05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィン・パーティー

10月30日(金)

アメリカです!
シアトルです!!!☆

カナダ旅行から戻ってきた晴美さんと2人で・・
今日はシアトル大学の友人たちが開催する
ハロウィンパーティーに参加ですヾ(≧▽≦)ノ

カナダ旅行は終了しましたが・・
今回のシアトルでのハロウィンパーティーはカデコリ「カナダ旅行」に
分類させていただきますね
ちょっと、カナダとは関係ないですが・・すみません(_ _)

ハロウィンパーティーに何を着ていくか?
友人たちは「ジーンズでいいよ!」と言ってくれましたが
「ドレスでも着て来て~!」と言われたので
バンクーバーで買ってきました・・ドレス

色々探しました~☆(>ω<)
ちびっ子の私は、子供服のショップを回って・・
Gカップの晴美さんは、胸のラインが綺麗に見えるドレスを探しました

パーティー会場の入口です

ハロウィンパーティー

どうですか?
晴美さんのドレス・・綺麗な紫色でしょう?
胸のラインも綺麗です(^-^)

さぁ~今日は楽しく過ごしましょうヾ(^○^)

仮装コンテスト出場者の方々です

ハロウィンパーティー・かわうそくん

真ん中がかわうそ君・・かわうそ君って何?
右側のウサギは、不思議の国のアリスから来てくれたウサギだって!
今なら“マッドハンター”に仮装してくる人がいるかしら?

一番目立ったのは・・

ハロウィンパーティー・大男2

3mの大男?
パーティー会場を元気よく歩いていましたよ(^-^)

ハロウィンパーティー・大男1

大男の彼とツーショットの写真がありますが・・
顔が大きい(^ ^;)

今なら・・コスプレの衣装がたくさん売っているから
色々気に入った衣装を手にはいるが簡単なのですが・・
この頃は、自分達で作るってことが普通だったんですね(^ ^;)

パーティー会場を出て、数人で町に繰り出し
「Trick or Treat?」と言いながら、町を回る?

子供に戻って?
みんなで大騒ぎした一夜でしたヾ(≧▽≦)ノ

  ★*゜・。*゜・★*゜・。*゜・★*゜・。*゜・★*゜・。*゜・★

11月5日(木)

1ヶ月のカナダ&シアトルを楽しんで、晴美さんが日本に帰ります
Sea-Tacまでお見送り!

あっというまの1ヶ月間
初めての長期カナダ旅行は、本当に楽しく良い思い出ばかり(^-^)

ゲートに消えていく晴美さんを見るのは寂しい
気をつけて帰ってね~

私は・・翌年3月上旬に帰国しました
スポンサーサイト

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

シェラトンホテルで

10月27日(火)

カナダの旅行も最終に近い・・
夕食はちょっとリッチにシェラトンホテルの最上階のレストランで!

宝石を散りばめたようなバンクーバーの夜景
美味しい料理をいただきながら
楽しかったカナダ旅行の話で楽しい時間を過ごしました

シェラトン・ホテル・食事

珍しく・・2人ともワインを飲んでいるようです
(^▽^)ノ☆ヾ(^▽^)

昨日までは山や湖ばかり
こんなにも、街の明かりが恋しく思うものなのでしょうか?
私はやっぱり都会っ子?(^ ^;)

明日、シアトルでハロウィンパーティーに着て行くドレスを
購入しに行く予定

「コンテストに出る子は仮装してくるけど・・
かずみたちは、仮装しないジーンズでもいいから!
素敵なドレスがあれば買えば?カナダに行ってるんだから・・
赤毛のアンの服なんか買って来たらどう?」

と言われて、シアトルを出たのですが・・
行き先がプリンスエドワード島じゃ~ないんだから・・
カナディアンロッキー方面に、赤毛のアンのグッズは売っていなかった

売っていれば・・
赤毛のアンと親友ダイアナの格好でもしようかと思ったのですが・・

もちろん、何かに仮装できそうな衣装があれば購入も検討
「何になる?」
「魔女があればいいな~」
「ETの映画みたいに、ヨーダの格好とか?」
「かずみちゃん小さいからなれるかも・・!」

素敵な夜景をみながら、美味しい料理を食べて・・
お酒がはいるとこんな話?をして盛り上がる2人(^ ^;)

明日はカナダ最後の一日!
お土産もしっかり買って帰らないと!
頑張って探し歩こう(^0^)/

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

クイーン・エリザベス・パーク

10月27日(火)

昨日、VIA列車でジャスパーからバンクーバー着きました

バンクーバーでは、スタンレー・パークとクイーン・エリザベス・パークの
2つのパークが有名です
今日は、Queen Elizabeth Park(クイーン・エリザベス・パーク)
に行きましょうヾ(^▽^)ノ

クイーンエリザベスパーク

クイーン・エリザベス・パークの名前の由来は
1940年にイギリスのエリザベス女王がバンクーバーを訪れたことに
あるそうです
リトルマウンテンという名前の標高の高い丘に造られた公園ですよ(^-^)

クイーンエリザベスパーク・植物園

こちらは、園内にある熱帯植物があるドーム型の植物園のパンフレットです
植物円以外に、レストランやミニゴルフ場などがあります

植物園に入りました
たくさんの熱帯植物の中に白や青・黄色のオウムや鳥達がいました

クイーンエリザベスパーク・鳥1

親子でしょうか?
似ているように見えますが・・違うのかな?

クイーンエリザベスパーク・鳥2

小さい鳥が大きな鳥の側を離れず・・
大きな鳥の後をずっと追いかけていきます
かわいい(^-^)

植物園から出て、広大な森林公園を散策しましょう!
こちらの公園には、小さいですが・・見応えのある滝があります

クイーンエリザベスパーク・滝

季節も季節なので・・紅葉してます(*^-^)b
残念ながらカナダで有名なメープルリーフは園内にはありません
でも、紅葉が始って赤色・黄色・オレンジと綺麗です

クイーンエリザベス・園内2

メープルリーフの紅葉が見れるのは・・東海岸
紅葉が最も美しいと言われるメープル街道があります
こちらのメープル街道をVIA鉄道で旅するのがおすすめです(^-^)

クイーンエリザベスパーク・園内1

もう少し高台に上がってみました
綺麗に整備された芝生が鮮やかな緑で綺麗です

時々、観光客の方とすれ違いました
スタンレーパークと同様、エリザベスパークも市民の憩いの場です

天気が良ければバンクーバー市街が見渡せるはず・・
今日はどうかな?

クイーンエリザベスパークからダウンタウン

ハーバー・センター・タワーが見えます
頭の方だけですが・・(^ ^;)
BCプレイス・スタジアムも見えますね~
モノクロームでも撮っています

クイーンエリザベスパークからダウンタウンモノクローム

カラーとそれほど変わりませんが・・
私はモノクロームの写真の方が好きです
どうでしょう?

向こうで写真を撮っている人たちを発見ヾ(^▽^)ノ
一緒に写真を撮らせてもらいましょう

クイーンエリザベスパーク・カメラマン

彼の隣にしっかりポジションを取り、カメラを構えて撮影!
「ちょっと~もう少し左によってくれない~?」

クイーンエリザベスパーク・集合写真

上手に5人グループ?の集合写真が撮れました(*^-^)b
良い思い出が出来ました(^▽^)ノ☆ヾ(^▽^)

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

ジャスパー駅前

10月24日(土)

再びジャスパーに戻ってきた私たち
今日は、お土産を購入したり
VIA列車の予約をしたりと忙しい(^ ^;)

VIA駅の“クマ”さんと写真を撮ってます

ジャスパー駅クマさん

ジャスパーのマスコット“クマ”さんは
横から見ると、こんな姿だったんですね~(^-^)

蒸気機関車のミニチュアとトーテムポールもありました
赤と緑の機関車が可愛いらしい

ジャスパー駅蒸気機関車

写真をよ~く見ると・・
向こう側に見える緑の屋根の建物がVIA駅
駅のすぐそばに、クマさんが横向きで立っているのが分かりますか?
VIA列車が通る線路の方を向いて立ってます

ミニチュア蒸気機関車の後ろに少しだけですが・・
トーテムポールが立っているのが分かります?
こちらのトーテムポールもVIA列車が通る線路の方を向いてます

トーテムポールは、お客を迎え入れるゲートとよく聞きます
だから、列車から来られるお客様を迎え入れるため
線路の方を向いているのでしょうか?

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

願い叶って・・

10月23日(金)

ジャスパーに到着ヾ(^▽^)ノ

今日の宿泊先は、前回泊まりたい!と思ったけど
宿泊日数が合わなかったので断念した気になるツーリストホームへ
迷わず向かい・・お願いに行きました
今回はどうかな?

願いが叶って・・今回は宿泊できる事になりました(^0^)v♪

ジャスパーツーリストホーム1

このツーリストホームに“泊まりたい!”とこだわったのは私(^-^)
「かずみちゃんピンク好きだし、かずみちゃんの好みのお部屋だしね~」
と晴美さんが私の好みに合わしてくれました

ジャスパーツーリストホーム2

お花のパッチワークのお布団が可愛くて
全体的にピンク色のお部屋で“春”のイメージ

シングルベットが2台
今まで宿泊したツーリストホーム、B&Bのお部屋より
少し小さなお部屋ですがとても綺麗で、可愛くて一目惚れしたのです
泊まることが出来て良かった~(^-^)

今日はゆっくり眠ることにしましょう(_ _)zzZ

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

バスツアー“B9”

10月23日(金)

グレハンツアー“B9”でジャスパーへ出発!
J9と全くの逆ルートです

Fairamonto Chateau Lake Louise Hotel
(フェアモント・シャトー・レイク・ルイーズ・ホテル)です

シャトー・レイク・ルイーズ・ホテル

なぜかこのツアーでは、モノクローム写真を撮ってます
時々、カラー写真も何枚かあるのですが・・(-_-;)

レイク・ルイーズ・モノクローム

Lake Louise(レイク・ルイーズ)です
前回のカラー写真よりこっちの写真の方が好きかも。

前回のMoraine Lake(モレーン湖)の写真と比べると
大きく違うことが!
それは・・雪が全く積もっていません

モレーン・レイク2

同じ場所で撮っているのですが・・
足元に雪が積もってなく、手すりにも雪がありません

前回は・・雪が積もって寒かったのですが、天気は悪くありませんでした
今回は・・雪は積もっていませんが、天気が悪い
雲が真っ黒です

テンピークス

モレーン湖から眺められるTen peaks(テンピークス)の山々
1枚素敵に撮れているのでUPしました
モノクロームですが・・どうでしょう?

