぐイフタルでしょう?ロカンタに行く?」とまずは、ロカンタに!
寝て、食べて・・寝て、食べてばかりの1日

2年前、よく行っていたロカンタに顔をだし
「こんにちは~覚えてる?」「お腹空いたよ~!」
「お~いつ来たの?」
「イスタンブルに、今日着いた」
「7月・8月とイズミルにいた」と再会を喜び、話しも盛り上がった(^0^)v♪
お腹がいっぱいになったところでホテル探し

フロントの人と値段交渉をしていると・・
「この辺のホテルでは割りといいホテルですよ。
ただ、この辺はあまりいい場所では無いので気をつけた方がいいですけど」
と日本人の男性がアドバイス

彼は10日間トルコ周遊をして、トルコにはまった!
イスタンブルには5日間滞在して、明日日本に帰るらしい
も~帰るのがいやですよ~と言う

感じの良い彼のアドバイスを聞きながら
“よし!ここに一人トルコ好きになった人がいた!”
なぜかガッツポーズをしたくなる私 (^_^;ゞテヘッ
「少し違う場所を探してみます」と言って別れた
「トルコ凄くいい所ですよ!楽しんでください」と暖かい言葉をいただいた

2年前に宿泊していたホテルに顔を出してみた
このホテル、値段安くもサービスも結構良いんですが・・
フロントの男性1人が「かずみ好き~!」と・・とにかく馴れ馴れしい(-_-;)
過剰すぎるサービス?に私、辟易してまして・・(-_-;)
出来れば避けたいホテルです

もう、彼が退職してくれていればラッキー♪
「失業率も高いから・・辞めてるかもね~」
「彼がいなければ、あのホテルに決めよう!」と歩いていたら・・

「ハニーお帰り!いつ戻ってきたの?」って・・大声で(>_<)!!!!!!☆
ホテルの制服を着て、ドアの前に立って手を振っていた
ダメだ (^ ^;)

「ホテルを探してるの?ハニーなら60ユーロを40ユーロでいいよ」って・・
ん~魅力的な値段で交渉に切り出してきたな(-_-;)
「考えて、また来るよ!じゃ~ね!」
と話もそこそこに・・逃げるように去っていった

も~今日はホテル探し・・やめよっか~(-。-;)

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

ホテルにチャック・イン

9月12日(金)

約2ヶ月振りのアタチュルク国際空港
(入国審査とトランスファーの為、数時間いたのは7月です(^ ^;))

とにかくホテルに着きたくて・・
荷物を受け取ると、すぐエアポートタクシーに乗りホテルに直行!
(日本の旅行会社で2日間だけ予約をしてもらいました)

ホテルに着いたけれど・・ここは何処?って感じ(^ ^;)
自分達がイメージしていた場所と違っていたので
本当に・・「あれ?」って感じ

だいたい・・地図も見ないで住所を聞いて・・
「あの辺じゃないの?」
「チェンベルリタシュ駅から徒歩3~5分なら何処でもいいんじゃない」
と別にたいして気に止めず、一応三ツ星ホテルだし・・と決めた私たち

今更何を言っても、思っても・・遅すぎる
とっとと、タクシーを降りてホテルにチャック・イン

外観・ロビー・部屋などはキレイなんだけど
TV映りが悪くて・・66チャンネルも有るのに
ほとんどのチャンネルが砂の嵐状態で何も見えない(>_<)
しかも、リモコンが無い!
三ツ星ホテルなのに・・(-_-;)

部屋のライトが点かないので全体的に暗い
でも、ベッドサイドの電気がとても明るく書き物には最適(*^-^)b
だから、部屋の変更は申し出ずこのままこの部屋に決めた

このホテルは、2日しか予約を入れていないし・・
残り19日滞在分は、今から交渉して決めるつもりだし・・

さて!宿泊先を探しに行きますか~(^0^)v
と気合を入れた2人だけど・・
朝方まで荷造りしていて、機内食を食べちゃったので眠くて仕方がない
それに・・外は暑い!

「ちょっとだけ、ゆっくりしてから出かけることにする?」
「うん!そうしよう!」
と・・ベッドにコロリと転がった

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

かずみkedi

Author:かずみkedi
最近、お気に入りはトルコ☆
永住を狙っているのは・・・
カナダ☆
色々な人々の愛に支えられ
大空の下、頑張ってます♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

黒ねこ時計 くろック D04

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。