残念ですが・・“B9”ではペイト・レイクには立ち寄っていません
バスのドライバーに訊くと、10月の中旬くらいまでで
20日も過ぎると立ち寄らなくなるそうです
私たちが立ち寄った日も、ギリギリだったことが判明しました
とてもラッキーでした(^0^)v

次は、コロンビア・アイスフィールドです
ここで撮った写真の空には少しだけ青空が見えてます

コロンビア・アイスフィールド3

写真の赤い屋根の建物は、Columbia Icefield Chalet
(コロンビア・アイスフィールド・シャーレー)と呼ばれる観光ホテル

1年後には、この建物はなくなっています
少し違う場所に、新しく緑色の屋根の建物に変わりました

私たちが行った時は・・緑色の建物を建設中で
2年後に行った時・・赤色の建物の痕跡は全く無く
緑色のコロンビア・アイスフィールド・シャーレーが建っていました

コロンビア・アイスフィールドは真っ白なので赤が似合います
山小屋風の建物が大好きでした
緑も似合ってますよ(^-^)
嫌いじゃありませんが
もう、この建物が見れないのは残念で・・軽くショックを受けました

別の角度で撮った写真には、
コロンビア・アイスフィールド・シャーレーに虹がかかっています
綺麗に虹がかかっている写真ならUPしようと思ったのですが・・
なんとなく虹がかかっている?と分かる程度の写真で・・
UP出来るほどではないのでやめました(^ ^;)

カナディアンロッキーの山々を見ながら
確実にジャスパーに戻っている事を認識して・・ちょっと切ない感じ

天気が悪くて・・シーラス山の白い筋のようなすじ雲まで雲がかかって
写真ではよく分かりません

Athabasca Falls(アサバスカ滝)が綺麗に?
モノクロームで撮れています

アサバスカ滝1

行きのJ9の時に撮った時は
水しぶきで白くもやのようになっていたのですが・・
水量が違うのでしょうか?

アサバスカ滝2

水の流れ落ちる感じが、よく分かります
別の角度から撮ったものをもう1枚

アサバスカ滝3

遠くに山が見えますが・・ごめんなさい
山の名前が分かりません(-_-;)

アサバスカ滝を見学終了すれば、もうジャスパーです
ジャスパーは大好きですが、旅の終わりが近づいているんだと思うと
やっぱり・・寂しくなります(-_-;)

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

名前を呼ばれて・・

10月22日(木)

今日はバンフ最後の日
今回の旅行も残りわずか・・。

明日は、バスツアー“B9”でジャスパーに戻り
VIA列車でバンクーバーに戻り
グレハンでシアトルに戻る

ここまでのんびり来たけれど・・明日からのUターンは早い!

バンフの町でお買い物
お土産をたくさん買いました

店から店へと歩いていると・・
「かずみ~かずみ~」とどこからか呼ばれているような?

「かずみ~って呼んでなかった?」
「バンフに知り合いはいないけど・・」
「聞き間違い?」

「ん~やっぱりかずみって呼んでるような・・」
「かずみって珍しい名前じゃないから・・」
「でも・・周りに日本人いる?」
「ん~?」

何度か名前を呼ばれているような気がしてはキョロキョロ
でも、バンフの町で知り合いはいないし・・
名前を呼ばれるような心当たりはないし・・(^ ^;)

すると、車の中から「かずみ~!」と手を振って呼んでいる男性を発見!
(◎O◎)!!!!

「ラリー?」
「わ~ラリーじゃない?」

車に駆け寄ってみると、満面の笑みでラリーがいました
「どうしたの?」
「明日、ジャスパーでしょう?」
「そうだけど・・」
「バンフで一緒に食事をしようと思って!」

私たちがジャスパーに戻る日を覚えていてくれて
バンフで一緒に時間を過ごせたら!と思い
カルガリーから車でB&Bまで行ってみると外出してると聞き
ダウンタウンを車で流して探していた。との事
よく、出会えたな~と思います

それから3人でダウンタウンを歩き、買い物をして
食事を楽しみ、BARに行き・・
バンフの最後の夜を楽しく過ごしましたヾ(≧▽≦)ノ

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

湖巡り

10月21日(水)

ランチを済ませて、再びサイクリング(^▽^)ノ☆ヾ(^▽^)

バンフ・バッファロー・マウンテン・ロッジからの山

ロッキーの山々を見ながら走り続けます
私たち2人だけです
ちょっと、寂しいです(-_-;)

エディス山

Mt Edith Cavell(エディス・キャベル山)の
独特な山肌?が綺麗です(^-^)
時々、自転車から降りて写真を撮って・・絶景を満喫しながら
バーミリオン湖にGO!

バンフに立ち寄ったなら、必ずバーミリオン湖に行って!
と声を大きくして言いたいほど素敵な場所
そして素敵な時間を過ごせる場所

Vermilion Lake(バーミリオン湖)は、三つに分かれていて
それらが朝焼けを鮮やかに映し出すことから
朱色(バーミリオン)という名前がついた湖だそうです

今回私がバーミリオン湖に着いたのは・・14:00頃かしら?
もちろん湖は朱色にはなっていませんでした
でもね・・
とても綺麗なんです
素敵なんです

バーミリオン湖&ランドル山

Mt. Rundle(ランドル山)を湖面に映し出すバーミリオン湖が・・
よくありませんか?
これほど綺麗に映し出されて、感動しましたヾ(≧▽≦)ノ

もう少し、天気が良ければ良かったのですが・・残念です
ランドル山の形も独特で・・美しくないですか?

朝焼けを鮮やかに映し出すバーミリオン湖を見てみたい!
という事で・・この湖の朱色を撮る為に数年後来ます!
ビーバーもいる!って情報も聞いて、数年後は大変でした
その話は・・また今度(^ ^;)

さぁ~今度はLake Minnewanka(ミネワンカ湖)に行きましょう!
地図上では、近い距離にある湖だから大丈夫!すぐ着くだろう!
と走り始めたのですが、ずっと上り道でキツイ★(>_<*)

何度も地図を見て確認するけれど・・
まだぁ~?
そろそろ着いてもいいのでは・・

息切れしながら、自転車で来るのは間違っていたのか?
と後悔しながら上り道を必死に走り津続けて行くと
やっと見えました湖が!

「あれがレイク・ミネワンカ?」
「そうであって欲しい!」

願いが通じたのか?
当たり前ですが・・ミネワンカ湖でしたヾ(^▽^)ノ

2人とも写真を撮るとか、湖を見るとか余裕がなく(^ ^;)
とにかく自転車から降りて、座り込んでしまいました

しばらくすると・・
やっと到着したことの喜びと、湖の美しさに感動

ミネワンカ湖

「頑張って、来てよかったね~(^0^)v」
「無事に着いてよかったね~」
「凄く綺麗!」

ミネワンカ湖を堪能して、息を整えダウンタウンを目指します
帰りはと~っても楽でした
だって、ず~~~っと下りで・・
ペダルをこぐ必要がなかったから!

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

バッファロー・マウンテン・ロッジ

10月21日(水)

晴美さんの自転車のチェーンが外れるというハプニングは有りましたが
すぐになおす事ができて、さぁ~再出発!
と張り切って走り始めて5分ほど・・
Buffalo Mountain Lodge(バッファロー・マウンテン・ロッジ)
に到着しました(^0^)v♪

バンフ・バッファロー・マウンテン・ロッジ2

森の中の可愛い“ ロッジ ”って感じですか?
このバッファロー・マウンテン・ロッジは歴史のある宿泊施設です

そして、レストランもあってとても落ち着ける雰囲気
ロケーションはもちろん、文句無く良いです(^0^)v♪

「おなか空いたね~」
「おいしい物が食べたい!」
「私、ステーキを食べる」
「私は、シーフード!」
という事で、
晴美さんはステーキを、私はエビのフリッターをチョイスしました

生魚や生肉が苦手な晴美さん
もちろんステーキの焼き加減はウェルダンです
でも、カナダに来ていつもウェルダンで注文すると・・
なんだかとても嫌な顔をされます(2度3度と確認されるし・・)

ウェルダンで頼んでも、晴美さん的には“ミディアム”らしく
今回は「しっかり焼いてね!生の部分があったら食べれないから!」
と何度も確認をとって頼み込みました

窓から見える景色に見とれ、お喋りに夢中になっていると
大皿に山盛りのエビのフリッターが乗って、テーブルに登場!
「え~これ一人前?」
「凄い量!」

そこへ真っ黒によく焼きあがった?ステーキが登場(>_<)!!!☆
「焼きすぎじゃない?」
「ちょっとビックリだけど・・生より、これの方が良い」
「でも・・」
「これだけ焼いてたら安心して食べれる!」
「半分ずつして食べる?」
「ウェルダンだけどいいの?」
「全然大丈夫」

晴美さんとは対象に、レア好きの私なので・・気を使ってくれる彼女
でも、おなかが空いていたし・・
お肉そのものが美味しかったので、焼き方は全く気にせず
美味しくいただきました

エビのフリッターのタルタルソースが美味しかったです(^-^)

おなかもいっぱいになり、充分楽しいランチを済ませて
バンフ・バッファロー・マウンテン・ロッジのお庭やロビーを散策して
今度は、B&Bのスタッフがおすすめする
Vermilion Lake(バーミリオン湖)を目指しましょうヾ(^▽^)ノ

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

マウンテンバイクで!

10月21日(水)

今日はサイクリングを楽しみましょう!
と、ダウンタウンのレンタサイクリングに来たのですが
マウンテンバイクしか置いてなかった(>_<)!!!☆

私は、マウンテンバイクでも問題ないのですが・・
晴美さんが「シティサイクルしか乗った事がない!怖い!」
という事で・・とりあえずマウンテンバイクを乗れるのか?
ダウンタウンを走行練習

足を後ろに蹴り上げて乗ることが既に恐怖心で・・大変でした
バランスがとりにくいようです
(昔々、最初に自転車に乗った時の記憶って・・どうだっただろう?)

ハンドルが直線になっているのが安定しなくて、気になる様子
持ちつらく、カーブを切るのが難しかったようですが・・
すぐに克服して、ギアチェンジ機能も使えるようになりました

どうなる事か?と思いましたが・・
問題なく乗りこなせるようで、予定通りに今日はサイクリングで決まり!

最初に目指した場所は
Buffalo Mountain Lodge(バッファローマウンテンロッジ)
ここのレストランで、大自然を感じながらランチの予定でGO!

ダウンタウンから1kmの距離
こんな道を走って行きます

バンフ・サイクリング

写真は晴美さんですが・・
満面の笑顔で、しかも片手運転しています(>_<)!!!☆
も~信じられません(^ ^;)

私たち以外は誰もいなくて、ちょっと寂しい感じですが
ロッキーの山々はとても壮大で、空気は澄みきって爽やかです

上り坂が永遠に続き、2人ともダウン寸前で漕いでいると
「先に行ってて~!」と晴美さん!
ペースが崩れるのも疲れるので、先に走って行きました
しばらくして、平らな道が出てきたので待つ事に。

10分?20分?・・・待っても来ない
1本道なので、迷う事はないはず。
バランスを崩してケガをしたのかな?
不安になりはじめて・・
少し戻ってみると、
カチャカチャと変な音を鳴らしながら自転車を押して
上って来る晴美さんが見えました!

「どうしたの?」
「チェーンが外れたみたいで・・」
「大変!それでずっと押して歩いてきたの?」
「そう~疲れた~」
「お疲れ様~!ちょっと見せて!」

見たところ、幸いチェーンは切れているわけではなく・・
単に外れてしまっただけのようで、すぐなおせそう(^0^)v

「どう?なおせる?」
「多分、大丈夫!」
「ホント?壊れてない?」
「うん!チェーンは切れてないから、すぐなおせる」
「手が真っ黒になるね」
「洗えばとれるよ。大丈夫!坂道で踏み込んだ時にギアチェンジした?」
「うん。何度かしてみた」
「その時、何かのタイミングで外れたのかも?」
「戻る?」
「大丈夫と思う」

一応、チェーンがはまった事とチェーンの緩みがない事を確認して
辺りを走ってみたら大丈夫だったのでこのまま進む事に。
来た道を戻る事は全く考えていませんでした
だって・・ここまで来るの・・大変だったんだもの(^ ^;)

自転車を交換する事も考えたのですが・・
私の借りた自転車と晴美さんが借りた自転車とタイプが全く違って・・
基本マウンテンバイクに慣れていない晴美さんは怖いみたいで・・
少しでもなれた自転車で行くことになりました

もう少し走れば、バッファローマウンテンロッジに着くはず
頑張って走って行こう(^0^)/

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

カルガリー・タワー

10月20日(火)

昨日、カルガリーに滞在しているグレハンのドライバーのラリーに
会いに来た私たち
一日中3人で楽しい時間を過ごして、ラリーの家でお泊りしました

少々遅めに起き出して・・遅めの朝食を食べ
ラリーの部屋で音楽を聴いたり、ギターを弾いたりして過ごし
ランチを食べに、Calgary Tower(カルガリー・タワー)に行きました

カルガリー・タワーのパンフレットです
なんだか・・おしゃれじゃありません?

カルガリー・タワー・パンフ

昨日は、サドルルームの向こう側にカルガリーの高層ビル群を見ましたが
今日は、上から街を見てみましょう!
ってことで、カルガリータワーの真下にやってきました
カルガリータワーの高さは190.8mあるそうです

カルガリー・タワー

大きな“ きのこ ”みた~い!(^v^)
あの赤い色の場所まで上るのね

展望台から、高層ビルが立ち並ぶ市街やロッキーの山並みを眺め
回転レストランのパノラマルームでは食事をしながら
360度の景観を楽しむ事ができます

食事中は笑顔が耐えない会話で・・楽しい時間を過ごしました
デザートを食べた後、ティータイムに写真を1枚撮ってもらってます

カルガリー・タワーで食事

逆光で残念です(^ ^;)
しかし、展望台まで上がってきたのに・・写真を撮っていない
「展望台まで上がったのに・・写真は1枚?」
「え?1枚だけだっけ?」
「うん。1枚」
「もっと意識して撮るようにすれば良かったね」
「3人揃って撮ってもらったから、いいっか?」
「食べる事で一生懸命だった?」
「そ~かも・・(^ ^;)」

楽しい食事を終えて・・グレハンのバンフ行きのバス停へ
今日はバンフまで戻ります

ラリーは何度もドライバーに私たちの事を「よろしく」と声をかけてくれ
ラリーと別れを惜しみ、バスが出発するギリギリまでお喋りし
走り出したバスに、ずっと手を振ってくれました

一泊二日のカルガリー旅行
ラリーと知り合った事で・・
2人では行くことが出来なかった場所、出会えなかった人との出会い
カナダの事・カルガリーの事を学び
有意義で楽しい時間を過ごすことが出来ましたヾ(^▽^)ノ

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

カウボーイの街

10月19日(月)

夕食に「バッファローのお肉を食べたい!」
というリクエストに応えて、ラリーが連れて来てくれたお店は
ステーキ&ハンバーグのお店でした

カルガリーは、カナダ第3の都市で、カウボーイの街で有名で・・
ニックネームは“ カーボーイの街 ”だそうです(^-^)

そしてカルガリーで、年に1度「カルガリースタンピード」
というカウボーイの祭りがあり、世界中のカウボーイ達がここに集まり
ロデオやチャックワゴンレースなどで盛り上がるらしいのですが・・
このお祭りも7月なので・・今回は話だけ(^ ^;)

でも・・
「カウボーイ達が集まって、楽しむ場所があるよ!」
「え~!私たちも行けるの?」
「もちろん!今から行く?」
「行く!行く!」
ってことで、夕食を食べたあと
“ カウボーイが集まって楽しむ場所 ” に連れて行ってもらうことに

そこは・・
BarとDance hallを合わせたような場所?
日本のディスコやクラブをシックにした感じのHallとでも表現した場所?

大勢のカウボーイ達が集まって、お酒を飲んだりお喋りしたり踊ったり
なぜカウボーイって分かるか?

みなさんジーンズの上に、カウボーイレギングス(チャップス)を
履いていらっしゃるし、カウボーイベルトに鞭をさりげなく挟んで?
あったりするし、カウボーイハットが似合っている(^-^)
もちろん、足元はカウボーイブーツで・・
踵の所に金属の星型の金具を付けていて・・
独特の格好をされている

そんな人たちが、バーカウンターで飲みあっていたりすると
西部劇のワンシーンを見ているようで素敵(^-^)

女性の方も数名いらしゃいました
なかなか格好良い(*^-^)b

もちろん、カウボーイ以外の職業の方もいらしゃいました
観光客はいなかったようだけど・・(^ ^;)

何人かの人たちとお喋りできるチャンスがあって・・
色々と世間話から・・カウボーイのお仕事の話などを教えてもらいました

ウィップ・クラッキングといわれるカウボーイの鞭鳴らしを見せてあげる
ってことで、お店の外に出て披露していただきました

手首のスナップを利かせて振り下ろすと「パチンッ」と
空気を裂くような、爽快な音が響きます
凄い!
カッコイイ(^0^)v

カウボーイの仕事は大変だと思いますが・・
色々なことが格好良くて、素敵な仕事だと思いました

「日本から友達が遊びに来た!」
「みんなで踊ろう!」
「楽しく飲もう!」
ってことになり、音楽を流してもらい
お店にいた何人かの人たちと盛り上がって踊りました

楽しい時間を過ごしましたよ(^▽^)ノ☆ヾ(^▽^)

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

カルガリー観光

10月19日(月)

今日は、カナダ第三の都市 カルガリー

今回のカナダ旅行には、カルガリーは予定外だったのですが・・
グレハンのドライバー“ラリー”との出会いがきっかけで
カルガリーを楽しむことに!

バンフからカルガリーまでは、バスで約2時間ほどの距離
朝早くからおでかけしました(^0^)v

カルガリーに着いてラリーに電話
しばらくすると、車でお迎えに来てくれました

一番最初に向かったのは、カルガリーのダウンタウンを一望できる丘
ラリーの一番お気に入り場所だそうです

サドルドーム・昼

手前の屋根が綺麗な曲線を描いてる建物は、Saddle Dome(サドルドーム)
真ん中に見える細く白いタワーはカルガリー市のシンボルになってる
Calgary Tower(カルガリー・タワー)
さらに右に見える茶色い建物が、Petro Canada(ペトロ・カナダ)です
昼間はこんな感じですが・・
夜はダウンタウンの夜景がとても綺麗で・・

サドルドーム・夕方

こんな感じに変わります
昼間も素敵ですが、夜も素敵です
ラリーが「絶対、見せたかった!」と言うはずですヾ(^▽^)ノ

サドルドームへ行ってきました
カナダは、アイスホッケーが国技です

この時ドームでは、アイスホッケーの練習をしていました
練習でも迫力満点ヾ(≧▽≦)ノ

おそろいのプロテクターとヘルメットで重装備した選手達が何人も
パックを打ち合いを始めたかと思うと
ゴールテンダーに向かってパックを打ち込む練習を始めました

スケート靴で氷を滑る?削る?音もリズミカル
スティックでパックを打ち込む時の音もリズミカル
ゴールテンダーがパックをカットする音もリズミカル

ラリーからアイスホッケーの色々を教えてもらったりしながら
しばらく3人で練習風景を見ていると
チームにわかれて練習試合!

『氷上の格闘技』と有名なスポーツ
練習試合をみているだけでも、感じます!
凄い!

スティックのブレードとブレードがぶつかり合う音
人と人がぶつかり合う音(プロテクターをしているので、凄く響きます)
パックの打ち込む時の音

リズミカルな美しさがあり、スピードとスリルを楽しめるスポーツです
とにかく迫力がありました(>_<)!!!!!☆

練習試合でこんな感じなのですから・・
オリンピックの金メダルをかけた国と国の試合の時はきっと
国民全体が盛り上がり、熱狂するんでしょうね(^0^)/

2010年バンクーバー・オリンピックのアイスホッケーの金メダルは
男女ともカナダでしたね
ご覧になりました?
特に男子決勝は、延長の末3対2でカナダの勝利でした
地元開催のオリンピックだし・・
国技だし・・
名誉と栄冠と・・
負けれない闘志があったのでしょう
攻守が目まぐるしく入れかわる展開があり、面白いゲームでした

しばらく、アイスホッケーの練習試合を見て
Calgary Olympic Stadium (カルガリー・オリンピック・スタジアム)
のあと地に行き、ヘリテージ・パークへ行きました

Heritage Park(ヘリテージ・パーク)といえば・・
18世紀前半のカナダ西部の村を再現したテーマパークで
西部開拓当時の建物間を蒸気機関車や馬車が走っているという
とても広大なテーマパーク
数多くのハリウッド映画の撮影場所でも有名(^0^)/

なのに・・残念な事に、ヘリテージ・パークは休館で
乗り物は全く動いていなくて、馬車と出会う事もなかったです(-_-;)

またまた私は、「絶対に今度は楽しんでやる!」という
強い意志を持って、数年後カルガリーに来ることになります

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

サルファー・マウンテン

10月18日(日)

タクシーで、Sulphur Mountain(サルファー・マウンテン)へGO!
パンフレットからの紹介では、このように見えるらしい・・

サルファー・マウンテン・パンフ

今日も雪が降ってきそうな天気で・・雪雲が厚い・・
太陽さ~ん!顔を出してくださ~い!

ゴンドラが動いていました(^0^)v♪
さぁ~乗ろう!って喜んでいたのは私だけ
高所恐怖症の晴美さんは・・ちょっとビビッてます

上まで登って、バンフの町を一望したい!
晴美さんは、ゴンドラに乗っている間は常に上を向いてます(^ ^;)

サルファー・マウンテン・ゴンドラ

分かり辛いですが・・私たちが乗ってきたゴンドラです!

山の頂上に小さく見える小屋みたいなのが・・展望台
雪の積もっている道を登っていかないといけないみたい

サルファー・マウンテン。展望台2

写真の下の方に人が2人歩いているのが見えますか?
私たちも彼らのように歩いていく!ってこと・・
さぁ~頑張ろう(^0^)v

サルファー・マウンテン・展望台へ

雪道を歩く為の靴は履いてこなかったのですが
晴美さん・・ゴンドラに乗ってる時より元気です(^0^)v
何分くらい歩いたでしょうか?
展望台に着きました

サルファー・マウンテンからバンフの町

バンフの街並みが、綺麗に一望できました
ワーワーキャーキャと写真を撮っていると、観光客の方を発見!
ワンショット撮ってもらいました

サルファー・マウンテン・展望台にて

オイオイ!晴美さん!
高所恐怖症なのにそんな上に乗って、Vサインなんかして大丈夫?

ゆっくりと元来た道を戻りましょう!
ゴンドラが到着する建物は喫茶店&ショップになってます
展望台から撮った写真がこんな感じ

サルファー・マウンテン・喫茶

雪にスッポリ囲まれています
あそこからここまで・・頑張って歩いたなぁ~と思います(^ ^;)
軽くハイキング?をして楽しかったです!
さて、ゴンドラで降りて・・
バンフ・スプリング・ホテルへ行きましょう

歴史のある、Banff Springs Hotel(バンフ・スプリングス・ホテル)です
あまりに大きすぎて、カメラに納まりません(-_-;)

バンフ・スプリングス・ホテル3

あまりに広すぎて、ホテル周辺&ホテルの中は迷路のようです
方向音痴の私は、確実に迷子になりそうです(^ ^;)

バンフ・スプリングス・ホテル1

探検ツアーもあるそうです
これだけ広ければ、探検ツアーがあってもおかしくない!
ツアー中に、行方不明者が出たりして・・
まさかね(^ ^;)

バンフ・スプリングス・ホテル2

ホテルの内部を色々見て歩き、ボウ川の方へ散策に行きました
とても綺麗な水が流れています

ボウ川

マリリン・モンロー出演「帰らざる河」に出てくるボウ滝は
この場所からもう少し上流にあります

乗馬を楽しんだ人が戻られたようで・・
ホテルの周りでたくさんの人&馬とすれ違いました

バンフで乗馬

カナディアンローッキーでの乗馬はおすすめです!
カナダの自然を楽しめ、動物たちと出会えたり様々なことを学べます

今日はこの後、ダウンタウンでショッピングをして・・
映画を観て帰りました(^-^)

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

バンフのB&B

10月17日(土)

朝食に晴美さんがバナナトースト、サラダ、ベーコンを焼いてくれて
美味しくいただきました(まだ、バナナを食べている(^ ^;))

B&Bだから・・朝ごはんは付いているんだけど
昨日の移動&バスツアーで疲れていたのか?
起きるのがぐずぐずと遅くなって・・
朝食の時間に間に合いませんでした(-_-;)
※B&B・・Bed and Breakfast(ベッド・アンド・ブレックファスト)の略
 1つめのbed(ベッド)もう1つのBreakfast(朝食)
 英語圏各国における朝食&ベッド付き宿泊施設です

お部屋にキッチン&大型冷蔵庫、そして電子レンジ付き!
シャワーが共同なんだけど・・私たちしか泊まってないので気兼ねなし!
コインランドリーも設備してあるからラッキー(^0^)v

お部屋はダブルベッドが1台とシングルのベッドが2台
カウチもTVも付いてます
快適~!
ってカセットテープに録音されてますが・・
やっぱりか~!と、期待通りに写真が1枚もありません(-_-;)
なんで?
も~よくわかんない(-_-;)

今日は、ダウンタウンを散策&お買い物
ジャスパーよりは、かなり大きな町です
だって、信号機がたくさんあるんだもの(^ ^;)
車の交通量も多い

夜遅くまで、町全体が明るく賑やかだし・・
お店の店舗数も多くて・・何処を見ようか?悩んじゃう

でも、ダウンタウンにも、学校の校庭にも
バンフで有名なBanff Springs Hotel(バンフスプリングホテル)の
テニスコートにもエルクは来るし、リスは木々の間を走り回っている
やっぱり素敵な大自然の町です

夕食に晴美さんは、酢豚を作ってくれました
美味しかったです(^0^)v♪

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

バンフ着

10月16日(金)

ちょっと時間を巻き戻して・・
ジャスパーからバンフのバスツアー“J9”に参加した私たち

Icefield Parkway-Highway#93(ハイウェイ93号線)を走り
見所を案内&説明してくれるドライバーのLally(ラリーさん)

彼と親しくお喋りするのに時間はかかりませんでした
英語の説明をしっかり聞いていなきゃ分からないから
いつも彼の側で話を聞いて、不明点があれば質問したりしてました

途中ランチをする為にお店に立ち寄った時
ツアー客で一人旅の方はいなかったようで、みんな誰かと一緒でした
ラリーが一人テーブルに着き食べているところを発見したので
「ラリー!調子はどう?」
「一緒にランチしていい?」
「カナダの事を教えてよ!」
と声をかけて、一緒にランチをしながらお喋りしました
それで急速に仲良しになっちゃった(^-^)

そんなこんなで・・ツアーの間、行動を一緒にしていた私たち
バンフに着いて、バスの下からバッグをだして
「さて?何処に泊まろう?」
「どの辺に行ってみる?」
といつものように、ガイドブックやマップを広げて場所を確認

「かずみ達何してるの?」
「あ~泊まるホテルを探してるの」
「決まってないの?」
「決めてないの」
「今、決めてるの。ラリーバンフでいいホテル知ってる?」
「B&Bがいいな~どこか知ってる?」

3人でガイドブックやマップを見ながらあ~だ、こ~だ言ってると
「あ!ここのB&Bいいかも!電話して訊いてあげる」
「わ~ありがとう!」

電話をかけた結果・・お部屋は空いていて、値段も理想の範囲内
問題なく決まりました
「ありがとう!じゃ~気をつけてね」
「今日はありがとうね!」
「B&Bまで送って行ってあげるよ。バスに乗って!」
「本当?ありがとう!」

B&Bの目の前まで大型バスで送ってくれて・・
荷物まで運んでくれました(バッグ2つだけど・・)

「僕は、カルガリーにすんでいるので、カルガリーに遊びにこない?」
「わ~本当!?カルガリーに行く~!」
「カルガリーを案内するよ!」
「本当?いつ行こうかな?」
「いつでも!連絡して」

こういったことは早い方が良い(^-^)
「月曜日にカルガリーへ行くよ!」
「じゃ~カルガリーに着いたら電話してきて!」
「OK!」
という事で連絡先をいただきました

「今日は、ありがとう!」
「楽しかったよ!」
「じゃ~またね!バイバイ」
「バイバイ」
と手を振って分かれました

B&Bにチャック・インの手続きをして、荷物を部屋に入れたら
早速スーパーへお買い物
キッチン付きのお部屋だったので
今日は、ゆっくりお部屋で夕食を取ることにしました

ここのB&Bは、ロッジ風でとても素敵(^0^)v♪
ラリー!紹介してくれてありがとう!

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

絶景の数々!

10月16日(金)

本日のメインは・・
Columbia Icefield(コロンビア・アイスフィールド)でしょう
カナディアン・ロッキー最大の見どころの1つだと思います

コロンビア大氷原の末端部である
Athabasca Glacier(アサバスカ氷河)に雪上車で上るツアー
そして、氷河の上では雪上車を降りて観光する時間があります
周りは真っ白な雪と氷
とにかく辺りが真っ白なので、サングラスを持って行くのがおすすめ
特に夏は必要だと思います

コロンビア・アイスフィールド1

左の大型バスに乗り込み上を目指します
途中、雪上車に乗り換えてさらに上を目指します

コロンビア・アイスフィールド2

こんなに広い大氷原でも・・
地球温暖化で、氷河がかなり溶けてなくなっているそうです
(実際、数年後に訪れる度に氷河の面積が少なくなっています
 も~目で見て感じられるんですよ
 写真を見れば一目瞭然!寂しくなっちゃいます)

今日は、ジャスパーでも雪が降ったくらい寒い時期だったので
なかり雪が積もっていました
crevasse(クレバス)に落ちないよう気をつけて歩くように
注意を受けました

1時間くらいのコロンビア・アイスフィールド・ツアーを終え
今度はPeyto Lake(ペイト・レイク)へ

ペイト湖は、季節や時間により湖面の色が様々に変わる湖として有名
私がこの日見たペイト湖の湖面の色は・・
こんな感じ・・

ペイト・レイク1

何色に見えますか?
ブルーでもなく、グリーンでもなく・・。
冬の寒い、湖面が凍っているような・・白っぽい緑?
なんとも表現しづらい・・(-_-;)

ペイト・レイク2

この場所は、カラスの足の形をしたペイト・レイクを上から撮影する為に
作られた場所だそうです
夏になると、手すりまでリスがやって来て観光客を楽しませてくれます
私も数年後訪れた時に、たくさんのリスと出会えました

また、朝日の昇るとき・夕日が沈みときに訪れるとペイト・レイクが
赤く見えたり、紫に見えたりするとか・・
私はまだ、朝夕に一度も訪れたことがありません
一度、赤や紫に見えるペイトレイクを見てみたい!と思っています

季節や時間により、楽しみ方が色々あるので・・
どの季節・どの時間に訪れるか・・よく検討して下さいね

湖観光も続きます
全ての写真に共通しているのですが、雪が積もってます!

モレーンレイク1

Moraine Lake(モレーン・レイク)の写真は・・
本当にかなりの雪が積もっていて、寒かったです
でも、お日様が出て・・天気は悪くない!

さぁ~最終ポイント、Lake Louise(レイク・ルイーズ)へ!
レイク・ルイーズも超有名ですね

歴史あるFairamonto Chateau Lake Louise Hotel
(フェアモント・シャトー・レイク・ルイーズ・ホテル)
レイク・ルイーズを眺められる素敵な場所に建っています

外観も内装美しいフェアモント・シャトー・レイク・ルイーズ・ホテル
ですが・・写真がありません(-_-;)
なんで?

美しい湖
立派なホテル
素晴しいお土産の数々・・全てを見て回る時間がない!
写真を撮っている時間がない!

レイク・ルイーズをゆっくり満喫したい!
レイク・ルイーズを堪能したい!
と言う強い気持ちがこの時芽生えて・・
結果・・
数年後に何度もレイク・ルイーズを訪れることになるのでした(^ ^;)

この時レイク・ルイーズの写真は1枚だけ
こんな感じ・・

レイク・ルイーズ

太陽の光りを受け、キラキラと湖が輝いてます
上手に撮れていませんが(-_-;)

さぁ~
ここからはノン・ストップでバンフまでGO!

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

バスツアー “J9”

10月16日(金)

朝早くから出発!
寒い(-_-;)

ちなみに私はかなりの寒がりです
夏のスポーツ、マリンスポーツ(スイミングやスキューバーなど)は
幼い頃からやっていましたが・・
ウインタースポーツは20歳過ぎてから始めました
だって・・「寒いのに寒い場所に行ってわざわざスポーツをする?」
って考えていたので・・(^ ^;)
一度始めると「どうして今までやらなかったの?」と反省、後悔して
スキーもボードも何かにとりつかれるように夢中になりました

ジャスパーからバンフへ・・カナディアンロッキー縦断の旅
Icefield Parkway-Highway#93(ハイウェイ93号線)を走る旅です
ツアー客は20人ほど
バスドライバー兼バスガイドのLally(ラリーさん)の説明で
まずは、Athabasca Falls(アサバスカ滝)へ

アサバスカ滝

轟音を立てて流れ落ちる滝
とても迫力があります
水しぶき?で辺りが白くもやのようになっています

車窓からは、カナディアンロッキーの山々が見えます
山・山・山ばかりで、正直どの山がどれ!って・・
名前が分かりません(-_-;)
これは・・ロッキー山脈の写真付きガイドブックを買わなきゃ~!

カナディアンロッキーズ2

時々、バスから降りて山々の撮影ポイントに連れて行ってもらえます
山の説明や最初の登山者の名前・記録などが説明されてるボードがあり
真剣に読んでいると面白いと思います

カナディアンローッキー1

雪と氷・・キラキラと輝いて綺麗です
大きくそびえ立つロッキーの山々
必ず山頂を制覇する!という登山者は、何十人もいたのでしょう
命を落とした人もいるそうです
今より、登山設備・防寒設備・登山ルートもしっかりされていない時代
ロマンだったのでしょうね
とても感動です!
素敵ですヾ(≧▽≦)ノ

次は・・滝です
Weeping Wall(ウイーピングウオール)
壁面から水が流れ出して、まるで壁が涙を流しているように見えるので
涙の壁、すすリ泣く壁と呼ばれている滝だそうです

ウイーピング・ウオール

残念なことに・・寒くて、凍ってしまっているそうです
夏は水が流れ落ちているそうです

ロッキーの山々は、まだ続きます
先ほども愚痴ちゃいましたが・・
も~山の名前が分かりませ~ん(>_<)!!!☆

分からない山々の中でも、この山は印象が強い
綺麗な山だどおもいませんか?
みなさんもスクリーンやTVで、観たことがあるかもしれません
マリリン・モンロー主演映画「帰らざる河」のワンシーンに出てきます
Cirrus Mountain(シーラス山)です

シーラス山

シーラスって、巻雲(けんうん)という意味だそうです
白い筋のような雲、すじ雲、まき雲ってアルバムの余白に!
当時調べた“解説メモ”が写真の横に一緒に貼ってあります
この頃の私は、結構マメ子だったようです(^ ^;)

本当に、山の模様が綺麗なすじ雲に見えますね
幻想的で素敵です(^-^)
どの山も標高が高くて、雪や氷は溶けることはないそうです
美しい巻雲はそのままってことですね

先ほども触れましたが・・
マリリン・モンロー主演映画「帰らざる河」を観ました?
この映画は、西部劇です
カナダのバンフ付近をロケ地に撮影をしていたようで
Mt.シーラスやボウ川など出てきます
バンフへ行かれる前に「帰らざる河」を観てから行くと
「ここにマリリン・モンローが立っていたのね」
なんて思いながら散策できるので、楽しいですよ(^0^)v♪

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

長期旅行のお洗濯

10月15日(木)

長期滞在の旅行で一番困るのは“お洗濯”だと思ってます
特に、移動を続けながらの長期旅行での洗濯は厄介かも・・?
服の枚数は限られているし、夏は汗をかいてるので2日続けて着れないし
Tシャツや下着・ハンカチの小物なら、お部屋でジャブジャブ洗えるけど・・
寒い時期のトレーナーは、ちょっと大変
ジーンズも・・さすがに1ヶ月間洗わない!ってわけにはいかないし・・
洗濯に時間かかってしまうのが、なんとなく悲しく思えたり?
皆さんはどのようにされているのかしら?

ジャスパーやバンフは結構便利だと思っています
(比較的、カナダ国内は何処も便利だと思ってます)
ダウンタウンにコインランドリーが必ずあって、洗剤も1回分を販売
洗濯物を洗っている間に・・
自分も洗っちゃおう!ってことで、シャワールームもついてます
便利じゃないですか?
飲食が出来るコーナーなども設備されているし・・
コーヒーを飲みながら、ホッと一息なんて
バックパッカーには色々ありがたい設備です

また、ランドリーの設備がしてあるツーリストホームやB&Bもあるので
宿泊する前に確認するといいと思います
使用時間など細かいルールがあったりしますが・・便利です

今日は朝からサイクリングをして、汗もかいたし・・
ダウンタウンのコインランドリーで洗濯でもしましょう!

結構たくさんの人が利用していました
洗濯物が乾くまで、近くの椅子に腰掛けて本を読んだりお喋りしたり・・
それぞれ楽しんで過ごしています

私は、コインランドリーは情報交換の場所で・・
色々な国から訪れてきた旅行者と親交を持てる場所だと思ってます
気軽に洗濯もが出来上がる待ち時間にお喋りできるチャンスです
洗濯物が出来れば「お先に~」と手を振って分かれればいいのですから。
気を使うこともないわけだし・・

でも今日は、洗濯物をランドリーに入れるとスーパーへ!
明日、バンフまでバス移動です
朝食を買って・・飲み物を買って・・(バナナはまだある!)

なんだかんだとお買い物を済ませて、明日の準備完了!
3日間という・・あっという間のジャスパーでの生活でした(^-^)
でも再び、1週間~10日後にジャスパーに戻ってくるので・・
気分は「またね~!」って感じでした
(シアトルに戻る為、Uターン旅行計画だったのです)

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

サイクリング

10月15日(木)

今日はいいお天気ヾ(≧▽≦)ノ

Mr.&Mrs.スミスは、既に朝早く出発したようで車はありませんでした
気をつけて運転してね
楽しい旅行を続けてね・・と望みます。

私たちはレンタサイクルで、ジャスパーでは有名な
Jasper Park Lodge(ジャスパー・パーク・ロッジ)へ行きましょう
いつかきっとここにお泊まりたいホテル!
憧れのホテルです

z確かに行ったんですよ~ジャスパー・パーク・ロッジ・・
でもね・・写真が一枚もないの~!

「ね~ジャスパー・パーク・ロッジに行ったよね?」
「行ったよ~覚えてないの?」
「覚えてるよ。でも写真がないんだけど・・」
「え?本当?・・・あら~なんで?」
「撮らなかったけ?」
「・・・」
「お茶しなかった?」
「したかな?」
「写真がな~い!」
「・・・」
と、いう訳で・・
ジャスパー・パーク・ロッジの写真が1枚もありません(-_-;)
悲しい現実です(-_-;)

アネッテ湖・エディス湖を回っています
昨日買った帽子をしっかりかぶり、赤色の目立つ手袋をして・・。
そして、おやつにバナナを食べながら・・
昨晩、Mr.&Mrs.スミスにバナナを一房あげたのに・・まだまだあります

アネッテ湖2

Lake Annet(アネット湖)です
昨日と少し違う場所から見ると、また違った感じにみえます
お天気が良いからでしょうか?
空が青い!
美しいです!

アネット湖を後に・・ひたすらこのような道を走っていきます
写真は晴美さん!
後ろに見えるのは、昨日行ったウィスラー・マウンテンです
多分・・。

ジャスパーをサイクリング

晴美さんを撮ろうと、先回りして・・ダッシュ!
私・・道端に自転車とカバンを放り出していますね(^ ^;)

頑張って走り続け・・ Lake Edith(エディス湖)に着きました

エディス湖2

天気がよく、風がないと山々が湖面に映って美しい風景でしょうね
透明度のあるきれいな水で、とても広い湖でした

その後も走り続けて行くと・・
わ!おしゃれ~ヾ(≧▽≦)ノ

ジャスパー表示

カナダの公用語は英語とフランス語です
道路標識はもちろん、観光標識の案内・危険標識など2ヶ国表示です
スーパーで売られている食品やお菓子etcの説明書も2ヶ国表示
面白いので色々な商品を確認してみてくださいね

ここで写真を撮る為に自転車を降りて、お互いを撮っていると・・
ドッドッドッ・・と動物が走ってくる足音?
振り返ると、エルクが!

エルク・雄

大きな角が立派です
ちょっとビビリながら?
かなりビビリながら・・エルクとツーショット写真を撮ろうと・・
一人づつカメラを構えて、ツーショット写真を撮ることに成功(^0^)/

私たちはビビッていますが・・彼らたちは悠然としていました

エルク・親子

ここはエルクファミリーの散歩コースなのでしょうか?
静かに移動することにしましょう

ジャスパー国立公園でも、バンフ国立公園でも・・
大自然の公園なので、たくさんの野生動物と出会うことがあります
今回のこの時期の旅行では、クマと出会うことはありませんでしたが
時期に寄ればハイキング中にバッタリ出会うってこともあります
私は2度出合っています

動物と出会うとテンションがあがります
カメラを向けたくなりますし、近寄りたくもなります
でも、自然動物です
危険が伴います
ルールーを守って、充分気をつけて下さい!

しばらく走って、森の方に入りました
釣り橋がありました

つり橋1

写真では分かり辛いと思いますが、結構下の川から高さがあります
高所恐怖症の晴美さん・・無事に渡ることが出来るでしょうか?

つり橋2

作り笑顔?精一杯の晴美さん
両手は絶対に離すことが出来ないはず・・
ゆっくりでいいから、無事に渡ってきてね(^-^)

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

“クマ”くんと再会?

10月14日(水)

Mr.&Mrs.スミスとわかれてから、まず向かったところは・・
ジャスパーからバンフまでカナディアンロッキーを縦断するバスツアー
“J9”の申込み!

10/16(金)出発のチケットが取れました
ジャスパー滞在は、後1日・・明日のみです

もう少しジャスパーにいたいけど、出発曜日が決まっているようで
金曜を諦めると、月曜になるらしい
バンフの方が、見所が多いと聞いていたので、
バンフ滞在を長く取ろうと思うと仕方がない選択肢かな。

VIA駅の前を通ると、ジャスパーのマスコット“クマ”くんが!
晴美さんと一緒に通りすがりの観光客に撮ってもらいました
まさかウィスラーの“クマ”くんと撮ってもらった写真があんなこと?
になってるって知らなかったけど・・
ここで撮ってて良かったです(^ ^;)

VIA駅前クマさん

結果・・
“クマ”くんと3人?で一緒に撮れた写真はこの1枚だけ
良かった~(^0^)v

ダウンタウンに繰り出して、郵便局に行き切手を買い
スーパーで、明日の朝食とランチの食材を買いました
ここでこれから先、私を憂鬱にさせる食材を手に入れることになります

突然ですが・・青いバナナとシュガースポットが現れた熟したバナナ
どちらが好きですか?
好き嫌いのない私ですが、果物の中でも歯ごたえのないバナナは
少し苦手の部類に入る果物
食べない!とか食べたくない!ってことはありません
りんごやみかんがあるのなら・・バナナは後回し・・って感じの果物です

今日のスーパーの特価はどうもバナナでした
青いバナナ5本=3カナダドル
熟れたバナナ2房(約30本)5カナダドル
どちらを買いますか?

晴美さんは、青いバナナが嫌いで熟れたバナナが好き!
2房5カナダドルは、どう考えてもお徳
迷わず熟れたバナナをお買い上げ!
「こんなにたくさん食べれないよ~」
「大丈夫!私バナナ好きだから。安いから買っていこう」
「一日1本が限界だって~」
「一食1本くらい大丈夫だって!」
「1房 Mr.&Mrs.スミスにあげよう!」
「あ!そうしよう。帰ったら渡しに行くわ」

それでも、15本くらいは手元に残ります
一日1本で充分なのに・・
次の日から、一食1本がノルマになって私にとって・・
バナナ地獄の日々が続きました

夕食は外食にして・・
映画を観て帰りました(^-^)

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

ウィスラーまでドライブ

10月14日(水)

今回、宿泊をお願いしたツーリストホームの私たちのお部屋は
少し地面より下のお部屋になります

朝・・歯を磨いていると、窓から木の枝が揺れているように見えます
かなり風が強いのかな?
でも・・
“あれ?あんな所に木なんかあったっけ?”
不思議に思って、窓を開けてみると・・そこには大きなエルクが!

枝かな?と思っていたのはエルクの角
ゆらゆらと揺れていたのは、エルクが首を動かしていたからでした

昨日、VIA駅の前でベンチに座り「誰の糞?」と話をしていた
“糞の正体”はエルクでした!
ジャスパーは本当に小さな町で、ダウンタウンに信号機がありません
(現在はあるかもしれませんが・・)
ダウンタウンに、エルクが普通にやって来るそうです
凄いですね(^-^)

大自然の町ジャスパーです

昨日チャック・インしたツーリストホームのお部屋のお隣さんと
今日は、Mt. Whistler(ウィスラー・マウンテン)までドライブ

残念なことに・・彼らの名前が思い出せない(-_-;)
「なんて名前だっけ?」
「・・・」
「名前教えてもらったよね~」
「なんだっけ?」
「覚えてないよ~」
ってことで、彼らの名前は“ Mr.&Mrs.スミ ”って事でお願いします

私たちの格好を見るなり、彼らは言った・・。
「かずみ!はるみ!寒くない?」
「寒い!」
「帽子か手袋か・・何か買う?」
「どこかお店に寄ってくれる?」
「OK!」
ってことでまずは防寒具を買いにお店に寄りました

10月中旬なのに、雪が降っていて・・寒い
何度も言いますが、普段はまだ雪は降らない時期らしいのです
今年は異常気象だと言ってました

しかも、これから行くウィスラー・マウンテンは、
スキーリゾート地で有名な場所
絶対に寒いし、雪が降っているに違いない!

カナダの季節を少し甘くみていた私たち
帽子や手袋がほしい!

「ほら!この帽子が可愛いわよ」
「え~子供の帽子じゃない?嫌だ~」
「じゃ~これは?ボンボリが付いて可愛い」
「これ~?」
「色違いでどう?可愛いわ!」
「可愛くなくてもいいよ~」
とこんな会話をしながらMrs.スミスと3人で帽子選び
なんだかんだと言いながら、この時に買った帽子と手袋・・
以後、カナダ旅行で大活躍します(^-^)

ウィスラーに到着まで、車の中でお喋り
「何処から来たの?」
「日本の大阪」
「私たちはオーストラリアよ」
「いつカナダに?」
「2週間前から・・トロント、ナイアガラ、カルガリーから車で
 バンフ、ジャスパー」
「私たちはバンクーバーを1週間、ジャスパーは3日間
 次にバンフに行く予定」
「私たちは、明日ジャスパーを出発するわ」
とお互い今まで何処を観光して来たのか?
カナダの何処が良かったのか?
色々と情報交換をしました

ウィスラーに着くと・・辺りは真っ白ヾ(^▽^)ノ
展望台は・・お休みのようです
ゴンドラも動いていませんでした
残念(-_-;)

ジャスパーのマスコット“クマ”さんとMr.&Mrs.スミスを撮りました

ウィスラー・クマさん

ジャスパーのマスコットらしいのですが・・名前は不明
“クマ”で間違いはないようですが・・。

私たちもMr.スミスに撮ってもらいました
出来上がった写真を見ると・・とても残念(-_-;)

ウィスラー・クマ&私達

背がとても高いクマさんと並んだので、こんな事になりました
私たちをメインに撮ってくれたんですよね・・きっと。
クマの顔がありません(-_-;)

当時は、デジタルカメラではなかったので
どのように写っているのか?出来上がるまで分からなかったんです
なんだか、間抜けですね(^ ^;)

ゴンドラの乗り場から見た、ジャスパーの町です
展望台から見るともっと上になるので、街並みが分かるそうですが
ここからではこれが限界のようです

ウィスラーからジャスパーの町

少し高さが足りません
残念(-_-;)

それでも、今日は自転車で絶対これなかった場所
車でないとここまで来れなかっただろう場所・・贅沢は言えません
連れて来ていただいて、ラッキーです
ありがとう(^0^)/

周辺をドライブしましょう!って事で・・
アネッテ湖や周辺の湖や川を回って、辺りの森?を散策しながら
リスを追っかけて写真を撮ったりしました

アネッテ湖1

Lake Annette(アネッテ湖)です
ジャスパー国立公園にはたくさんの湖があります
どれも素晴しい湖です

ジャスパーのメインストリートまで帰ってきました
ここで、Mr.&Mrs.スミスの2人とここで分かれました

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

素敵なツーリストホーム

10月13日(火)

VIAのジャスパー駅から、ツーリストホームを探す私たち
※ツーリストホーム・・簡単に説明すると、普通の一般家庭ですが
 空き部屋をツーリストに宿泊施設として提供するお家
 例えば、昔子供部屋として使用していたが
 子供が独立して部屋が空いたので、ツーリストに提供する・・って感じ
 システムや設備は様々です
 元々一般の家庭ですから、詳細はよく聞いて交渉して下さいね

ツーリストホームとして提供してくださっている家には
「vacancy」「No vacancy」 と表示されています
vacancyとは、空き室と言う意味
なので、「vacancy」と表示されている家のインターフォンを鳴らして
家の方が出てこられたら交渉開始!

「どの家が良い?」
「可愛い家~!」
「どれ?」
「ここが良いな~どう?」
「じゃ~ピンポンしよう!」

と気分次第で、ピンポンしては交渉をしていきました
何軒目かのツーリストホームで交渉成立
素敵な家&部屋にお泊り出来ることになりました(^▽^)ノ☆ヾ(^▽^)

ツーリストホーム玄関

どうですか?
感じのいいお家でしょう?
私たちが宿泊した部屋は、向かって右側の下のお部屋でした

ハウスキーをいただいて、お部屋に入ろうとお庭に入ると
一匹の犬が!
(ハウスキーをもらうので、鍵をかけ忘れて外に出た!
 と不注意で泥棒に入られたら・・責任重大なので、気をつけましょう)

ツーリストホーム・犬

ツーリストホームの方が飼われているワンちゃんです
とても人に慣れた可愛い犬でした(^0^)v

お部屋もかなり大きなお部屋です
キングベット2台、シングルベッド1台、キッチン&バス付き

ツーリストホーム部屋

共同で使える大きなリビングルームもあります
大きくふかふかなソファー
素敵な絵が壁に大きく飾られていました
装飾品が、リビングルームに合っています

ツーリストホーム・リビング1

もう少し寒くなると、暖炉に火が入るそうです
暖炉に火が入る時期に、訪れてみたいと思いました
きっと暖かいんでしょうね

ツーリストホーム・リビング2

2人でゆったり寛いでいると、オーストラリアからのご夫婦が!

実は・・数時間前のこと
私たちがチャック・インしてすぐスーパーへ買出しに!
スーパーから戻ってくると、ツーリストホームの前に車が一台
車から荷物を出しているので・・お隣の部屋に宿泊かな?
仲間!仲間!

「ハーイ!」
「ハーイ!」
「私たち、ここのお家に宿泊するの・・この部屋よ!」
と外から見えるお部屋を指差すと・・

「私たちは、こっちの部屋に泊まるのよ」
と左側のお部屋を指差して教えてくださいました

「荷物運びますよ!」
「ありがとう」
「車でカナダ旅行?」
「そう、バンフから来たの」
「私たちは、今日バンクーバーからVIAで来たの」
と会話が弾みます

「また、後でね~!」
と分かれてから・・数時間後・・声をかけてくださいました

「ね~かずみたちは明日何処行くの?」
「考えてない」
「予定は、な~い」
「明日も雪が降るかも・・」
「サイクリングしようと思ってたのに・・」
「私たちウィスラー(マウンテン)に行くけど、一緒に行く?」
「車で?」
「そうよ!ドライブしましょう」
「ありがとう!じゃ~明日はウィスラーまでドライブね」
って事で、明日の予定決定(^0^)v♪

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

ジャスパー着

10月13日(火)

ジャスパーに着きましたヾ(≧▽≦)ノ
私たちをバンクーバーからジャスパーまで連れてきてくれた列車
先頭車両を写真に納めましょう!って事で、一番前まで行きました

VIA先頭

今回の旅行中、カラーフィルムとモノクロフィルムを使っていて・・
列車をモノクロームで撮っています
カラーだったらきっと・・黄色?
う~ん!そう、黄色です!

ジャスパーの駅は・・石組みで作られた感じのいい駅です

ジャスパー駅ホーム

写真からなんとなく分かります?
分かり辛いですね(-_-;)
ホームから町に出るのに、特別な改札口は必要ありません
(改札口ってあるのかな?)

駅を出ると・・道を一本挟んで、こんな感じ
ビックリしたのは、雪が積もっているんですよ!
昨日バンクーバーでは雨でしたが・・
ここジャスパーでは気温が低く雪になったようです
(後で聞きたはなしですが・・
 この時期に雪が降る、積もるって事は珍しいそうです)

ジャスパー駅前ベンチ

白く見えるのが、雪ですよ!
2人ベンチに座ってこれからの行動を相談!
でもその前に・・

「さっきから気になってるんだけど・・この丸い糞は誰の糞?」
「ウサギかな?」
「ウサギ?」
「違う?」
「鹿っぽくない?奈良公園の鹿の糞って感じがしない?」
「ここって一応町で、車も走ってるよ。鹿がここまで来る?」
「来るかもよ~カナダだもん!」
「見てみたいね」
「うん」

何の糞なのか気になって仕方がない私でしたが・・
それは翌朝、すぐ判明しました(^-^)

「さて・・どこ泊まる?」
「そうだね~ツーリストホームがいいでしょう?」
「ツーリストホームが並んでいる通りに歩いて・・ピンポンする?」
「気に入ったツーリストホームを見つけたら、交渉しよう!」
「可愛い感じの家がいいな~」
「カナダっぽいログハウスみたいのは?」
「あ~それもいい!」
「ん!じゃ~そろそろ行きますか?」

絶対泊まれる!
絶対見つかる!
って疑っていなかったので、とにかくのんびりした2人
ツーリストホームを探しながらも
「郵便局発見!」

ジャスパーポストオフィス

見辛いかと思いますが・・
向こう側に見える緑の屋根の建物が、郵便局です!

「雪が粉雪でパラパラ~気持ちいい~!」
「ここ・・なんとなく感じよくない?写真撮って~」
とはしゃいでますヾ(≧▽≦)ノ

ジャスパーポストオフィス前

ジャスパーは、四方を山に囲まれた小さな町です
Whistlers(ウィスラーズ)の山頂と、
白い三角の山の Mt Edith Cavell(マウント・エディス・キャベル)が
とても美しくて印象的です

風景や街並みを楽しんで、写真を撮っている場合じゃないんですが
お日様も出ているし・・あくまでもマイペースな2人です(^ ^;)

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

ドームを満喫

10月13日(火)

朝です!
さぁ~列車内の探検を始めましょうヾ(^▽^)ノ

とにかく第一希望の「ドーム」(2階展望席)へ行こう!
「ドーム」(2階展望席):スカイライン・カーと呼ばれる車内は
総ガラス張りで、360度ビューが売り物の特別車両
席は自由席なので、自由に座って車窓を楽しむことが出来ます
見所をチェックしておいて早目に座席を確保しておくのがいいかも(^-^)

混雑している時は、皆さんマナーよく交代して座っています
もし、シーズン中で車内が大変なことになっていたら・・
マナーよく交代してあげて下さいね
お願いします(_ _)

私たちが乗車していたこの日は・・
シーズン・オフなので、乗客は本当に少なくて写真を撮り放題でした

VIAドーム

窓から上、180度が全面ガラス窓でカナディアンロッキーの風景を
美しく眺めることが出来ます
また2階なので、列車の先頭車両を見ることが出来ます
先頭車両から、いくつも連結されている綺麗な車両
カーブをぬって走り行く綺麗なラインを上から見ることができます
素敵ですよ(^0^)v

車窓から見えるカナディアンロッキーです

VIA車窓より1

VIA車窓より2

しばらくドームで満喫した私たちが、1階に降りると
何名かの方が本を読んだり、トランプをしていたり・・

「ハロー」
「ハロー」
「私にもできる簡単なカードゲーム?」
「多分ね」
「ルール教えてくれる?」
「OK!」
って事で、お喋りしながらカードゲームして遊びました

早く着かないかな~ヾ(^▽^)ノ

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

VIA鉄道

10月12日(月)

VIA鉄道で、パシフィク・セントラル駅からジャスパーを目指します

VIA Rail Canada(VIA鉄道)は、国営企業のカナダ大陸横断鉄道です
西に東に・・数多くの路線があり
座席もランクがあって、設備も整って快適
食堂車もあり、本格的なコースが食べれますよ

私たちが乗り込んだのは、カナディアン号
バンクーバーからジャスパーまで、約18時間の列車の旅
(一泊二日の列車の旅)

夕食は早目にバンクーバーで食べて、朝食は購入したパン
ランチは、食堂車で食べることにしました
準備万端で列車に乗り込みました(^0^)/

貧乏旅行なので、贅沢は出来ません
座席は、Comfort class(コンフォートクラス)
二等:Economy class(エコノミークラス)に乗車です

エコノミークラスは片側2人掛けのリクライニングシート
座席は広くて、快適(^0^)v♪
座席と座席の前後には余裕があります
フットレストを出して、足を伸ばすし充分に寛ぐことが出来ます
特に私はちびっ子なので(身長155cm)充分、寝れます(_ _)zzZ

オフ・シーズンだからでしょうか?
私たちが乗り込んだ車両には、誰もお客さんがいませんでした
寂しい~!

エコノミークラスは食事のサービスは含まれていませんが
食堂車やスカイラインカー、車内販売を利用することが出来ます
朝、起きれば列車内を探検に行きましょう!
絶対に行きたい場所は、「ドーム」(2階展望席)
ドームから、カナディアンロッキーを眺めたいヾ(≧▽≦)ノ

金銭的余裕がある方は、是非ファーストクラスを利用して下さい
ファーストクラスにも、
ベッドルーム(個室寝台)と、バース(上下寝台)があります
ベッドルームには1人用個室寝台~3人用個室寝台があるので
充分に調べてからご予約して下さいね

さぁ~
明日は朝から“列車内探検ツアー”を楽しむぞ~!
目が覚めれば、そこはきっとカナディアンロッキー
楽しみ~ヾ(^▽^)ノ

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

スカイトレイン

10月12日(月)

今日は雨・・。
そして寒い(-_-;)

今日は20:00には、VIA鉄道の予定
早目にホテルに戻り、シャワーを浴びてから駅にお出かけしたい
それまで、のんびり雨のバンクーバーを楽しみましょう(^0^)/

傘をさしてギャスタウンをお散歩
でも・・傘をさして歩いているのって、私たちだけ?(-_-;)

雨が降ると傘を差す・・という行動は日本人の習慣なのでしょうか?
不思議と外国の人達って傘を差さないですよね
私なんか、夏は日傘を差すから・・年中傘を差してますけど(^ ^;)

ギャスタウンと雨・・・似合ってます

バングーバーの公共交通、Translink(トランスリンク)の1つである
無人運転のSky Train(スカイトレイン)を利用して今日はお出かけ!
で・・何処に?

それが・・写真もメモ帳にもテープを再生しても・・
スカイトレインに乗って何処へ行ったのか不明
困った(-_-;)

「何処行った?」
「何処だろう?」
「・・・」
「とにかくスカイトレインに乗りたくて、乗って・・帰ってきた?」
「スカイトレインからの車窓の旅?」
「あ!そんな感じ」
「あ~いいかも・・それにしょう!」

いい加減な2人の会話の結果、この日は「車窓の旅」って事で!

今日はDAYPASSじゃなく・・チケットを購入
チケット購入はこちらで・・

スカイトレインチケット

チケットは回収されているのでしょう
写真はありません
手元にチケットもありません
残念!

スカイトレインパンフレット

カッコイイパンフレットはあります
現在は路線は3路線ありますが、当時はエキスポラインの1路線のみ
電車の車両や車両のデザインも随分変わったそうです

スカイトレインとはるみさん

赤・青・白の三色で可愛いい感じのデザインです
写真の中央は晴美さん

スカイラインと私の写真がないのは・・
2人を撮っている時間がなく、発車してしまったのでしょう

車内も赤・青・白の三色で可愛い感じです
車内には私たち2人だけだったので、かなり大胆な写真を撮ってます

スカイトレイン車内

私は両サイドの椅子の握りを使って、平行棒のようにして写ってます
晴美さんは車内中央で鉄棒のようにぶら下がっています
子供のようにはしゃいでます
申し訳ございません(_ _)

外の風景を見たのかな?
写真は1枚もありません(-_-;)

「車窓の旅」・・かなり無理があります(-_-;)
スカイラインを満喫した私たちです

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

郭富城と判明!

10月11日(日)

お気に入りの俳優さんの何かグッズを見つけにチャイナタウンに
繰り出した私たち・・
出来れば、あの映画の中で歌われていた曲が欲しい!
CDを手に入れたい!

そんなことより・・そもそも・・彼は誰?何者?

それらしいお店を見つけては入り、聞き込み開始!
しかし!このチャイナタウンで働いている店員さんは
本当に英語を話さない・・
というか、話せない人たちが多くて苦労しました

何店舗目かのCDショップで、若い女性の店員さんと出会い
片言の英語で彼の名前と職業が判明

教えてもらっている時のカセットテープを再生すると・・
「この名前の中で有名な俳優か歌手はいる?」
「郭富城」
「え?どの人?」
メモってきた名前を指で指してくれている

「この人?彼の名前を教えて!」
「郭富城」
「え?何?」
「郭富城」
「わかんな~い!」
「何語?中国語?広東語?」と日本語でイライラしてる2人
彼女はどうも、郭富城を中国語発音で一生懸命教えてくれていたのですが
何度も聞いて、私たちも繰り返し発音して「グォ・フーチァン」という
発音を真似することが出来ました
(広東語だと、クォック・フーシンと発音するそうです
 これは、後日シアトルに帰った時に中国系アメリカ人の友人に
 教えてもらいました。多分、カタカナで書くとこんな感じです)

「この人俳優?歌手?」
「俳優!歌手!」
「え?俳優?歌手?どっち?」
「俳優、歌手」

片言の英語で通じているのか?いないのか??(゜Q。)??

「俳優と歌手両方ってことと違う?」
「じゃ~CDあるのかな?訊いてみよ!」

「彼のCDある?」
「あるある」
と何枚かCDとカセットテープを出してくれました
ジャケットに昨日スクリーンで見た彼の顔があった時は大喜び!
カセットテープの私たちの声はキャーキャーとうるさい(^ ^;)

スクリーンで歌っていた曲が欲しかったのですが曲名が分からない
仕方がないので、彼の人気のCDはどれか確認し何枚か購入
浮かれつつ次のお店へ

名前と職業が分かれば、後は簡単でした
色々なお店で、色々な情報を教えてもらいました
そして、色々なグッズが手に入りました

郭富城

名前・・郭富城(Guō Fùchéng:北京語)
英語名・・Aaron Kwok(アーロン・クオック)
職業・・俳優、歌手、ダンサー
アンディ・ラウ、レオン・ライ、ジャッキー・チュンとアーロンで
「四大天王」と呼ばれて、大人気スター
また、ダンスの大様と呼ばれているほどダンス上手な有名人でした

日記はつけていなかったけど・・
メモ帳を持ち歩いていたので、色々メモしてます
このメモ帳もボロボロで気合入ってます(^ ^;)

メモ帳

店員さんが指を指して教えてくれたメモの一部がこれです

教えてもらったことを、テープに録音していく私たち
親切な方達ばかりで、しっかりデッキに向かって話かけてくれました
会話を録音していく日本人って珍しくなかったのかなぁ~?
と今思えば不思議です(^ ^;)

でも、今ならパソコンで直ぐ調べられるのにね(^-^)
インターネットカフェってどの国にもあるでしょう?
海外のNETカフェって日本みたいにメンバーにならなくても
身分証明書がなくても使えるでしょう?
便利ですよね
あ!後で郭富城のこと調べてみよう

カセットデッキで聞けるように、カセットテープも何本か購入しました
この日の夜はホテルで繰り返しアーロンの曲を聴き、
アーロンの声に酔いしれて・・
2人でお気に入りの曲を1曲決めて、何度も聞きなおして
どのように発音して歌っているか歌詞をカタカナで書きとめていき
口ずさめるように覚えました

とても時間のかかることをしていました
これほど夢中になれた私たちに驚きです
しかし・・もっと、するべき事があったように思いますが・・(^ ^;)

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

どれが名前?

10月11日(土)

チャイナタウンに着きましたヾ(^▽^)ノ
昨日の香港映画を観てファンになった俳優さん
昨日から「明日、絶対見つけるぞぉ~!」と張り切っている

昨日の帰り、コンビニ(セブンイレブン)で買い物をしている時
彼が映画の中で歌っていた歌が店内に流れていたので
おもわず店員さんに「この曲は人気あるの?」と訊いたら・・
「YES」と答えてくれたから、見つけることは簡単かも?

チャイナタウンに行けば何か情報が入手できるはず!
でも、名前も分からないんだよ(^ ^;) どうやって見つける?

日本の映画館と私の知っている国々の映画館で(数10ヶ国ですが・・)
最大の違いが、映画のパンフレットが売っていない
ということです
劇場で、CDやDVDなど売っている事もありますが
映画館で、パンフレットを見たことがありません

ここカナダ・バンクーバーでも売っていませんでした
でも、映画館の入口の扉に映画の紹介でポスターが貼ってあったような?

「ね~入口の扉にポスター貼ってたよね?」
「何枚か貼っていたと思う」
「そこに出演者や監督の名前書いてないかな?」
「ヒントになる事が書いてあるかも・・」
「まず、映画館に行って確認しよう」
と言う事で、昨日の映画館にGO!

映画館に着くとポスターを探し、名前の確認開始
ポスターは、中国語?広東語?
よく分からないけど・・映画解説は必要ない!
必要なのは・・俳優さん達の名前
たくさん並んでいるのはもちろん漢字
名前らしき漢字はどれ?

「これが映画の名前?」
「普通一番上が監督名?」
「この名前って女性らしくない?女優さんかな?」
「一応、主役だから上の方に名前あるんじゃないの?」
「上からこの辺りまで、とりあえずメモっとく?」

ポスターを見て上から“これだ!”と思う名前をメモってから
チャイナタウンの商店が並んでいる通りへと繰り出しました

☆考えられるのは映画に出演してるので俳優さん
 日本の発想だけど、週刊誌や月刊誌・映画情報誌に載っているのでは?
☆歌を歌っていたから、きっと歌手!歌手なら・・
 CDやカセットを売っているお店に売っているかも?
☆日本にあるような、タレントショップがチャイナタウンにあれば
 すぐ見つかるかも?
 人気のある俳優さんなのか分からないけれど・・?

とにかく、頑張って探そうヾ(^▽^)ノ
雨が降る前に・・

しかし(^ ^;)
私たち旅行者なんですよね・・
一度観た映画でファンになった俳優さんを探す為、探し歩く私たち
名前も分からず、有名人かも分からないのに。
若かったから?
バカだから?
きっと両方(-_-;)

時間の使い方・・
決して上手だとは思いませんが、楽しければいい(^-^)
この旅行パターンは今も昔も変わっていないような気がします

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

ギャスタウン散策

10月11日(日)

スタンレーパークから戻り、ギャスタウンをブラブラ散歩
そして、チャイナタウンに行かなければ・・
でも、今日はカメラを持って歩いているので人気スポットの
蒸気時計を撮りに行きましょうヾ(^▽^)ノ
雨が降ってくるかもしれないので・・早く早く!

初めてバンクーバーを訪れた時に、ギャスタウンが気に入った私
赤いレンガの道と両サイドに並んでいる雰囲気のある街灯
夜になるとオレンジ色の暖かい灯を灯す街の雰囲気
だから、今回の旅行でも何度もギャスタウンに足を運んでいます
そんなに気に入ってるんだったら・・しっかり写真を撮っとけ!
って思うんですけどね(^ ^;)

ギャスタウンで一番有名なのは・・Steam clock(蒸気時計)でしょう

蒸気時計

いつも蒸気時計の周りには人々でいっぱい!
15分おきに蒸気パイプで鳴り響く汽笛の音を聞くために
今か今か?と待っています

次に有名なのは、Gassy Jack Deighton(ギャシー・ジャック・デイトン )
の銅像でしょうか?
蒸気船船長で、初めてこの地域に酒場を開いたギャシー

ギャシー&ピエロ

ちょうどピエロがパフォーマンスを!
ツーショット?で撮ってみました

そしてピエロを・・!

ピエロ

私たちを相手に色々パフォーマンスをしてくれました
チップを渡さない訳にはいかないでしょう(^ ^;)

スタンレーパークでのランチがフィッシュ&チップスだったので
ちょっとおなかが空いた?
中国系のおやつを買い、チャイナタウンへ向かいます

途中でHarbour Center Tower(ハーバー・センター・タワー)の
着ぐるみ?をかぶった方と出会いました

Harbour Center Tower

ダウンタウンのビル街の中にちょっと目立つ?
円形の展望室がついたビルは、ハーバー・センター・タワー
高さ167mの展望デッキからは、
スタンレーパーク、ノース・バンクーバーの景色が大パノラマで素敵!
日中は日中で・・夜景は夜景で堪能できて感動です
私のお勧めは・・是非、夕日が沈む時刻に展望デッキにお出かけを!

テーマ : カナダ旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

かずみkedi

Author:かずみkedi
最近、お気に入りはトルコ☆
永住を狙っているのは・・・
カナダ☆
色々な人々の愛に支えられ
大空の下、頑張ってます♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

黒ねこ時計 くろック D04

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。